カテゴリ:日本( 179 )

 

破水

美佳は、これまで何度か陣痛、破水騒ぎを起こしています。
一番最初は、妊娠6ヶ月の時でした。
激しい腹痛を訴えたので、かかりつけの病院に相談したところ、
すぐに分娩室に来るように指示されました。

元々、美佳は子宮奇形で、超早産のリスクを警告されていました。
某国立病院でさえ受け入れられず日本でもおそらく最も有名な部類に入る(その代わりものすごく混んでいます)今の病院にまわされた経緯がありました。

過去のエントリでも書いていますが、昨今の産科医師不足、大野病院事件以来、
リスクのある妊婦は、受け入れてくれる病院が本当に少ないです。
むしろ受け入れてもらえるだけラッキーだと言ってもいいのではないでしょうか。
美佳の場合、都内で受け入れてもらえるところは、三箇所しかありませんでした。
あの有名な成育医療センターでさえ、だめだったほどです。

こういう状況は、時代に二周分くらい取り残された基地外のオサーンには
理解不能なようですが、苦笑
出産の方針を妊婦が選ぶなど、リスクのある妊婦の場合、おおよそ現実的に無理な状況だというのは、大多数のまともな読者の皆様なら簡単に理解できるかと思います。

話がそれました。
超早産が現実になったかと、分娩室に入った美佳でしたが、結果から言うと
陣痛ではありませんでした。
どうやら便秘が原因の腹痛だったようです。苦笑
妊娠すると深刻な便秘になる妊婦さんは多いようなのですが、美佳の場合それがかなりひどくて
二週間くらい溜めていたようです。

さて、そういうわけで、腹痛が起こっても、便秘の痛みを疑うようになった私ですが、
先週木曜、美佳がそれ以上の腹痛を訴えた時は、これは来たなと思いました。
美佳がひどく痛がるのでおなかを見ると、ボコボコと動いています。
そうですね、たとえるなら、沸騰したお湯にボコボコ泡がでてくるような動きです。
日にち的にも、ちょうど予定日ぴったりです。
これは、さすがに来たな、とその日の会社の打ち合わせを全部キャンセルし、
入院グッズを持って、美佳を連れて病院に行きました。

が....やはり、これもお産ではなかったようです。
どうやら前駆陣痛(という、本物のとは少し違う陣痛があるのだそうです)だったようです。

そして、先週土曜日、とうとう来ました。
トイレから出てきた美佳が、下着を私に見せます。
すると、明らかにオリモノではありえない量の液体がついています。
少し生臭い匂いは、依然かいだことのある羊水の匂いに似てなくもないです。
病院に電話したところ、ほぼ確実に破水だろうということで、やはり入院グッズをそろえ、
母親もつれて、病院に急行しました。

しかし....今回も、お産ではありませんでした。
液体は羊水ではなく、オリモノの一種だろうということでした。
子宮口自体はまだほとんど開いていなくて、出産はおそらく一週間後くらいになるだろうとのことでした。
その日からオリモノの分量がかなり増えましたが、もうこれでは驚かなくなりました。

その二日後、昨晩のことです。
いつものように(苦笑)凸凹を済ませ、私が寝付いた直後、美佳が私を起こします。
オリモノがたくさん、出ているとのことです。
まあ、二日前にお医者さんに言われたばかりですし、
気にせずに寝るようにと言いました。

美佳は黙ってトイレに行き、私は再び寝付きました。
しかし、また美佳にすぐに起こされます。
オリモノの量が多いとの事です。
まあ、美佳は結構何事にも大げさなので、気にしないようにと再び言いました。
そうして再び寝ようとしましたが、美佳が何か半べそになっています。
少し気になって電気をつけてみました。
すると....
部屋中が水浸しになっていました。

美佳は雑巾で床をふいてたようですが、雑巾一枚で全く足りず、
自分の下着やズボンも使ってふいていました。
(昨日、新しい部屋に引っ越したばかりで、ほとんどタオルや雑巾が部屋にありませんでした。)
さすがにこれは、異常です。
美佳は必死で床をふいていますが、まあバケツをひっくり返した並みの水量ですから
全く足りるわけがありません。

すぐに病院に連れて行きました。
もう通いなれた道となった、病院までのルートを運転しながら、
過去に3度あったとはいえ、さすがに今回は破水だよなあ、と考えていました。
そして診察の結果は......
さすがに今度は本物の破水だったようです。

診察の後、担当のお医者さんから説明を受けました。
破水だけれども、子宮口はまだ開いていないとの事。
このまま管理入院して、2日ほど様子をみるとのことです。

さすが、「自然」をモットーにしている病院です。
破水しても、まだ陣痛促進剤を使わないんですね。
促進剤を使うまでには、少なくとも二日待つとのことです。

すぐに分娩待機室に入れられました。
そして、午前中は美佳と二人で過ごしました。
まあ、美佳はほとんど痛みはないので、ケロッとしています。
いたずらしたり、ベッドの上から椅子の上にジャンプしたりしています(驚)

待機室は、相部屋なのですが、カーテンでしきられてますし
満室でもないので、それなりにプライベート空間があって快適です。
バンコクのラーマ9世病院の個室には負けますが、それなりにきれいですし、
ベッドもかなり高機能で、身体の向きを自由にコントロールできます。

付き添い人用の椅子もいい椅子で、身体をあずけると、大きく傾いて
寝る時も快適です。
昨晩、ほとんど寝てない美佳と私は昼過ぎまで少しうたたねしました。

この昼寝の直前、お昼ご飯が提供されました。
入院した直後でも、ちゃんと提供されるんですね。

さらに味の方ですが、どうせ病院食なんて...と思っていたのですが、
これが結構うまいです!!
品数も豊富だし、器もきれい。
ごはんもおかずもかなりおいしいです!!
あの味にうるさい美佳も「悪くない」と言っています。
これってかなりのレベルですよ。
びっくりしましたね。

さらに2時過ぎには、おやつまで届けられましたが、これまた美味しかったです!!
いやあ、病院の食生活って今はかなり捨てたもんじゃないですね。

この前ブログにコメントくれていた基地外のオサーン、
そのうち精神病で入院しそうですが、入院しても美味しいご飯が食べられそうですよ。
良かったですね!! (にこり)

ちなみに、ベッドはセミダブルくらいの大きさがあるのですが、
助産師さんに聞いたところ、旦那もベッドに一緒に入って寝ていてもかまわないそうです。
妊婦さんがリラックスすることが大事なので、そのためなら旦那さんと一緒に寝ることももちろんOKなのだそうです。
あ、凸凹までして良いかどうかは聞き忘れました。笑

まあ、そういうわけで、いよいよ、パッツン娘の出産は間近になってきましたね。

by plastictakata | 2008-09-09 03:15 | 日本  

近況お知らせ

ここ数日、Blog エントリする暇も、mixi する暇もほとんどありませんでしたが、
無事に生きています。
凸も生きながらえています。苦笑

というか、美佳は最近、ごきげんです。
いつも以上にマッサージやら耳かきやら、食後のお茶菓子サービスまで
ニコニコとやっています。
裏が思いっきりありそうで、はっきり言って怖いです。笑

と同時に、名凹娘、真奈美から連絡は途絶えました。
美佳が真奈美と話をしたという日以降、突然なくなりました。

これは関係があるんでしょうか? 笑

なお、美佳の出産はまだですね。
先週、診察してもらったところ、予定日より遅れそうだという診断です。
元々、子宮奇形で、受け入れ病院さえ見つけるのが大変で、
数ヶ月の早産を覚悟していただけに、なんだか肩透かしな気分ですね。

途中になっていた8月の訪タイ記、気にはしています。
実は、バカラからのペイバーの際、ひと悶着があったんですよ。苦笑
続きは近いうちに書くつもりです。

by plastictakata | 2008-09-01 01:46 | 日本  

タイへの電話

タイにこっそり行っていたのが、美佳にばれましたが、そのわりには
あまり美佳が怒り狂わなかったのは、先にお話したとおりです。

その理由がわかりました。
美佳は決定的証拠を抑えるタイミングを見計らっていたようです。

今日、美佳は私の某アドレス帳に入っていたタイ娘、全員に電話したようです。
これがまた結構いい読みをしていて、どの娘が私のお気に入りか、ずばりとあてましたね。

私と離婚して、次は真奈美って娘と結婚でもするつもりなの?
と、ずばり言われてしまいました。

まあ、他のタイ娘に電話されるのは初めてではないですが、
今回少し違ったのは真奈美の対応ですね。

今までの、他の娘なら、美佳への言葉使いがぞんざいで、なおかつ
本当に事実をそのまんま話してしまうようなのですが、
真奈美は私と今月、会ったことは言わなかったようです。
また、55で知り合ったとも言わなかったようですね。

これがどうしてなのか分かりませんが、
まあ、本当のことを言われていたら間違いなく凸の寿命は尽きていたと思うので
不幸中の幸いでした。

真奈美が本当のことを言わなかったわけ、また美佳への態度が丁重だった理由の一つは年齢かな。
タイ人は年上に敬意をもって接しますからね。

もっとも、それより何より、美佳のあまりの迫力に気圧されたというのがあるんでしょうが。苦笑

はあ、やっぱり、凸の身を守るために鋼鉄の貞操帯、注文したほうがよいですかね。
というか、今晩、大丈夫なんだろうか....

by plastictakata | 2008-08-26 01:30 | 日本  

凸の近況

出張と偽ってバンコクに行ってたことがばれてしまい、
また、名凹娘・真奈美を初め、何人かのタイ娘と連絡をとっていたこと、
そして彼女らの電話番号までつかまれてしまったことで
私の凸が危機的状況に陥っているのは、先のエントリで書いたとおりです。

さて、その後どうなったかというと、意外にも美佳の怒りはさほどでもないです。
バレた当日はともかく、その後2,3日は、時々嫌味を言うくらいで、後は笑っています。

なんだか、美佳は本当に変わりました。
日本に来た当初なら、怒りを爆発させてナイフでぶっ刺すくらいのことはやったと思います。
電話番号まで抑えている真奈美にも当然電話して脅していたと思います。

が、妊娠したせいか、結婚手続きが完了したせいか、今年に入ってから
美佳は本当に穏やかになりました。

まあ、上記二つに加えて、今は母親が同じ家に居て、愚痴を言えるのもあるのかもしれませんが。

もちろん、決定的な証拠をつかまれたらこの程度ですまないことは確実なので
凸の寿命が危機的状況なことには変わりありません。
ただ今のところなんとか無事で済みそうです。



美佳が出産した後、母親と美佳、子供とあわせて4人住まいは手狭なので、
近くに私の仕事用の部屋をもう一部屋借りて住むことにしました。

うちの近くだとワンルームで最低6万円強。
日本の住居は本当に高いですね。
月々6万円もバンコクに送ったら、生パッツンのミアノイ(愛人)一人くらいは余裕で養えるんですが。笑

by plastictakata | 2008-08-16 23:40 | 日本  

大ピンチ

いやあ、ばれました。
帰国したのが、2日前。そして昨日さっそく、美佳にばれてしまいました。
今回、出張と偽って、実はタイに行っていたと感づかれてしまいました。

さらに名凹娘・真奈美の電話番号もつかまれてしまいました。
Skypeの履歴をみられたようです。

履歴をみれば、タイのとある番号にほぼ毎日連絡しているのは
分かるので、「タイに女がいる」っと思われても仕方ないですね。

今回のタイ行きはその毎日電話している女に会いに行ったと完全に
ばれてますね。

「どこの女よ!!??」「その女の何がいいの?」「何でもしてくれるの?」
「大学生なんでしょう?」(真奈美は大学生ではなく、高校生です。笑)
「パッツン凸凹させてくれるんでしょう?」(はい。笑)
と、問い詰められましたね。

不思議と、SMSの内容は見られてなかったので、まだ凸カットはされていませんが、
このままだと時間の問題ですね。

いやあ、今までもやばいシーンはありましたが、今回は同居してる相手ってところが大きく違います。
一時回避すれば済むものでもないんで、
恒久的な対処をしなくてはなりません。

昨晩は、なんとかいつものテクニックを使って丸め込みました。
丸め込んだ後は、美佳はボロボロ泣きながら
「こんなに毎日頑張ってるのに、私の何が足りなかったの?」
と、言いながら全身マッサージをしてくれましたが、
こういう一時しのぎが毎晩できるわけでもないです。

いやあ、残暑厳しいのにこれから毎晩凸が涼しく寝れそうだなあ。苦笑

by plastictakata | 2008-08-14 11:04 | 日本  

Bさんのネ申業

パッツンクラブでも皆さんお馴染みのBさん。
彼はタイが祖国だとおっしゃるくらい語学も堪能な方です。
男前ですし気も利く方です。

そんなBさんがモテモテなのは前から知っていましたが、
先日その秘伝のテクを目の当たりにしまいました。

とある休日、美佳と母親、Bさんと私の4人で食事をしていました。
相変わらず私と母親はまだほとんどコミュニケーションがとれないので
気を遣ってくれたBさん、母親の話し相手を積極的に買ってくれました。

母親は、久々に美佳以外の人とタイ語で話ができてうれしそうです。
そして、そのうち...ふと見ると、Bさん、美佳の母親の手を握っています。
母親をみると、満更でもなさそうな表情。

そして、だんだん、母親の目の色がなんだかハートになってきました!!! 笑
顔もあからめて、とてもとても幸せそうです。

いやあ、Bさんの技はすごいんだろうなと思ってましたが、
あれはびっくりしました。

短時間の間に、美佳の母親の心を盗んじゃったようです。
いや、本当にあれは、ネ申ですよ。

Bさん、本当に参りました。一生ついていきます!!

ところで、今日、母親が電話でタイの旦那と喧嘩しています。
どうやら、離婚になるようです。
も、も、もしかして。。。。原因はBさん???? 笑

by plastictakata | 2008-08-06 23:52 | 日本  

3人の奥さん II

まあ、3人の奥さんの違いはいろいろありますが、私におねだりした物もかなり違います。

日本人の奥さん:
大型の冷蔵庫ドラム式乾燥機つき洗濯機

私が独身時代に使っていた冷蔵庫と洗濯機では物足りなかったようで
ボーナスで買ってくれとねだられました。
値段は張りましたが、極めて実用的でした。

フィリピンアサワ:

彼女は自分でも稼いでいたので何かを買って欲しいと言う事はありませんでした。
ただ、夜になると
アサワコ、仕事終わるしたら、ラーメン食べたいヨ!!
と、よくメールを打ってきました。
で、二人で近所のラーメン屋によく行ったものでした。
(期待していた方、毒がなくてすいません。苦笑)

タイ妻 美佳:
中華包丁蒸し器

タイの料理方法には、包丁で「たたく」動作が結構重要だようで、
通常の日本の包丁では重さが足りないらしいんですよね。
スーパーとかでは包丁は売ってないので、結局ネットで買いました。

「蒸す」こともタイの料理では大事らしく、これまた美佳の好みにあうのは
なかなかなくて、スーパーを5件くらいまわってなんとか3段式の蒸し器を見つけて買いました。

ちなみに、他に美佳が欲しがった物は、他にアンティークのガラスケースに入った洋人形、
鉢つきのお花、スィーツ、などもあります。

もう一つくらい書いてみましょうか。
彼女たちは私が浮気した時の反応もかなり違いました。

日本人の奥さん:
今度、大西とサイパンに遊びに行くから
そう

今日、同僚のN子ちゃんと飲みに行くから遅くなる
そう

明日から、合コンで知り合った女の子とタイにリゾートに行ってくるから
そう

いやあ、何を言っても焼餅やいてもらえませんでしたね。
まあ、タイのリゾートから帰ってきて一年後、ある日家に帰ると
一枚の紙がテーブルの上に載っていて、
奥さんと子供の姿は消えていましたがね。笑

フィリピンアサワ:

アナタのカビット(愛人)、ビサヤ(地方出身の娘)ディバ。
(※アサワはタガログ(地方出身)です。タガログはビサヤを見下していると言われます。)
そうだよ。俺、ビサヤの女の子好きだもん。
あのカビット、私のうちのメイドより不細工ダヨ!!
そう? でも、色は黒いしマリボグだよ。やっぱりビサヤの女の子はいいなあ。
アコもビサヤだよ!!

アサワは、おじいさん、おばあさんはビサヤだそうですが、
なんだか、都合のいい時だけ、ビサヤにもタガログにもなるようです。笑

ちなみに、その後、私が出かけようとすると、アサワは包丁を握り締めたことがありましたが、
まあ、なんとか離婚するまで無傷ですみました。

美佳:
あなたのこのガールフレンド(昔の日本人の女友達のことですが、美佳は彼女だと思ってるようです)、マイスワイ(きれいじゃない)。」
(※ 美佳は私のPCの中の写真を全部漁って、昔の写真をほとんど見つけ出しています)
その日本人は昔の話。俺は今は日本人に興味ない。
そうよ、あなたはフィリピン人が好きだもんね!!
あわわわ。違う。俺が好きなのはタイ人の女の子だけ!!
タイ人? そうよ、だから あなたは Rainbow 4 の○○ちゃんや、ソイカウボーイの××ちゃんや、テーメーの△△ちゃんと...キーーー!!!
(以下、毎回恒例の修羅場。苦笑)

さて彼女たち3人は、もちろん個性の違いもありますが、お国柄の違いも結構にじませている気がします。

そうそう、一つだけ付け加えておくと、美佳がねだった中華包丁は、
料理にも有用ですが、
凸を切り落とす最強のグッズだったのではと、
最近恐ろしくなっています。笑

by plastictakata | 2008-08-03 03:04 | 日本  

パッツン耳かき

今日、家に帰ると、美佳は家に居らず母親一人しか居ませんでした。
お腹が減っていたので、「ヒウカウ マクマク」と言うと、
母親が「分かった」とばかりに、調理を始めてくれました。

調理時間5分ほどで出来上がったのが、写真のカオマンガイ。

b0098969_22175068.jpg


これが激ウマ!!
バンコクの屋台のカオマンガイ並にうまい!!
まあ、彼女は元屋台のおばちゃんなので当然か。
というか、バンコクの屋台のより美味しいかも。
日本の食材で作ったからか、出来たてだからか、
味が上品です。それでいてちゃんとパンチも効いています。

美佳と同様に、デコレーションにも気を遣っていて、
キュウリがきれいに並んでいます。

味だけでなくて、見た目にも気を遣ってくれるのは本当にいいですね。
食は目でも味わうものですからね。




先日、マイミクさんより得た情報で、
池袋にパッツンが耳掻きしてくれる店があるという情報を得たので
早速行ってきました。
耳かき一発

値段は45分3300円だったかな。初回なので、15分ほどサービスしてくれました。
ありがとうございました。

ただ感想は...言いにくいですね。

そもそもパッツンではなかったです。
耳掻きも耳掃除という意味では、かなり期待はずれでした。

オプションで女の子がパッツンを着てくれるという情報だったんですが、
それは浦和店限定のことだったようです。
それも、某Gダイアリー8月号に載ってる写真を見ると、一応制服ではありますが、
服もスカートもかなりサイズが大きそうで、全然パッツンではありません!!
パッツンは身体に張り付くようになってこそのパッツンですからねえ。

私、耳かきが大好きなので、耳掃除という点でかなり期待していたんですが、
そちらの方も期待とはかなり違いました。
浅いところを少しいじるだけで、これではお金の無駄という以前に
時間の無駄...

まあ、女の子は確かにかわいかったですけどね。
かわいい女の子に膝枕してもらうのが目的だという人が行くべきなんでしょうね。
店も繁盛しているようでしたが、
耳掃除目的で行くところではないのだ、と実感しました。

さて最近、イヤーエステが流行ってきているらしく、耳かきをやってくれる店は増えています。
少し前に行ったのが下のエステ。
レスプランディール

ここも一年ほど前、予約して行ってきました。
お店では、男前(!!)のエスティシャンが、一時間強みっちりと丁寧に耳かきしてくれました。
これはものすごく気持ちがよかったです!!
あまりに気持ちよくて思わず途中から寝てしまいました。
値段は70分8400円。

ただ、浅いところをサワサワするだけなので、奥のほうをきれいにしてくれる感触はありません。
耳掃除という点では、やっぱり家庭で出来るレベルを超えません。

はっきり言って、美佳の腕前の方が格段に上です。
(何度か言っているように美佳は異常なほど器用です)
わざわざお店に行くのは、その美佳でもできない奥の奥まできれいにしてもらうためなんです!!

耳かきエステの店はたくさんありますが、どうも耳掃除という意味ではどれも期待はずれのようだと分かってきました。
そこで、発想を変えて、今度は耳鼻科に行ってみることにしました。

実は、耳垢は立派な病気で、耳掃除は耳鼻科の正式な業務内容に入っているようですね。
http://www.linkclub.or.jp/~entkasai/mimiaka.html

近所の耳鼻科に電話して、耳掃除してくれるか確認してから、行きました。
先生は中年の普通のおじさんっぽい人でした。

b0098969_22252213.jpg


私が椅子に座ると、耳の外側に金属の器具をつけました。
そして、先生が長めの綿棒でちょこちょこっと掃除。
奥の奥まで綿棒を入れるので、すこしこそばいような痛いような感じがありますが、
すぐ終わります。

わずか2分ほどで両耳とも終わりました。早すぎっ!!
確かに妙にすっきりした気分がします。
気のせいかもしれませんが、奥の奥までやってもらったという爽快感は残りました。

値段は1280円

ずいぶんとコストパフォーマンス、そして何より時間効率がよかったです。

耳掃除のためにイヤーエステで8000円以上払ったのはなんだったんでしょうね。笑

この近所の耳鼻科では、若いお姉ちゃんには会えませんでしたが、
夏休み中というのもあって
未来の美人には何人か会えました。笑

パッツンは見られなかったので、今度、そのおじさんの先生に、
パッツンを着てくれないか、頼んでみるつもりです。爆

by plastictakata | 2008-08-01 22:19 | 日本  

3人の奥さん

タイ娘美佳と一緒に暮らしていると、嫌が上にもフィリピン・アサワ(妻)との差に気がつく。

二人とも毎日一緒にいる(いた)わけだし、似ているようで結構違いがあるからだ。
ついでに言えば、私はその前、日本人の奥さんまで居たわけで、彼女との比較もある。

彼女らの行動パターンはかなり違う。
もちろん、個人差というのもあるだろうが、文化の差としか思えないことは多い。
これまで何度も言っているが、これで文化の差を感じるな、というのが無理な注文だろう。

さて、昔のエントリにも書いたが、フィリピン・アサワは、と日本人アサワでは、
私のために買ってくるものがかなり違った。
現妻の美佳も加えて、三人の比較を書いてみたい。

  • 日本人の奥さん:
    私が必要な家具を先読みして購入してくれることが多かった。
    長年使える良い家具が多かった。
    組み立てが必要なものも自力で行ってくれた。恥ずかしそうにしながら、家具をそっと
    私の部屋に置いていってくれた。
    今、うちにある家具の半分以上は、この日本人の奥さんが買ってくれたものです。


  • フィリピン・アサワ(妻):
    私がたまたま食べていたスナック菓子やフルーツを、
    翌日山のように買って来る。
    だってあなたがそれが好きだと思ったから。」顔を赤らめて言う。
    でも、食べきれるわけがない。フルーツは大半が腐ってしまった。苦笑


  • タイ娘・美佳(現妻) :
    私がレストランで食べている食品をじっと観察。匂いをかいだりしている。
    翌日、同じ食材をスーパーで探して買ってきて、
    全く同じメニューを調理して作ってくれる。


皆さんならどの奥さんがいいですか? 笑

私の場合、もし、もしですよ、今誰か一人を選ぶとしたら....
意外と思われるかもしれませんが、
それは、フィリピン・アサワです!!


..............なんて訳は、
絶対にないですね。笑

まあ、可愛らしいと思わなくはないんですが、やっぱり
毎日一緒に暮らす相手としてはつらいですね。苦笑

美佳と日本人の奥さんは甲乙つけがたいです。

by plastictakata | 2008-07-31 00:51 | 日本  

寝る前の日課

昨日のパッツン・クラブオフ会では、暗黒の5人集の乱入もあり、大いに盛り上がりました。
しかし一度だけ、全員が凍りついた瞬間がありました!!
それは、Hiroharuさん、FISHさん、ヒポさんの自慢のタイ娘、暗黒娘のパッツン写真や凸凹動画!! 観賞で、盛り上げりがまさにピークを迎えた時でした。

その時、誰かが何気なくこう言いました。

ところで、誰か日本人の若い彼女の写真は持ってないの?

全員の動きが一瞬、完全に止まりましたね。笑
レストラン全体の温度が一気にマイナス17度まで下がった瞬間でした。

いやあ、決して言ってはならない一言でしたね~。
なんだかんだ理屈をつけたところで、我々東南アジアに嵌っているOさんオサーンたちは、
日本人の若い娘に相手にされないから、東南アジアに逝くんですよ。

日本人の若いかわいい子との凸凹できるくらいなら、
今頃日本で遊びまわっているに決まってますからね~。

暗黒娘に嵌っている人も、天使の都でセクシー娘に癒されている人も
本音を言えば、やっぱり日本人娘が一番じゃないですかね~!! 笑



美佳は漫画が大好きです。
といっても、エロ漫画だけにしか興味はないんですが。

毎日、寝る前に私がエロ漫画を翻訳して聞かせるのを心待ちにしています。
なんだか、小さな子供に絵本を読んでやらないと寝ないのと似ています。
まあ、美佳の場合は、エロ漫画朗読の後に、凸凹要求もあるんですが。笑

エロ漫画も、中にはストーリーが複雑で、結構翻訳の面倒なのがあるので、
それなりに大変なんですが、まあ、ほぼ毎日朗読してやっています。

美佳が毎週読んでいるエロ漫画を並べてみました。

○ 蒼空
○ 艶恋師
○ おいらん姐さん

いずれも週刊漫画サンデー

DEEP Love (Young Magazine)
総理の椅子 (ビッグコミックスペリオール)
チーズスイートホーム (モーニング。これだけ凸凹系ではない。笑)

他にも、凸凹シーンがあるものは、ものすごく読んでもらいたがりますね。
そして、特お気に入りなのが、芸者物風俗嬢物

やっぱり自分の職業上 Sympathy を感じるからでしょうか。笑

ただ先日、ある漫画だけは、凸凹シーンが全くないのに美佳の心に深く訴えかけたようです。
それは、この漫画です。

○ 美童物語 (糸満売り編)

前編
後編

ちなみに、美童物語の既刊単行本はこれです。



今回の話は、第二次世界大戦当時の沖縄での人身売買(糸満売り)が描かれています。
まあ糸満売りは人身売買と言っても、丁稚奉公的な側面もあるので、必ずしも悲劇一色ではないのですが、
やはり全体のトーンとしては哀色を帯びています。

糸満売りされた主人公の少女のお姉さんが病気で死んでしまったシーンには
美佳は涙をうっすら浮かべていました。

そうですねえ、やっぱりイサーンからバンコクの55に出稼ぎに行く子供は多いわけで、
そういう環境で育った美佳は Sympathy を強烈に感じるんですかね。

主人公のお姉さんが死ぬケースは、イサーンからバンコクの55に出稼ぎに行って、
お客さんに HIV をもらって AIDS で死んでしまった先輩凹売り娘のことでも重ねているんでしょうか。




今日は、美佳とお母さんと、近くのオーガニックレストランに食事に出かけました。
途中、小川を通ったのですが、そこに鴨の群れが居ました。
美佳は鴨を追いかけまわして、走り回っていました。
大きなお腹をした臨月も近い妊婦が走り回っているのはなんとも言えず奇妙で笑ってしまいました。

夜、スターバックスにコーヒーを買いに行ったのですが、
車を駐車した後、私が道路の柵を回避しようと歩いていたら、
美佳は相変わらず身軽に柵をジャンプして越えていました。
(ミニスカワンピースなので、パンツは丸見えです。苦笑)

どこの世界に、こんなくらいの柵をジャンプして超えていく臨月間近の妊婦がいるんでしょう。


タイでは、こういう妊婦が当たり前なのか、是非知りたいものですね。笑

by plastictakata | 2008-07-28 01:22 | 日本