タグ:病院 ( 2 ) タグの人気記事

 

ラーマ9世病院 / 努力だけしか理解できない - [10月訪タイ記 VIII]

来世の極楽浄土を夢見るエロ高僧の皆さま、
凹を買うため徳を積む為、今日もフィリピン、タイへのタムブン(寄付、喜捨)に余念がないことでしょう。

皆様が積みに積み上げた大徳が、報われる日がいつか来るでしょうか。
必ず来ます。
きっと来ます。
来るはずです.....
........たぶんね。南無南無アーメン。笑

大徳を積み上げるエロ高僧たちにささげるオマージュ、
今日は10月訪タイ記の第8回です。




朝、私は爆睡していたんですが、
美佳に無理やり凸だけ起こされ、モーニング凸凹です。
尼羅が生まれて一年以上たちますが、実は尼羅と離れて寝るのはこの日が初めてのことです。
そのせいか、美佳は萌えまくっていました。苦笑

ランチを食べにホテルのレストランへ行きます。
メニューを見ると、和食、洋食に加えインド系が最近追加されたのが分かります。

b0098969_2141988.jpg


そういえば、このホテル、長期滞在している風なお客はインド系アラブ系が多かったです。
マイミクのK星さんが滞在していた頃はどうだったんですかね?

ふと、外を見ると、ファランが真っ黒な女の子と食事をしてました。
肌がすごく黒いのと、ドレッドヘアなので、黒人にも見えます。
美佳に話をすると
あれはイサーン人だよ。」との答え。
なんで分かるの?
凹売りで不細工はイサーン人って決まってるの!!(怒)」
いやあ、そういう美佳もイサーン人なんですけどね。苦笑

部屋に戻ってから、いくつか事務作業の電話をします。
まずは日本のタイ大使館。
経験のある人は分かると思うんですが、大使館や役場って、担当者によって言うことが違います。

Web サイトに書いてない書類が必要なことなど当たり前。
Web サイトに書いてあるとおりにしたのに、拒否されたり、
その手順が通らないことも珍しくありません。

これは、タイやフィリピンに限ったことではなく、日本、USA, ロシア、フランス、私の経験する限り
全ての国でそうです。

今回は、タイ大使館の信用できる方を教えてもらったのでその方に電話して
書類手続きの確認を行いました。

また、ウドンタニの旅行代理店に電話して、翌日以降の車の手配をします。
しかし、あらかじめ調べていたこのローカル代理店、英語がほとんど通じませんでしたorz
複雑な日程なので、これでは用が足せません。

今までの経験上、こういう用件を美佳にタイ語でさせてもあまりうまく言ったためしがありませんが、
今回は他に選択肢がありません。

いったん電話を切り、旅程を紙に分かりやすく書き出し、美佳に丁寧に説明します。
そして、電話でこちらが果たさなければいけない用件を簡潔明瞭かつ丁寧に教えます。
そして、旅行代理店に私が電話して、相手が出たのを確認してから美佳に代わります。
(なぜか美佳に電話をかけさせるより、その方が早い)

やや心配でしたが、なんとか相手に用件は伝わったようです。
すぐに先方から料金の振込先について Fax するとのこと。

一階のフロントで Fax をピックアップしてから、美佳と二人で銀行に向かいました。
アソーク駅からBTSでプロンポンに行きます。

b0098969_2162011.jpg


ちょうど通学時間帯で、アソーク駅の周辺には
パッツンがごろごろしています。

b0098969_2164056.jpg


アソークは乗り換え駅なので、パッツンの流量も多いですね~、いいですね~。
見てると、パッツンのスカートも一頃に比べてまた短くなってきたんじゃないですか?

もう最高です!!
パッツン写真をとる私を美佳が呆れたように見ています。

プロンポン駅からエンポリウムまで歩きます。
一階に入っているバンコクバンクから振込みを行います。
美佳がバンコクバンクに口座を持っているので、ATM でいったんその口座に入金してから振込みです。
手数料は20THBでした。

驚いた、というか当たり前かもしれませんが、ATMの案内画面は、タイ語、英語に加えて
中国語がありました。
ATM での中国語表示は前からあったのかもしれませんが、中国語表示は世界中でどんどん繁殖している気がします。

b0098969_217740.jpg


旅行代理店に振り込み完了の電話をしてから、今度はBTS,地下鉄を乗り継いでラーマ9世駅に向かいました。
日本ではできない処置をラーマ9世病院でするのが目的です。

ラーマ9世駅で降りましたが、驚いたことに、
美佳はどこの出口から出たらよいか分からないようです。
駅の場所と進行方向を考えれば一瞬でわかるんですが...
私はラーマ9世病院に地下鉄の駅から行ったことはないですが、適切な出口は一瞬でわかるので美佳を先導します。
地上にあがると通勤時間帯のため、道は渋滞していました。

ラーマ9世病院はもう見えてる距離なんですが、
今度は美佳はどうやってラーマ9世病院に行ったらよいか、分からないようです。

この辺が本当に useless 暗黒娘ですよね~。
どっちがホームでどっちがアウェーなんでしょう。笑
この暗黒娘たちがどうしてホームで活躍できないのか、先日、takaxさんもブログに書いていらっしゃいましたが、私も後日のエントリで私なりの考察を書きたいと思います。

私は美佳に「バイクタクシーで行こう」と声をかけ、運転手に
パイ ローンパヤバン、プララーム ガウ」と言いました。
いや、本当、自分で判断して自分で直接運転手と話した方がよっぽど早いです。苦笑

b0098969_2174348.jpg


日が暮れかかる時間でしたが、ラーマ9世病院は7時まで診察を受け付けてくれるので大丈夫です。
こういうところは、タイは本当にいいですね。

受付で美佳が診察券を作っている間、私は1階に飲み物を買いに行きました。
すると、以前はなかった(気がつかなかった)、こじゃれたベーカリーがありました。
(S&Pというこのベーカリー、美佳によると美味しいので有名だとか)

おいしそうなパイやスムージーが売っています。
いやあ、とても病院とは思えないですね。
流暢な英語を話す店員にオーダーして、待つこと5分。
ブルベリーのスムージーが出来上がってきました。
甘みがちょっと強いのですが(こんなの、病院で売ってていいのだろうか。笑)
これがまた旨い

また、パイもうまいです。パンが旨い国は食文化が豊か、というのが私の持論なんですが
タイのパンは意外とレベルが高いですね~。

b0098969_2181014.jpg


すでに診察室に入っていた美佳に合流します。
食べ物、飲み物を持ったまま診察室に入るのは気が引けたのですが、
見るとドクターの机の上にもコーヒーが乗ってました。
全然問題ないようです。笑

ドクターは若くてかわいらしい女性(美人ではないんですが子供みたいでかわいいです)でした。
日本も総合病院は若い医者がやたら多いんですが、タイもそうなんですよね。
年配のドクターってまず見たことないです。

ドクターは、私に英語で処置方針を丁寧に説明してくれました。
日本では行ってない処置なので、リスクに関して私がいろいろと聞きましたが、
まず問題ないとのこと。
(どうもタイの医者は患者を安心させることを優先して、リスクを言わないようにしているようなので、
 鵜呑みするのは危険を伴うと思いますが。)

ドクターは美佳にはタイ語で話すので、一時ドクターがまるで私と美佳の通訳のような状態になってしまいました。笑

処置が始まりました。私は手持ち無沙汰だったので、ふと思いついて、ある処置を受けることにしました。
ドクターに断ってから一階に降り診察券を作ります。
ふだんパスポートをあまり持ち歩かないんですが(※)、この時はたまたま持っていてよかったです。
(※ 在住の方はだいたい持ち歩くのはコピーにしているみたいですね)

待合室に通されます。この待合室はかつて真奈美とB子をつれて待ってた場所です。
相変わらず、がらがらです。
また、あの時気がつかなかったんですが、水、お茶、それに暖かいコーヒー、お茶、ココア、
さらにクラッカー(リッツ)まで用意されていました。
飲み放題食べ放題です。
タイの高い病院はどこもこうなんですかね~? 

b0098969_2183386.jpg

b0098969_2184941.jpg


日本人の客も多いのか、日本語の雑誌まで用意されていました。

b0098969_21977.jpg


私の前の番の患者が呼ばれました。ややとうが立ってましたが美人女性でした。
背も高く、モデルかと思えるような雰囲気がありました。
そして、この女性と連れ立って歩いているのが
面白いくらい不細工な老齢男性。笑
タイ人の金持ちなんですかね。
いやあ、ある意味、理想的なカップルですね~。
私も数年後、こうなっていたいものです。

さて、私の番になり、ドクターの説明を受けます。
USでもフィリピンでもそうなんですが、外国のドクターの説明は明快でわかりやすくていいです。
ずばりと本質の説明をしてくれます。
(ただし、上で書いたようにリスクを言わないようです。また治療法も
 根治よりも患者の負担が軽い手法を優先するようなので注意が必要です。
 今回同じ処置を日本に帰ってから医者に見せたら説明がかなり違っていました。)

処置の間、間が持つように当たり障りのない会話をするところもなかなかサービス業として優秀です。
ドクターが言います。

あなたは英語が話せるので助かります。
他の患者さんは話せないんですか?
日本人の場合、若者はよいのですが、老人はだめですね。
  英語を話そうとしている
 努力しか理解できません
  結局、通訳を呼ぶことになります。

いやあ、このドクター、淡々とした話し方なんですが、
ものすごいきついこと言いますね~。
「努力しか理解できない」って。あははは。555555555

私も返事します。
なるほど。でもドクター、あなたの英語もきれいで助かります。
それは教育のおかげですよ。日本も若者が英語が話せるのはそのせいでしょう。

確かに最近、日本人でも若い子達はかなり英語を話せます。
私の業界でも、ここ5年ほどでずいぶん様子が変わりました。
5年前は、通訳なしのセミナーなど成立しなかったのが、
今では通訳なしのイベントを行っても人がかなり集まります。
英語で積極的に質問する人の数もかなり増えました。
英語もろくに話せない寒汰氏は、今後ますます世界から取り残されていくんでしょうね。南無南無アーメン。笑

一方、美佳の方の女医さんは冗談が好きな人だったらしく
あら、あなたの太もも細いわね。うちのあの看護婦の腕くらいだわ。
と、美佳や当の看護婦を笑わせていたそうです。

この冗談、タイならではですね。
日本やUSならパワハラものです。タイの場合、言われた看護婦も気にしてなさそうですが。
冗談の中身はともかく、こういう患者をリラックスさせることにタイの医者はかなり気を使っているようです。

処置が終了した後、二人で合流して清算しました。
美佳の分が6400THB、私の分が 830THB でした。
これ、内容を考えると本当に安いですね。信じられないです。

病院を後にして、向かったのはマッサージ。
昨日同様痛いマッサージを受けてから、
スクムビットソイ24の某日本料理屋さんに向かいました。
ここで意外なかわいい女の子に出会います。




凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-10-17 02:28 | タイ  

仏像をもって駆けつける - 8月訪タイ記 XVII


さて、W子と一緒にタクシーに乗り込みます。
ラーマ9世病院は、W子の家の近くでもあるので、一緒に行くわけです。

タクシーの中で、W子が自分の家のアパート代の話を始めました。
I美と、アパート代をシェアしてるけれども云々...

私は恐ろしい奇病を持っていて、
こういう暗黒の無心が始まると、
突然聴力を失ってしまうのですが、
この時は、不思議と一部の話だけは聞こえてしまいました。
I美と部屋代云々という部分だけはかろうじて聞こえました。

後日談になるのですが、実は、W子は、I美と家賃の分割でもめていたらしく
私が日本に帰った1週間後に、W子はI美のアパートを出て
別のアパートに移り住んだようです。

で、二人は、それ以降、全く口を利かなくなったとか。
おかげで次回は、気兼ねなくI美をペイバーできますね。笑

しかし、お水娘は、こういう友達関係の仲良し、仲たがいが急速ですね。

無心に対して私が何も反応しないからか、W子は私の携帯を奪い、
それに自分の携帯番号を打ち込みました。
自分の携帯にお客様の番号を登録するなら良いのですが、
逆に客の携帯に自分の番号を
無理やり打ち込むという行動はいかがなものなんでしょう...笑

ほどなく、ラーマ9世病院に着きました。
私がタクシーから降りようとすると、
W子が「特別な友達によろしく」と、
思いっきり嫌味を言いました。

ははは。私が暗黒の無心に反応しなかったのが、
よっぽど悔しかったんでしょうか。笑

真奈美の病室に入ると、まず気が付いたことがあります。
昨日とソファの位置が変わっているのです。

B子が、ソファで寝ていましたが、私が来たのに気がつき、起きました。
真奈美はベッドですやすや寝ていました。
大きな点滴が刺さったままです。

そして、点滴以外にも、ベッドの四隅に何か見たことのない
固定具のようなものが付いているのに気が付きました。
昨日は確か、こんなものはなかったと思うのですが。

B子と、挨拶をして、真奈美が変わりなかったか聞きます。
すると、
もう大丈夫。昨日の晩は、大変だったけど。
と答えました。

何があったのか聞くと、実は昨晩、私が帰った後、
真奈美の様子が急変し、医者2人、看護婦が何人も駆けつける事態になったそうです。
点滴を追加し、痙攣を起こす真奈美を縛り、大きな機械を用いた処置をしたそうです。

一時はもう医者も看護婦もかなり深刻で、
B子も最悪のことを覚悟したそうです。

そして、B子の彼氏は、なんと
仏像を持ってかけつけたそうです。笑

いやあ、全然笑うとことじゃないんですが、なんか思いっきり笑ってしまいました。
タイ人って、かわいらしいですね。

ともかく、その処置をした際、大型の機械を部屋に入れたので、ソファを移動したのだとか。
朝方、ようやく真奈美の症状がおさまり、先ほど、ようやく寝付いたところだと言います。

そんな大ごとだったのに、どうして私に全然連絡しなかったのか聞くと
あなたは、どうせ忙しいと思った。
と、少し嫌味な答えが返ってきました。

ま、昨日電話に出ずに他の女と凸凹してたのをよほど恨みに思ってるのか、
それとも入院代のデポジットを私が既に払ったから、もう用済みだと思ってるのかでしょう。笑

部屋の中は結構暑いです。
エアコンがオフになっています。
さすが暗黒系、エアコンは大嫌いみたいですね。

B子が、ソファーの周りを片付け、私も横になるよう、すすめます。
彼女は、自分は床にマットレスを敷いて寝ようとしますが、
それは申し訳ないので遠慮します。

私は、ソファに座って、仕事とここまでの訪タイ記録をPCに書いていました。
数時間たったでしょうか。
昼ごろになり、すべての点滴も終わった頃、
主治医の先生が病室に来ました。

これからの対策について、真奈美に長々と説明しています。
少しばかり尊大な態度で、何度も「カオチャイマイ?」と確認するなど
まるで学校の先生のようです。

タイ語で説明が終わった後、私は、ドクターに声をかけ、
私にも英語で説明するように言いました。
ドクターは、一瞬、驚いたような顔をした後、真奈美に「この人は誰」と聞きました。

すると、真奈美は一瞬、躊躇した後、「お客様プアンシャイ」と答えました。
プアンシャイね~。
私は、思わず苦笑いしてしまいました。

20歳にもならない娘に53歳の私がプアンシャイ(彼氏)なんて、誰が信じるんですかね~。
まあ、どうせドクターには、私が財布役なのは、バレバレでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


by plastictakata | 2008-11-29 02:00 | タイ