タグ:日本での生活 ( 65 ) タグの人気記事

 

耳慣れた言語



中国編の続きの前に、この話をしておかなければなりません。
ひとまず、舞台は北京から東京へ、そして時間は今から3ヶ月ほどさかのぼります。
 




 
昨年末のある日のことです。オフィスで夜まで仕事をしていると、
同僚の誰かが、ぼそぼそと話しているのが耳に入ってきました。
 
オフィス内では、聞いたことのない言語のようで、妙に違和感がありました。
 
ふと気になって近くを見渡すと、同僚の一人が、壁際の方にいて、携帯電話で話しています。
話し声ははっきり聞こえないのですが、その言語は、妙に聞き覚えがあります。
英語、フランス語、ロシア語、タイ語のどれでもありません。
 
声が聞き取れないのではっきり分かりませんが、スペイン語に似た発音がたまに聞こえますが、
スペイン語とはどうも違います。
確かに聞き覚えがあるんですが、オフィスで聞いたことがないような言語です。
 
この同僚の名前は、Dave.
数ヶ月前から私の席のそばの席になっていて、お互いすれ違う時ににこっとする挨拶は交わしますが、
まだ直接話したことはありませんでした。
 
何語だろうかと、考えているうちに、彼の電話が終わったようです。
そこで思い切って話しかけてみました。
 
Hi, 今、電話で話してたの、何語?
あ、あれね、恥ずかしいな。タガログ語だよ。」爆
 
懐かしのタガログ語ですか。
どうりで途切れ途切れでも、妙に耳に残るはずです。笑
また、オフィス内で聞くのに違和感があるのにも納得です。
 
東京のオフィスで、タガログ語なんて今まで一度だって聞いたことないですから。
あ、私がアサワと話す時が唯一の例外かな。笑
 
昔一度、USから来たゲストで、タガログ語スピーカーがいたんですが、
彼女にちょっとタガログで会話しようよと提案したら、思いっきり嫌がられました。爆
 
うちの会社では、いろんな言語をみんな使いたがるので、嫌がられるのは珍しいです。
彼女、子供の頃、フィリピンに滞在していたそうなんですが、その時によほど嫌な思い出があったんでしょうか。笑
 
ともあれ、Dave との会話の続きです。
高田 『え? タガログ語? Pilipino ka ba? (あなた、フィリピン人?)
Dave 「Oo. Ako ay Pilipino. (そうです、私はフィリピン人です。」
高田 『Wow, I didn't notice it. Saan ang province mo? (わあ、それは知らなかった。どこの出身?』
Dave 「ミンダナオ。知ってる?
高田 『Siyempre! (もちろん!)』
 
いやあ、盛り上がりました。
年末の忙しいさなか、二人とも夜遅くまで残業するほど仕事があったんですが、
いろいろと話をしました。
 
Dave 「ところで、君の奥さんは何人?
高田 『タイ人だけど、どうして?
Dave 「いや、先週の会社のクリスマスパーティで見かけたんだけど、フィリピン人かと思って。
 
そういえば、クリスマスパーティ(うちの会社は外資なので、会社のクリスマスパーティは、家族同伴なのです。)の時、
美佳が、誰か一人にずっと見られてたと言っていました。
その時は、誰か分からなかったのですが、どうやら、このDaveだったようです。
 
フィリピン人って、海外で同胞だと思う人間を見かけると、じーっと眺めてくる習慣があるようです。
美佳が街を歩いていると、よくフィリピン人らしい男女から視線を浴びています。
あ、もちろん、鼻の下を伸ばしたエロそうなオサーンや、
非難がましい目で睨んで来る女性の視線も浴びてますが。笑
 
ともかく、彼の出身大学を聞くと、なんと UP (University of Philippines) Los Banos 校。
私の(元)アサワ(奥さん)の実家のすぐそばですし、何よりアサワのお姉さんが先生をしているところです。笑
 
いやあ、すごい偶然ですね。
他にも、最寄り駅が一緒だったり、妊娠中の彼の奥さんがかかっている病院が美佳と同じ病院だったり、
いろいろと共通点が多く、近所のフィリピン・ストアの情報を交換したりなど、気が付くと2時間くらい話し込んでしまっていました。
 
それから、会社で顔をあわすたびに、この Dave と話をするようになりました。
 




 
そんなある日のこと、Jack という男が、US の本社からやってきました。
今やっているプロジェクトで彼は私のカウンターパートになっていて、数ヶ月来ずっと一緒に仕事をしてきています。
私の机で一緒に作業していた時、ふと時間が空いたので、Jack に一つ質問しました。
 
高田 『Jack、君の名字は少し変わってるけど、どこの国にルーツがあるの?
Jack 「ああ、僕はフィリピン人だよ。
 
びっくりしましたね。
数ヶ月一緒に仕事してきた相手がフィリピン人とは全然気が付きませんでした。
 
しかも、ほんの一ヶ月ほど前に Dave と話したばかりでしたから。
仕事ですぐ近くにいる人間に二人もフィリピン人がいるとは驚きです。
正直言って、私の会社ではフィリピン人なんて極端に少ないですから。
これが、まさに暗黒の運命の糸というものなのでしょうか。笑

 
高田 『そうか、君もフィリピン人だったのか。
Jack 「も(too)ってどういうこと?
高田 『ほら、そこに座っている彼、彼もフィリピン人だよ。Hey Dave!!
 
と、Dave に声をかけ、二人を紹介しました。
すると、思ってもなかった光景に出くわしたのでした。

(続く)

 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-04-03 01:05 | 日本  

パッツン・リカちゃん!!

注文してから二ヶ月、ようやくパッツンリカちゃんができあがってきました。

b0098969_20345422.jpg


校章、襟章などかなり細かく注文したのですが、できあがりをみると、まだまだ足りないところがありますね。

美佳と私の感想です。

○ シャツのパッツン度合いが物足りない
(パッツン度が大事なんですけどね。注文時に言っておいたんですが、まだまだ足りなかったようです。笑)
○ 靴がハイヒールでない
(やっぱりパッツンには黒か白のエナメル10cmハイヒールです。笑)
○ パッツンのスリットの位置が横過ぎる
(太ももの真ん中にくるのがベスト)
○ リカちゃんが薄化粧すぎる
(やっぱり、パッツンには、どぎつい化粧が似合います。笑)
○ リカちゃんの顔立ちが地味
(やっぱり、タイのテレビに出てくるような鼻筋の通った派手な顔が良いです。笑)
○ リカちゃんの髪の毛が癖毛
(やっぱり、パッツンはストレートがいいです。巻き毛なら良いですが、癖毛はね。笑)

まあ、それでも一応及第点ですかね。

まあ、そもそもリカちゃんをベースにされてしまったのが一番痛いですかね。
次回作る時は、ベースはバービー人形にして、もっと細かく注文して
完璧なパッツンバービーにしたいと思います。笑



最近、さすがに育児が大変なのと、仕事が立て込んでいて
なかなかエントリを入れる時間がありません。
話のネタはかなりたまっていてもどかしいんですが。

21日の京都オフミは場所も決めていただきました。
(MICさん、ありがとうございました。)

関西の方にお会いできるのを楽しみにしています。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-02-10 20:37 | 日本  

新年会

皆さん、お疲れ様でした。

いやあ、盛大な会でしたね。
参加していただいたのは、私の数え間違いでなければ、16名になります。
忘年会以上の大人数でしたね。

今日は尼羅の機嫌が悪くて、あまり皆さんと深くはお話できませんでしたが、
それでも長らく会いたかった人たちとはお会いできましたし、
新しく知り合った方々からは面白いお話をいろいろと聞けました。
非常に有意義な会でした。

幹事をやってくれた BOB さんを初め、参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。

取り急ぎ、御礼まで

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-01-24 01:39 | 日本  

タイ人の名前

美佳が日本に来た後、日本で困ったことは多くありますが、
タイ人特有の問題が一つありました。

それは、名前です。
ご存知のとおり、タイ人の名前って、かなり複雑で長いんですね。
美佳の名前も、平均的タイ人なみに長く複雑です。

また発音がむつかしいので、普通の日本人が、カタカナだけ見て正確に発音することはまず不可能です。
これが、ジェーンとかスミスとか、アメリカ人の名前なら日本人も親しみがあるから
発音もそれなりに正しいです。
フィリピン人の名前は、タイ人よりは簡単ですし(スペイン語の名前は日本人にも発音しやすい)
family name は、そうでもないですが、first name は結構短いので助かります。
しかし、タイ人の名前は、かな~り厳しいですね。

だから、病院や役所で待っている時、正しい発音で呼ばれることは絶対にありません。

たとえば、美佳の名前が仮に
プラパワデ・ジャロエンラタナタラコン (仮名) としましょう。

これをね、タイ語発音で呼んでくれるなんて誰も期待していません。
ベタなカタカナ発音で十分なんですよ。

でも、それすらしてくれません。
せいぜい、
風呂....パワー...さん」とか
色..円..紺さん」とか。
 
さすがに、これだと聞き取るのはかなり難しいです。
そのせいもあって、名前が呼ばれてるのが分からず
病院や役所で何十分も待ちぼうけすることがよくありました。
 
発音がひどいのも、つらいのですが、
さらにつらいのが、名字が呼ばれるか、下の名前が呼ばれるか、毎回違うことです。

だから、美佳と私はどの音に反応するべきか、全く予想がつきません。
待合室で待つ時は集中してずっと耳をそばだてていないといけません。
何十分もの間、一瞬たりとも気が抜けません。
全く気が抜けず、ものすごく疲れます。

いやね、もう名前なんてどう発音してくれてもいいですよ。
いっそ、「山田花子」(笑)でも、かまわないんで、
せめて毎回同じ呼び方をしてくれたら助かるんですけどね。

一度、病院に相談したことがありました。
私の名字、『高田』で呼んでくれませんか? その方が100倍聞き取り易いですから。
でも、返事はつれなかったんですね。
本名以外の対応はできません

アメリカでは、会社の名前登録もニックネームで良かったりするくらいで
かなりフレキシブルなんですが、日本はこういうところが外国人に優しくないですね~。
ちなみに、今までで一番酷い呼ばれ方はこうでした。


えーーっと、これは.... 棚橋さん


元の名前と全く何も一致しない日本名でした。笑

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-01-17 22:28 | 日本  

パッツンクラブ・オフ会

参加していただいた皆さん、今日はお疲れ様でした。
いやあ、本当に盛況でしたね。

やはり尼羅を抱えていると長時間いられなくて、早めで中座してしまってすいません。
中座したのもあり、また、これだけ人数が多いと、一人一人とゆっくりは話せませんでしたが、
それでも会いたかった方々にもとりあえずご挨拶できてうれしかったです。

なお、東京での次のオフ会は未定ですが、
来年は、やはりタイでやりたいですね。
ま、魔尼羅という選択肢もありますが。

なお、名古屋では1月5日19:00から栄の某所で、大阪では、1月下旬開催予定です。

名古屋については、ちかく、mixiのパッツンクラブで開催場所を掲載します。

ともあれ、皆さん、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2008-12-28 01:48 | 日本  

富士山

今日は、富士山に行ってきました。

なんでも、タイ人にとって、富士山は、かなり特別なものだそうです。
日本に来たら何がなんでも行きたがると聞きます。

確かに、うちの会社の人たち(主にアメリカ人とかヨーロッパ人)に比べて
来日したタイ人が富士山に行くと言う確率は圧倒的に高いように思います。

美佳の母親の滞在も残り少ないのですが、
美佳は母親に、どうしても富士山を見せたかったようです。

今、仲のいい同僚の Charles (ドイツ系アメリカ人)が出張で東京に居たので、
彼も誘って、美佳、美佳の母親、尼羅、私の5人で行ってきました。

予想以上にすばらしい天気で、富士山、よく見えました。

いやあ、普段タイ娘にたっぷりタンブン(寄付)しているご利益ですね。笑

もう7合目(?)くらいから上は雪がかかっていて、本当にきれいです。

Toshiさんに教えてもらったとおり、まずは麓から見て裾野の素晴らしさを堪能し、
5合目まであがって、近景もたっぷり味わいました。

b0098969_1531863.jpg


美佳もお母さんも、Charles も大喜び。
Charles は、あまりにうれしくて、そのまま US に居る彼女にその場から電話してました。
US は、夜中なんですけどね。笑

"C'est tres bon!" なんて言ってましたね。笑
(Charles の彼女はフランス人なので、電話でよく冗談で簡単なフランス語を話します。)

富士山の近景も迫力があってよかったのですが、
眼下に見える、河口湖、山中湖、富士吉田の平原も、かなりの見ものでしたよ。
夕方だったので、富士吉田の平原にかかる富士山の影がはっきり写って
壮大でした。

b0098969_1534781.jpg


帰りは、やはりToshiさんに教えてもらった、ほうとうのお店で食事をしました。
いやあ、ローカルな食べ物も、いいですね~。

田舎が素晴らしいのはフィリピンだけ!!(爆)と
思ってたんですが、
なかなかどうして、日本の田舎もすばらしいと知りましたよ~。笑

帰り際、ジェットコースターが見えると、美佳は富士急ハイランドに
ものすごく行きたがりました。笑
まあ、それは次回と言うことで勘弁してもらいました。

Toshi さん、いろいろアドバイス、ありがとうございました。




来週は、まだプランを決めてませんが、成田にあるタイのお寺、ワットパクナムに行こうかと
少し考えはじめています。

ワットパクナムについては以下のエントリをご参照ください。

日本の中のタイ - ワットパクナム (前編)
日本の中のタイ - ワットパクナム (後編)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

by plastictakata | 2008-11-24 01:56 | 日本  

美佳のパッツン復活!! (一部)


今日、出かけようとしていると、美佳がたんすの奥から何かを出してごそごそやっています。
何をしてるのかと思ったら、半年以上着ていない、パッツン制服を取り出していました!!!

往年のプレーの激しさ(笑)を物語る擦り切れたパッツンは着る以前に、ボロボロすぎて使用不可でしたが
二番目に短い股下3cm級 (丈18cm!!!!)のスカートは、なんと着ることができました!! パチパチ

ただ、シャツの方はやはり厳しくて、かなり大きめのサイズしかまだ着れません。
まあ、美佳の胸は今、相当に大きくなってますからね。
美佳曰く「元々胸の大きな女子大生は、どんなパッツンを着てるんだろう。
(ご存知の方、ぜひ教えてください)

ともあれ、久々にパッツンを着てお出かけです。
靴は当然、定番の13cmヒールの白エナメル・パンプスです。

b0098969_3454910.jpg


出かけに、お母さんに「あなた、学校なんてどうせ行かないくせにどうして制服を着てるの?
と、言われてしまいましたが、気にしないことにします。笑

いやあ、やっぱりパッツンを連れて歩くと
気分が爽快ですね。
たとえ雨が降っていても晴れやかな気分になります。

街ですれ違う人々が、美佳の姿を見た瞬間、凍りつくのも、見ていて楽しいです。
あまりに楽しくて、今日は深夜までいろんなところをデートしてしまいました。ははは。

いやあ、やっぱりパッツン最高!!!

そろそろ美佳との離婚の時期かな、と考えなくはなかった今日この頃ですが、
そんな考えは吹き飛んでしまいました。

パッツン万歳!!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

by plastictakata | 2008-11-10 03:46 | 日本  

K町 - 消えかかる暗黒の香り

今日は、美佳と都内の某K町に買い物に行きました。
K町と言えば、日本でも最大級の暗黒の街!!
暗黒のオーラを漂わすフィリピーナが多数棲息する街でもあります!!
私もタレントがたくさん居た頃は、毎日のように通っていたものです。笑

K町が近づくと、車内からもあのK町名物のラブホテル街が見えてきます。
カーステレオからは計ったかのようにフィリピンソングが流れてきます。
(美佳はフィリピンが大嫌いなはずなのに、
なぜか私の iTune の中にあるフィリピンソングがお気に入りで
iPod にも数曲落としてるんですよね。)

b0098969_215192.jpg

kitchie Nadal - wag na wag mong sasabihin


アサワ(フィリピン人の前妻)と結婚後、ドライブでK町に来た時のことを思い出しました。
アサワコー!! あれ、二人、最初 行ったホテル!!
え? 違うだろ? あのホテルは二回目で行ったホテルだよ。
最初のホテルはその通りの向かい側!!

違うダヨ。初めてホテルは、コレ。
アッチ(の)ホテル(は)、アサワコ、他の女と行った(に違いない)!!(怒)
アサワコ パロパロ!! ふーっ!!


今、冷静になって考えれば、二人で最初に入ったラブホテルは
そのどちらでもなく
隣の駅のK戸のホテルだったような気がします。爆

まあ、二人とも、やりたい放題凸凹してたってことですね。
タレント全盛時には、どこにでも、よくあったような話でしょう。

買い物終了後、美佳がどうしてもというので、
フィリピンのサリサリストア行きました。笑
あれだけフィリピンが嫌いな美佳なのに、フィリピンの曲は iPod に入れるし
サリサリストアは来たがるし、実はフィリピンが好きなんでしょうか? 笑

とこあれ、店の中で美佳が言います。
これもタイ製、あれもタイ製。ほら。
確かに、食品の多くは、タイ文字が書かれています。
フィリピンの数少ない名産であるマンゴーの売り場まで、なぜかタイ製のナムドックマイで占められている始末です。爆
どうしてフィリピンのお店なのに、タイの食品ばかりなの?

うーん、どうしてなんでしょう。
フィリピン本国では、タイ製食品はここまで多くないと思います。
まあ、USのスーパーマーケットでは、中国食品も日本食品も
一緒くたに売られているのと同じようなものなんでしょうか。笑

ともあれ、おかげで美佳の欲しい食材も化粧品も無事に買うことができました。
途中、配達のピノイ君が店に入ってきましたが、なんと私の知っている男の子でした。爆
彼は、私の顔を見て、一瞬、はっとした顔をしましたが、気配を察してか、
知らないふりをしてくれたのには助かりました。
さすが!! 子供の頃からお水の世界に居る子は勘がいいです!!

たとえ男の子でも、知り合いが居るのがバレたら、美佳の尋問が始まるところでした。笑
どうして知り合いがいるの?
あなた、この街に本当によく来てたのね。
フィリピンのお店がいっぱいあるからでしょ。(興奮気味)」
あなた、本当にフィリピンが好きなのね!!!!(激怒)」

お店を出て歩いてると、新しく出来たタイレストランをいくつか見かけました。
そのうち一つは、昔フィリピンレストランがあったところだと思います。
店の前にたむろしていた色黒い男たちと言葉を交わしたら、イサーン語が返ってきました。(当たり前か)
ただ昔は、この界隈にいる色黒な人々は、大抵フィリピン人だったんですけどね。

日本にいるタイ人全体が増えたとは思いませんが、フィリピン人の減った分、
タイ人のプレゼンスが相対的に大きくなっているんですかね。

このK町に、暗黒のフィリピーナたちがあふれかえって居た時のことを思うと
今更ながらに、大きな変化を感じざるを得ません。
ちょっとした哀愁を感じた一日でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

by plastictakata | 2008-11-09 02:01 | 日本  

理想的なおもちゃ

尼羅も生後二ヶ月になってきて、だんだん視覚聴覚も発達してきました。
もう母親の顔も声も認識できます。

この時期になるとおもちゃが活躍しはじめるんですよね。
今週、久しぶりに日本に帰ると、美佳と母親がおもちゃを使って尼羅をあやしているのに気がつきました。

おもちゃなら、超高速ハンモックのような危険はないはずなので、安心です。
しかし、ふと気がつきました。

美佳と母親が使っているおもちゃは、私が買ったおもちゃではありません。
また、誰かにもらったものでもありません。

赤や金の派手な色があって、ひらひらみたいな尻尾もついています。
そして鈴がついていて、音が鳴ります。
美佳と母親は、それを尼羅の前で振りながら、あやしています。

まあ、このおもちゃのような物、色や音、形はこの時期の赤ん坊には理想的なんですが、
なんだか妙な胸騒ぎがします。

そのおもちゃを美佳から奪って見てみました。
するとおもちゃだと思っていたそれは、なんと.....

神社のお守りでした!!! 爆

b0098969_16284160.jpg


うーん、どうなんでしょう。日本の神様。
美佳と母親は日本人ではないので、バチはあたらないでしょうか?

確かに、赤ん坊のために私が買ったものには違いないんですけどね~。

by plastictakata | 2008-11-07 16:28 | 日本  

超高速ハンモックのその後

今日は、美佳と病院に行ってきました。
まあ、妄想ではなく、本当に出産した奥さんがいる(いた)人にはお分かりだと思いますが、
出産後の女性は、いろいろ病気が出てきます。
美佳も、結構酷い痔と、感染症(性病ではないです!! 笑)、その他いろいろと病気になってまして
ここのところ毎日のように病院に通っています。

今は痔はだいぶ治ってきたんですが、それでも、毎日お尻の穴に薬を入れないといけません。
自分で入れるのは難しいので、それを入れるのは私の役割なんですが、
毎晩、12時を過ぎた頃になると、美佳が私のところに薬を持ってやってきます。
そして、「rew rew (早く、早く)」とせかします。

薬(チューブ)をお尻の穴に突き刺し、中身をチューっと直腸の中にぶちまけるのですが、
美佳が痛がりながらも、毎晩ねだってくる様子をみると、
なんだか変な気分になってきます。笑

ちなみに、美佳のお腹は若いだけあって、もうかなりへこんできました。
17cmの超ミニスカート(凹下2cmくらいです!!)をはけるようになっています。
まだ、上半身に少し肉が残ってますが、
パッツン復活も近いですね。笑




昨日のエントリにも書いた超高速ハンモックですが、POPOさんの指摘どおり、
赤ん坊にはよくないんですよね。

昔は、「高い高い」は、赤ん坊によいと思われてました。
赤ん坊が泣き止むし、キャッキャッと笑いさえするので、喜んでいるのだと皆信じていたのです。
しかし、現代の医学が言うところでは、それは赤ん坊は喜んでいるのではなくて、
恐怖のあまり悲鳴をあげているのだということです。
....まあ、ここまでは私も知ってました。

ただ、今日調べてみると、頭を強く揺するのは、Shaken Baby Syndrome になって、知能障害や視力障害になる危険性まであるそうです。

ただ、ここから先が難しい。
これをそのままお母さんに説明しても、全く理解してもらえないだろうし、
拗ねて育児放棄する可能性が大です。
いや、お母さん、かなり子供なんですよね。

フィリピン人やタイ人と結婚してる方はお分かりだと思うんですが、
田舎の方の出身の彼らって、教育のせいなのか、直感に反するような場合、
科学的な説明をまず理解できないんですよね。
目で見てそのままのことしか理解できない。

まあ、事象の抽象化の訓練を子供の頃からほとんどしたことがないから、
出来ないのは当たり前だし、彼らのせいでもないし、頭が悪いのでもないんですけどね。

地動説でさえ、彼らに理解させるのは至難のわざだと思います。

赤ん坊が泣き止んだ
( = 私の問題は解決した )
-> これは正しい行為だ!!!


という発想なんですよ。
見えない部分で何が起こってるかとか、将来への影響には、考えが及ばないんですよね。

まあ、ただ、知能障害や視力障害の危険性もあるとまで聞いて、私もさすがにこのままでは、
まずいと思ったので、おそるおそるお母さんに言ってみました。
ゆっくりしたスピードに変えてくれないか、と。

すると、お母さんは、戸惑った顔をしながらも、
少しだけ、揺らすスピードを落としてくれました!!
(それでもまだ、一秒当たり1反復くらいのペースですが。笑)

ただ、私がふと目を離すと、また急加速してます。爆

私も思い悩みましたが、意を決して美佳を通じて、以下のことを説明しました。

1) 強く揺らすのは、脳に重大な障害を引きおこすこと
2) ゆっくりと揺らすのなら問題なく、赤ん坊にとっても良いこと
3) スピードの問題だけなので、ゆっくり揺らすようにして欲しい


すると.... お母さんはハンモックを全部解体して、ふて寝てしまいました。

ま、ほぼ予想通りの結末ですね。
何が悪いのか、全く理解できないんでしょうね。
「赤ん坊が泣き止んで何が悪い!!」くらい思ってるのでしょう。

うーん、本当に難しいですね。

フィリピン人やタイ人相手に、訓練してきたつもりの私ですが、
自分自身のことでなく、赤ん坊のこととなると、また、話が違いますからね。
自分のことだったら、最悪自分が我慢するか、拒否すればいいんですが....

ちょっと今日は楽しいオチが見つかりません。

by plastictakata | 2008-10-28 01:31 | 日本