<   2007年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

[3月訪タイ記] III 第二日 - 病院へ

第一日目に書くのを忘れましたことがあります。
今回、空港に到着してから美佳に会うまで、空港内を歩いていると
いるわいるわ、きれいな脚をしたおねえちゃんがゴロゴロいます。
いやあ、いいですねえ。

きれいなお姉ちゃんが遠慮なくミニスカートをはいて美脚を
見せてくれるのは、本当に最高です!!

....という昨晩のことを思い出す夢をみていたかどうかは忘れましたが、
朝起きてすぐに、美佳と凸凹に励みます。
すると、いつもと違ってなんだか妙に痛がります。
おかしいな、と思って、凸凹を終了しました。

美佳はすぐにシャワールームに行きました。
そして、30秒後、とんでもない悲鳴をあげながら美佳がベッドに戻ってきました。
見ると、凹が... 凹が....凹がない!!

b0098969_10422549.jpg
代わりに、見たこともない物体が美佳の股間についています。
子供の凸くらいの大きさ、いや、私の粗末な凸よりは大きいくらいの
タラコのようなものが二枚、美佳の股間に張り付いているんです!!
これが、美佳の凹が極端に腫れ上がってる状態なのだと理解するのに数秒かかりました。

なんじゃこりゃ!! と思って、ベッドのシーツをみて気がつきました。
人間のものとは思えない色の液体のシミがベッドについています。

そして、それ以外にも異常な物質があちこちに....

そういえば、先月、美佳が性病で手術を受けたといっていましたが、
それが何だったのか、結局はっきりしないままでした。

早速、PCで、性病を調べました。
しかし、この美佳の症状すべてに合致する病気はありません!!
これは、ちょっとびびりましたね~。
なんせ、凹は巨大なタラコに膨れ上がった状態ですしね。笑

とにかくすぐに、病院に連れて行くことにしました。
現地在住のガオさんと連絡を取り、その関連が強そうな病院を紹介してもらいました。
そして、速攻で予約をいれます。

病院とのやり取りは、昔、アメリカで性病を見てもらった時の経験が活きましたね。笑

b0098969_10425945.jpg
予約まで、少し時間に余裕があったので、美佳をつれて昼食をとりに行きます。
ホテル近くの鴨料理専門の店でした。
鴨肉入りの麺をオーダーしました。
観光客もほとんどいない、完全ローカルのお店なので、英語は全く通じませんが、
味は抜群!! いやあ、食事がうまいと人間、幸せに浸れますね!!
気持ちのいい凸凹より、美味しい食事の方が効用が高いとつくづく思います!!
病気の不安も一瞬は、忘れてしまってましたね。

b0098969_10432121.jpg
BTSに乗って、病院まで行きました。
美佳は、歩くたびに凹が痛いようでした。
まあ、あれだけ腫れ上がってたら仕方ないですね。笑

病院はすいていて、すぐにドクターと話ができました。
ドクターに状況を説明します。
ドクターは英語が堪能なので、美佳が先月、病院で何の治療を受けたかも
翻訳してくれました。
ただ、美佳はドクターに本当のことを全部は言わなかったですね。

私からも、ドクターに説明します。
巨大に腫れ上がった美佳の凹の写真も見せましたがドクターはさすがに
驚いた様子はみせなかったですね。。
その後、美佳の凹の内診と凹液検査を行いました。

一体何の病気なのか、結果が出るまで、好奇心半分、不安半分です。

結果は.....
なんと三つの病気の併発でした。
いやあ、おかしいですね。
美人は性病なんかにはかからないはずなんですが!! あはははは。

まあ、三つとも大したことのない病気なんですが、
その症状が三つ重なったので、単一の病気ではありえない症状が出ていたようです。

いやあ、びっくりしました。
それにしても、美佳が他の男と凸凹しているのはこれで明らかになってしまいましたね。笑
私の検査結果は全部陰性でしたからねえ。

b0098969_10433783.jpg
美佳をからかうと
「違う。私は結婚してから絶対に他の男と凸凹してない!!」
と、必死で否定します。

まあ、凸凹しないで、どうやって三つも性病をもらうのか、わかりませんが!!
私は検査で全部ネガティブだしなあ。
いやあ、タイでも科学の法則を超えた現象が起こるんでしょうか? 笑

ん? よくよく考えれば、三つの病気のうち、一つは私があげたものだったな。爆
許せ、美佳!! 薬を飲んで早く完治してくれ!! 笑

by plastictakata | 2007-04-29 10:43 | タイ  

[3月訪タイ記] II - 第一日 - Lalann さんと初対面

スクンビット某所の待ち合わせ場所に着きました。
時刻は既に夜中の3時を回っておりますので、周辺のお店はもう結構閉まっていました。

b0098969_12311845.gif
我々より先についているはずの Lalann さんを探しましたが、
周辺に凸を買ってそうな日本人女性は見当たりません。

おかしいな、と思って電話してみました。
すると、目の前にいた色白のきれいな女性が携帯電話を取り出しはじめました。

えーーーーーーーーーー!?

めちゃくちゃきれいな人ですよ。
でも、確かにかわいらしくも男前のタイボーイが横に付き添っています。

一応、確かめるために電話で「もしもし」と言ってみました。
すると、目の前に立っていたそのきれいな女性が、こちらを胡散臭そうな目(※)で見ながら
「もしもし」と日本語で答えました。
(※ Lalannさんは、私の予想以上のの加齢臭に顔をしかめたようでしたが、
隣に居た美佳のパッツン姿を見て、私だと確信したようです。)

b0098969_12314362.gif
やっぱり、そのきれいな女性が Lalann さんでした。
いやあ、びっくりしましたね。

ちなみに、横にいたC君と美佳のゲイ友達のカレンちゃん(君?)の間に
一瞬、何か電流が走った気がしました。笑

実は、カレンちゃんとC君、最初に一瞬見ただけで、お互いが
ゲイだとわかったようです。
私からすると、カレン君は普通の男の子に見えるし、
C君も普通の男前に見えるんですけどね。
やっぱり、ゲイ同士、相通ずる何かがあるんですねえ。笑

ともかく、どこかで座って話をしようということになりましたが、
この時間、さすがにお洒落系のお店はことごとく閉店していました。
美佳のお勧めの卑猥系のお店もほとんど閉店。
結局、みんなで数十分ほどウォーキングエキササイスをした後、(笑)
とあるオープンレストランで食事をしながら話をすることになりました。

しかし、話をしていても、Lalannさんは、素敵でした。
考え方もしっかりしてるし、そつがないし、頭もよさそうだし、
なんでこんな人がタイに嵌って凸買いをしているのか、わかりません。
まあ、出来すぎる人は意外なものにはまるもんなんでしょうか???

一時間ほど、お話をした後、レストランの前で、Lalannさん、C君と別れました。
ここで、カレン君(ちゃん?)も、彼氏の家に帰って行きました。

b0098969_12321145.gif
美佳と私はホテルに戻りました。
帰りにセブンイレブンによって、買い物をします。
特に、SIMカードを買うのを私は忘れませんでした。

どうしてSIMカードを買うの
と、美佳が聞いてくるのに答える代わりに、美佳の携帯の SIM カードを交換しました。
そして、美佳のSIMカードは私が預かりました。

これで、アサワと美佳が毎日会話するのを避けることができます。
いやあ、一回二回、三回、くらいなら面白いだけなんですが、
さすがに毎日話されると、私の言い訳の辻褄も合わなくなってきますから。笑

さて、ホテルに着きました。時刻はすでに5時近くになっています。
が、やることは決して忘れない二人です。
ましてや、今日は美佳はパッツンを着てますからね。
私が萌えないわけありません。
美佳はドクターから凸凹禁止令が出てましたが、
そんなものは犬猫並みの性衝動を持つ我々には、関係ありません。笑
激しく凸凹しながら初日の夜は更けていったのでした。

by plastictakata | 2007-04-28 12:36 | タイ  

嵌り中

ゴールデンウィークまでに3月訪泰編を終わらせたかったのですが、
なんだか危うくなってきました。
この土日に、書き溜めようと思ったんですが、先週から美佳と嵌りまくっていることがありまして...
仕事も手につかないどころか、寝る暇もほとんどないです。笑

もうこの一週間、ほとんど寝ずにそれをやっています。
今日もまた...気がつくと12時過ぎてるんだもんなあ。

先週は、書き溜めてた分でエントリを入れましたが、それも、金曜日で尽きたので
今、新エントリを入れるのは、かなり厳しい状況です。

3月訪泰編、書くことは山のようにあります。

LALANNさん、病院、裸踊り、二人での飲み会、タイダンスレストラン、
裸踊り part2、日本料理屋、パッツンデート、遊園地などなど...

いやあ、それにしても、タイって何度行っても、どうしてあんなに
書くことが次々に出てくるんでしょう? 笑

まあ、それはともかく、ゴールデンウィーク前までに
3月訪タイ編を完結するのは怪しくなってしまいました。

まあ、明日なんとか第一日の後半編を書こうと思います。

...といいつつ、また美佳とのあれに嵌るんだろうな。笑

by plastictakata | 2007-04-23 02:15 | タイ  

[3月訪タイ記] 第一日 - 到着

予定より若干遅れて、BKKに飛行機は到着しました。
入国審査に向かうと、今回はほとんど人が並んでいなかったですね。
5分ほどで通過できました。笑
こういう時は、荷物が出てこなくて、待ちぼうけになるケースがあるんですが
今回は荷物も10分ほどで出てきました。
b0098969_2503022.jpg


荷物待ちのフライトアテンダントを観察する暇すらなかったですね。笑
飛行機到着から、税関を通るまで、実に20分ほどでした。
こういうこともあるんですね。

さて、出口を出てから美佳に電話すると、既に待ち合わせ場所まで来ていると言うこと。
すぐにその場所まで行きましたが、なぜか美佳はいません。
前回、別人のように下品な茶髪になって現れたケースもありますから、
近くの若い女性を見わたしますが、美佳はいません。

で、電話をすると、なぜかかなり離れたところに座っていました。
私が美佳の方に向かいましたが、なぜか美佳は立ち上がりません。
座ったままです。
不思議に思いながら、近づいてハグした時に気がつきました。
なんと、美佳はジャケットの下にパッツンを着てました!!

b0098969_251426.jpg

いやあ、確かに出発三日ほど前、言いましたけどね。
私、本気で言ってなかったんですよ。
交渉の一環として言っただけだったんだし美佳はそれは嫌だと言ってたんですよ。
なのに当日になったら、きっちり顧客ののリクエストに応えてくれるあたり、さすがです!!
タイガールの商売のうまさサービス精神の旺盛さには、ちょっと感動しましたね。

まあ、とにかく、この超ミニスカートのパッツンを着て空港を動き回るのは
嫌だったらしく、それで立ち上がらなかったようです。

b0098969_2504715.jpg

美佳の脇には、美佳のゲイ友達のカレン君がいました。
彼は普段、チェンマイで大学生をやっているそうですが、ここ2週間ほど、
美佳の家に寝泊りしてるのは前から聞いていました。
後で、本物のゲイだと確認できましたが、ゲイでも凸はありますからね。
まあ、美佳と凸凹しててもおかしくないですね。笑

b0098969_2511964.jpg

さて、三人でタクシーに乗り込み、私のホテルに向かいます。
(今回は、仕事の関係上、ネット環境が悪い美佳のアパートには泊まれませんでした)
とりあえず、待ち合わせを確定させるために Lalann さんにメッセージ & 電話をしました。
予想以上に素敵な声で、なんだかいい予感がします。

それが終わると、今度は、美佳が携帯を取り出し、録音した何かを私に聞かせてくれました。
美佳が携帯で誰かと話しているのを録音したようです。

美佳が、昨日の電話だったと言います。
電話から録音された美佳の声が聞こえますが、相手の声が低くて良く聞こえません。
そこで携帯に耳をつけてききました。
すると、携帯から、なんだかとても低い女性の声が聞こえてきました。
地獄の底から響いてくるようなおどろおどろしい声です。
美佳が私の耳元で言いました。「あなたの奥さんよ。」

確かによくよく聞くと、アサワの声です。ただ、こんなに恐ろしいアサワの声は
付き合ってから結婚して今にいたるまで、一度も聞いたことがなかったです。

b0098969_2521739.jpg
アサワは、美佳の年齢を聞いたり、いつ私と知り合ったかとか、
いつ私がタイに来たかとか、日本語が話せるかとか、美佳を質問攻めにしてました。
美佳は多少びびりながらも、正直に全部答えてましたね。笑
(答えなくてもいいんだけどね~ 笑)

そして、最後に呪うような声でこう言いました。

"あなたが私の人生をめちゃくちゃにした"
"でもねえ、これだけは、知っておきなさい。
I'm still Toru's Legal Wife.
"

b0098969_2523241.jpg
そして、録音が終わりました。
いやあ、すごい会話でした。
そして、再生が終わると、美佳が私に言いました。
あなた、フィリピン人の奥さんがいるでしょ。
彼女、あなたのこと全部知ってるし、こう言ったわよ。
"I'm LITTLE wife" って。

ん? Little Wife???
いやあ、美佳が英語があまり出来なくて助かりました!!
アサワは、legal wife (正式な妻)と言ったのを、美佳は
little wife と聞き違えたようです。
私の知る限り、little wife は正式な英語ではないですが、
タイ英語では「お妾さん」を意味するようです。

なんと都合のいい聞き違い!!
いやあ、美佳は私を責めながらも心なしかなんかちょっとうれしそうです。

あなた、世界中に奥さんいっぱいなのね。
いやいや、奥さんは君だけだよ。
でも、日本にもアメリカにも、フィリピンにも Little Wife (おめかけさん)がいるでしょ?
いやいや、そんなことは...

本当にラッキーでした。アサワの電話によって図らずも美佳は自分が本妻と、
確信できたようです!!

アサワコ、ありがとう!! タイ英語、ありがとう!!

美佳にツネツネされているうちにホテルに着きました。
チェックインを済ませ、3人で Lalann さんとの待ち合わせ場所に向かいました。

by plastictakata | 2007-04-21 23:59 | タイ  

[3月 訪泰記] 0 - 出発前の出来事

ここ2週間ほどは、痛いオヤヂ考察を書きたいのをぐっと堪えて、旅行記を優先してきました。
うーん、基地外粘着オヤヂの話を早く書きたい!!! 笑 という欲求はたまりまくりです。
なんてったって、痛いオヤヂの文化人類学的分析は私のライフワークですからね!! 笑

ただ、最近旅行記を書くのが遅れまくっていて、現実の日付からずいぶんと離れてしまっています。
記憶がなくならないうちに旅行記を書いてしまわなくては...
そういうわけで、痛いオヤヂ記はしばらく我慢して、明日より3月訪タイ編を書きます。
今日はその予告編です。

前回、2月半ばに訪泰してから、3月下旬に訪泰するまで、一ヶ月以上のブランクがありました。

年末にケコーンした後、三船美佳はしきりと
あなたはもう私の旦那さんでしょ? どうして奥さんの私と一緒に住まないの?
と、うれしい営業をかけてきて愛情表現をしてくれます。笑

ただ、そう言われても、タイに行くのは、一ヶ月に一回が精一杯だし
だいたい、美佳と一緒に過ごす日にちが増えれば増えるほど、渡さないといけないお給料も増えますから、とてもやってられません。笑

いやあ、仮にも夫婦と言ったところで、一晩いくらに換算してお金を渡す時には現実に戻されます。爆

で、この一ヶ月の間、私の方は、渡比を一度してました。
日本にいるフィリピーナアサワが美佳に電話攻撃しはじめたのは、この時でした。
その後、アサワの美佳への電話はすさまじく、夜中に何度も何度も行い、
美佳は耐えられなくなって、電話の電源をオフにするようになりました。
すると、今度はアサワは美佳の両親にまで昼夜を問わず電話しはじめ
(言葉は通じないが、「美佳」「トオル」という固有名詞だけは通じた)
それが原因かどうかは分かりませんが、とうとう美佳の両親は離婚してしまいました。笑
このアサワからの美佳への電話攻撃は、その後も断続的に続きます。
3月に私が訪泰した時にも続いていました。

さて、一方で、2月の訪泰後には、美佳の方にも大問題が発生してました。
ある日、美佳からメッセージが来ました。
私もう死ぬ
そして続けてもう一通
一体彼女に何をした?

意味がわかりませんでした。「彼女」って誰だ?
実は、ポーンが美佳の携帯から私にメッセージを打っていたんですねえ。
一通目のメッセージが、美佳本人から。二通目がポーンからだったようです。

どうやら、美佳が病気になって、手術を受けたそうです。
で、その付き添いがポーンだったらしいです。
あまりの美佳の痛がり様に、ポーンも思わず美佳の電話から私にメッセージを
打ったようです。

この手術の後、美佳は入院し、その後家に帰ってからも、一ヶ月くらい
全く身動きできなかったんですが、その間の身の世話は、ポーンがやってくれたようです。
持つべきは現地彼氏ですね!! こういう時、現地彼氏は重宝します!! 笑

ん? 美佳は何の病気で入院したのかって? 「死ぬ」というくらい痛い病気って何かって?
決まってるじゃないですか.... 性病です。爆

いやあ、しかしこの時は、何の性病か、何度聞いてもわからなかったので、相当焦りました。笑
私も日本で病院に行きましたが、病気はないとのこと。
いやあ、美佳、私に隠れて仕事してるのがモロバレですね。あははははは。
ポーンがそれをもらってるのも確実ですねえ。笑
性病が一体何だったのかは、3月訪タイの時に明らかになります。

で、美佳は手術後、お医者さんから一ヶ月間の凸凹禁止を言い渡されました。
一ヶ月も仕事できないのは、美佳にとって痛いと思います。
まあ、仕方ないですね。

....とはいいつつ、ポーンとはせっせと凸凹に励んでいたと思います。爆
まあ、そのあたりの行動パターンは犬猫レベルですからね.....苦笑

ところで、訪泰直前になって美佳が言い出したことがあります。
もうパッツンを外で着るのは嫌なの。
お部屋の中ならいいんだけど、外だと恥ずかしい。

この辺が美佳の不思議なところです。私が言わなくても自主的にパッツンを着て
パンツ丸見えのまま、踊ったり、ビリヤードをするかと思えば、
時々、妙に恥ずかしがってパッツンを着ること自体、嫌がります。
全く不思議です。
他にも、美佳は軽い二重人格じゃないかと思うときがよくあるんですが、
この恥じらいのなさと、妙なシャイさのギャップも、結構大きいです。
演技かとも思ったこともあったんですが、どうもそうではない気がしてきています。

まあ、タイガールは、お客によって恐ろしいほど露骨に態度を変えるのはこれまで何ども見てきましたからね。
(痛いオヤヂがとことん冷たくされてフィリピンに逃げ帰るのは有名な話です。笑)
美佳に限らず、タイガールによくある性質なのかもしれません。

※2月に、タイの女子大生が超セクシーパッツンを着て、アメリカ人とお寺で
異常に仲良く」しているのが報道されて、タイ国内で大問題になりました。
美佳の発言は、この件とも関係あるようです。

それはともかく、パッツンを着てくれないと、パッツンガールの意味がありません。笑
そこで、私はむしろ逆に、今まで以上に強硬に美佳に今後もパッツンを着るように言い渡しました。

そして、3月訪泰の際には、空港までパッツン姿のまま迎えに来るように言いました。
すると美佳は「嫌だ。絶対できない。」と言いました。

そこで妥協として、空港に着て来るのは勘弁するけど、その代わり、パッツンデートはこれまでどおり行うことを、約束させました。
思ったとおりに交渉が運びました。ははは。

ところで、2月と3月の訪泰の間には、美佳とは全然関係のない事件もありました。
タイに嵌っている日本人女性、LALANNさんとネットで知り合ったのです。
可能だったら3月にクルンテープで会おうということになっていました。
こちらも3月訪泰では楽しみな項目の一つでした。

というわけで、明日よりいよいよ3月訪泰編を書きます。

by plastictakata | 2007-04-20 23:59 | タイ  

[2月 渡比記] IX - 後書き

日本に到着した後、美佳に電話しました。
あいかわらず、まだ怒っています。
まあ、とりあえず、奥さんがほとんど全てばらしてしまっているので
弁解のしようもないのですが、
こういう時こそ、昔鍛えた嘘八百のテクニックがいきます。

自分でも信じられない白々しいことを適当に言って、最後には
"I trust you. I don't believe what she said."
と、言わせました。

やはり、長年築いてきた金の関係信頼関係は簡単には揺るぎませんね!! 笑

とはいえ、その後も、アサワは毎日のように美佳に電話をして
秘密をさらにどんどんばらしてくれるので、
その後の私の言い訳も毎日どんどん苦しくなる一方でした。

特に、イサーンでの結婚式に参加してくれた、フランソワとS太君の話が
出たときは致命的でしたからね。
アサワも、この二人に会ったことがありますからね。
フランソワの名前、黒人系フランス人であること、S太君の身体的特徴が
ずばり言い当てられたときは、美佳もさすがに、電話の主(アサワ)が、
私と相当緊密な関係だと気づいたようです。

美佳は最初、アサワのことを日本人妻だと思っていたようですが、
途中で、フィリピーナだと気がついたようです。
というか、アサワがそう言ったみたいですね。

しかし面白いのが、アサワに『美佳に毎日電話してるだろう?』と聞いても
知らない。何のことかわからない。あなたはいつも私より他の女のことを信じるのね
と言うことです。

ははは、アサワ以外、S太君やフランソワのことを知ってるフィリピーナなんて
いないんですけどね。
こういう、あからさまにバレバレな嘘をつくあたり、フィリピーナ特有ですね。
どうしてそういうことをするのか分かりません。
で、部屋では以前と変わりなく私と甘い甘いするわけです。
どういう心理なんでしょうねえ.... やっぱりお仕事ってことですかね? 笑

さて、アサワの美佳への電話攻撃は、結構すさまじくて、日に何回もするそうです。
どうやら、アサワが仕事を終えて、家に帰ってくる前に何度も電話をするそうで、
美佳は夜中に何度も何度もたたきおこされるそうです。
おかげで、美佳は睡眠不足になってしまいました。
そうか、あれはアサワの美佳の両親にまで電話をし始めました。
美佳の両親は、英語が全く話せないんですが、それでも、「美佳」という
固有名詞だけは分かります。
昼間、夜中の区別なく、両親に電話しまくって、「美佳」「美佳」と繰り返すそうです。
お母さんはともかく、お父さんは、昼間仕事をしていますから、この電話攻撃は
相当に迷惑だったようです。苦笑
で、この電話攻撃が最後の一押しになったのか、1週間後、美佳の両親は離婚してしまいました。爆

まあ、美佳とアサワの対決は、まだ次の3月訪泰編まで続きます。

ところで、2月の渡比を振り返って思ったことですが、
ピーナはピーナで悪くないですねえ。
特に、日本のキャバ嬢レベルまでに進化した猿系アイドル顔娘、H美はよかったですねえ。
ピーナも捨てたもんじゃありません。
フィリピンは、私の好きな猿系顔の宝庫ですからね。

ただし....食事、デート環境は相変わらず最悪ですね。
まあ、デートはもう今更開拓もしてないんで、客観的なことはいえなくなってきましたが、
タイと比べたら雲泥の差であるのは揺るぎがたい事実でしょう。

妄想系オヤヂがよく叫んでるみたいですね。
「タイガールの方が、ピーナよりいいかもしれない。しかし、凹買い以外
しない連中に、何がわかるというんだ!!」

でもねえ、タイとフィリピンでは、凹買いよりも、それ以外の差の方がはるかに大きいんだよね。
食事のうまさ、ホテルのよさ、観光スポットの多さ、デートスポットの多さ、
街の普通の人の愛想のよさ、
何をとっても、タイの方がはるかに上。
というか、ほとんど比べるのが失礼なレベルだよ。

何度も言うけど、タイに行く人種とフィリピンに行く人種は全く違います。
片や、新婚カップルや若い女の子も含めた、オシャーレな集団。
片や、加齢臭のあまりの臭さと暗黒のオーラに満ちた痛いオヤヂ軍団。
空港の搭乗口いったら、あからさまに違うのがわかるでしょ?

日本にあるタイレストランと、フィリピンレストランの客層は全く違うでしょう?
両国の差を象徴してると思いませんか?

まあ、今回の渡比はその差をあらためて確認しにいったという所かな。
人間、あんまり美味しいものばかり食べてると、舌がおかしくなりますからね。笑
たまには、変わったものを食べないとね。ははは。

ところで、フィリピンから帰った後、カラオケーナT絵、瓜坊凹売りーナD美、今回は会わなかったアンへレス娘C佳、元じゃぱゆきF奈、などからテキスト、メールが前以上に入ってきました。
さすがですねえ、金の匂いが近づくと、奴らの行動は活発になります。笑

まあ、ただ最近、面倒くさがりの私は、M穂を除いて連絡をとるのをやめてしまいました。
M穂は、社部に飽きたのか、ヤバイ理由があるのか、マニラを引き払って、某州の田舎に
引っ込みました。仕事は本当にやめたらし... まあ、理由はよくわかりません。

というわけで、2月の渡比編は終了。このまま3月訪泰編に続きます。

by plastictakata | 2007-04-19 00:01 | フィリピン  

[2月 渡比記] VIII - 四日目 : 空港からの電話

食事を終えると、ホテルに戻りました。
なんだか別れ際にM穂がぐちゃくちゃ言ってましたが、
美佳とアサワのことが気になった私は
それどころでないので、とりあえず、M穂の胸に札束をねじこみました。
返す刀でM穂のはいているパンツを奪い(※気がそぞろでも、これだけは忘れませんでした。笑)
とっとと一人でタクシーに乗りました。

タクシーに乗ると、M穂の姿が見えなくならないうちに、
美佳に電話しました。
すると....涙声の美佳が出ました。
涙声ですが、なんだか怒ってます。

「私、もう死のうと思う」
(さすが!! リストカット女は、すぐに死ぬ死ぬと言いますね!!)

「どうして昨日から電話でないの?」
(だって、M穂と凸凹してたし...笑)

「私、昨日から寝てないわよ。寝られるわけないでしょ!?」

「あなた、本当は日本に奥さん居たのね。」
(まあ、日本だけじゃないですけど。笑)

「あなたの奥さん、本物でしょ。だってあなたの本名も、生年月日も知ってたもの。」
(在留許可取るのには夫の名前や生年月日くらい知っておかないといけないからね。苦笑)

「私の本名も、住所も知ってたわ。どうして?」
(アサワは、私の携帯のアドレス帳も、メールも全部見てたそうですから。苦笑)

「あなたの日本の奥さん言ってた。あなたは浮気者だって。」
(はい、その通りです!! 笑)

「フィリピンにも、アメリカにも、ロシアにも恋人がいるって。」
(ロシアはいないですよ。笑)

「子供も世界中に、いっぱいいるって」
(いや、それはさすがにないです。日本にいるだけです。笑)

空港に着くまでの30分だけでは全くなだめきれません。入管で並ぶ間も話をしましたが、美佳は全く収まりません。
仕方がないので、あきらめて、マッサージをたっぷり一時間受けることにしました。笑
いやあ、時間が必要なことってあるじゃないですか。

そして、マッサージが終わる頃には、美佳のことはすっかり忘れてしまってました。ははは。
まあ、おかげで日本に帰った後、なだめるのが余計大変になってしまったんですが。笑

そういうわけで、今後の波乱をたっぷり予感させる形で、2月の渡比は終わりを告げたのでした。

ん? そういえば、どうして俺、今回渡比してたんだっけ? タイのありがたさを確認するため
精神修行だったのかな? 笑

by plastictakata | 2007-04-18 20:10 | フィリピン  

[2月 渡比記] VII - 四日目 : 本当の妻

朝、起きると、タイにいる美佳と、日本にいるアサワから
山のようにメッセージ、テキスト、着信が入っているのに気がつきました。
特に美佳からは、珍しく、着信が20回くらい入っていました。
そのわりに、一通もメッセージが入っていないのが不思議です。
いつも、電話よりはメッセージが多い女なんですが。

まあ、美佳は、私がフィリピンに何しに来たか、感づいていますからね。
直接電話して確認しようとでも思ったんでしょう。
M穂がベッドで寝ている間に、美佳へのメッセージを送ります。
ついさっきまで着信があったのに、不思議とメッセージへの返信がありません。

まあ、大して気にもせず、次に、日本にいるアサワからのメールを読みました....
すると、恐ろしいことが書いてありました。

アナタガ遊ぶのは別にいいよ。私はもう慣れた。
でもね、私は今日
あなたの本当のババエと話をした。
あなた、その子と
本当に結婚してたんだね。私はもう全部聞いたヨ。
気が狂いそう。でも、大丈夫。心配しないで。
それでも、あなたの
正式な妻は私だから。
I LOVE YOU

...最後に並んでいた、絵文字のハートマークが、それが真っ青に見えたのは気のせいでしょうか...

ちょっと血の気が引けました。アサワは、これまで、私の携帯に入っている女のほとんどに電話しまくってますが、
(※フィリピンで出産したばかりの木馬娘B美とも、電話で話をしてたのは、ご紹介したとおりです)
なぜか泰娘たちだけには、今まで電話してなかったんですよね。
しかし、とうとう、タイで私が結婚したのが誰だったか、突き止めてしまったようです。

ようやく、美佳がなぜ一通もメッセージを打たず、ひたすら電話だけしてきたか、
わかりました。
アサワには、元々結婚までバレバレだったのでどうでもいいです。
心配なのはとにかく美佳です。私が結婚してたなんて、全く知らなかったわけですから。
至急、美佳と連絡をとりたいと思ったのですが、この時、M穂が起きてきてしまいました。

M穂は最近、シャワーに行くときもべったりくっついて来るようになったので
電話をするどころかメッセージを打つ暇も全くありません

しかし良く考えれば、今更慌てても仕方ないので、空港に行って
一人になってから美佳と連絡をとろうと思いました。
とりあえず、モーニング凸凹どころの気分ではないので、何か言っているM穂を無視して、
荷物をパッキングしました。

チェックアウトを済ませた後、M穂を連れて、レストランNに向かい、
朝食をとりました。
この前の日、大魔王様とテキストをしていて、このレストランNが
話題に上ったので、なんだか行きたくなってしまったのです。
ここの食事もかなり微妙でしたね。やっぱりバンコクに通いすぎると不幸になりますね。笑
舌が肥えてしまいますから。

逆にフィリピンに慣れると、世界中どこの国に行ってもハッピーになれますね。笑
(フィリピン万歳!! 爆)

by plastictakata | 2007-04-17 21:50 | フィリピン  

悪い子

今日、また美佳のとんでもない事実が発覚してしまいました...

いやあ、まあ、前のに比べればましなんだし、
たぶん、タイでは犯罪ではないと思う..
(日本では犯罪かもね)

でも、軽くショックを受けましたね。
眠気が一瞬でふっとびましたよ。
はっきりこの目で見てしまいましたからね。

というか、美佳が見せたがるし。苦笑

今まで、超ミニスカートのパッツン & ノーパンで街を歩かせたり、
凹が見え見えの状態でビリヤードさせたり、
55で全裸ばら撒きさせたりしてきました。

そのたびに、美佳は恥ずかしそうにして、イヤイヤしてたけど、
その割には、二回目以降は無理に頼まなくても意外と素直にやってくれるんで
何かあれっと思うものはあったんですよねえ。

で、今日のことで気づきましたよ。
私が羞恥プレーに目覚めたのが先で、今まで美佳を教育してきたとずっと思ってましたけど、
それはでしたね。

美佳の羞恥プレー趣味に私がのせられてたんですね。
彼女に元々そういう趣味というか、志向があったと、よくわかりましたよ。
まあ、モデルって多少そういう素養がないとできないですけど。

ただ、もう日増しに行為が過激になって行くんで、
この先、一体どこまで行ってしまうのか、ちょっと怖いです...
どっちにせよ、刺激的で楽しいからいいんですけどね。笑

え? で、今日美佳がやってたことは何かって? いや、書けないんですよ。さすがに。
しかし、あの行為を、以前から、自分で進んでやってたとは...
お父さん、お母さん、マービンもポーンも泣いてるぞ!!

俺は...喜んでるかも。爆

by plastictakata | 2007-04-16 19:46 | タイ  

[2月 渡比記] V - 三日目 : 決の穴ほじり

ママが「バーファイン」と悪魔のように囁いてきます。
X奈ちゃんの美脚を眺めていると、それがとても素敵な提案に聞こえてきました。

M穂は、一度3Pを経験してるし、そもそもあの3Pは、M穂が強引に進めてきたんだし、
まあ、文句ないだろうと思って一応、聞いてみました。
『アサワコ、X奈ちゃん連れて帰って、また3Pするよ。』
「.....アヨコ(嫌だ)...」
『へ? なんで? 前はお前が 3Pしようって、強引に誘ってきたんじゃん』
「あの時、すっごくジェラシー感じた。だからもう嫌なの!!」
人を変態道に引きずりこんでおいて、今さら身勝手な女ですね。笑

まあ、そういわけで、結局X奈ちゃんとの3Pはあきらめて、
大魔王様への義を守った(??)のでした。笑

次に入った店のは、ブルゴスのフラッグシップ店とも言える木馬。
席に着くと、すかさず大ママが寄ってきます。
「今日は鐘を鳴らさないの?」
『勘弁してよ~。毎回来るたびに鐘を期待しないでよ。』
「B美は子供が生まれそうじゃない。」
『ああ、写真が送られてきたよ。』
まあ、いつものような会話です。

ところで、ママにドリンクをおごると、だいたい、こちらにもおごり返してくれます。
鐘を鳴らした店では、だいたい同じ扱いですね。

まあ、自分のドリンクよりママのドリンクの方がはるかに高いんで、
その場の会計的には全然ワリにあいません。

ただ、店の大ボス・ママと馴染みって雰囲気がかもし出せるのは、
それなりにいい気分にもなれるし、
何より、ママの機嫌をとると、連れの娘が鼻高々のようなんで、
そのための投資ってとこですかね。
これをわりにあうと考えるかどうかは人によって違うかな。

さて、ステージを見ると、かつての馴染みの娘、A子がいたので、席に呼びます。
このA子、相変わらずスタイルは抜群です。肌もすべすべ。
遠慮なく、といいつつも、M穂からは見えにくい角度から
美脚と凹をさわりまくります。

さわりまくりながら、ステージの娘たちをチェックします。
この夜はレベルがいまいち低かったようにも
思いますが、何人かはかわいらしい子がいましたね。
しばらくすると、M穂が「J子がいた」と言うので、
ついでにJ子も席に呼びつけます。

J子は、嫌がって席に来ようとしませんでしたが、無理やりM穂が引っ張ってきました。
昔、88インターネットカフェで、対決しそうになったM穂とJ子ですが、
今は仲良く話をしてる....ように見えます。
この辺、女同士の関係はよくわかりませんねえ。

J子は、B美のことがあるからか、私には話しにくそうにしてましたが、
ぽつりぽつりと、B美のことを話し始めました。
私も、最近、B美からメールが来て、赤ん坊の写真を見たこと、
日本のアサワがB美と電話してしばらく話してたこと、などを話しました。

そうそう、ブログで書いてなかったと思うのですが、
日本にいるアサワ(フィリピーナ)は、B美と何度か電話で話してます!!
赤ん坊の写真まで受け取ってました。
このあたりのアサワの行動も意味不明です!! 笑

ともかく、J子を見てると、相変わらずかわいい顔をしてます。
昔とは比較にならないくらいドギツイ化粧をしていますが、
それは○ク○タシーのやりすぎでヤツれた顔を隠すためなんでしょうか? 笑
ともかく、そのド下品さも、それはそれでエロくていいです。

例によって、M穂から見えにくい覚悟で、J子のビキニの脇から手をいれ、
J子の決の穴をほじくりはじめました。笑
普段、超生意気なJ子ですが、この時は、なぜかおとなしくしてましたね。ははは。

たっぷりA子の美脚と凹、J子の決の穴を触ってると、そろそろM穂が飽きてきたようです。
仕方ないので会計を済ませて、ホテルに帰ることにしました。

ホテルに帰った後は、お決まりの凸凹。
ノーパンで歩き回って興奮したのか、X奈ちゃんのことで、嫉妬心をかきたてられたのか
M穂は妙に興奮してましたね。
そして凸凹しながらこの日の夜も更けていったのでした....

by plastictakata | 2007-04-16 00:01 | フィリピン