カテゴリ:USA( 23 )

 

上司の奥さん

昨日、打ち合わせで初対面した同僚、なんとフィリピン人でした。
へー、フィリピン人なんだ。俺、昔何回か逝ったよ。
あ、でも、私、中国系だから!!(きっぱり)」 
(彼女、かなり色は黒くて鼻は低く中国系というよりは典型的フィリピン顔ですが。笑)
そうなんだ
それに、フィリピンは親戚ももういない!! 行った事もない!!(きっぱり)」

いやあ、どうしてなんですかね。
US で会う同僚のフィリピン人って必ずフィリピンとの関わりを否定したがりますよね。

フィリピンでの殉教を夢見る寒汰氏や凹買いオサーンは
フィリピンが世界で一番よい国だと思っているのに
当のフィリピン人たちはなぜかフィリピン人と言われるのを極端に嫌がりますね~。
不思議です。笑

いっそのこと、フィリピン在住のフィリピン人と凹買いオサーンと住む国を交換したらいいんじゃないですかね。
それで双方ハッピーでしょう。笑

だってね、凹買いオサーンは、フィリピンを愛して愛して愛しきってるんですよね。
だったら、凹売り娘がいないフィリピンだって愛せるはずですよね~。笑

ちなみに、この同僚の彼女、話の内容からしてかなり純粋フィリピンです。
他のアメリカナイズされたフィリピン人同僚とは全然違う臭いがします。

で、結局、明日 Daly City (SF Bay Area における暗黒フィリピン人の聖地!!)に
一緒にフィリピン料理食べに行くことにないました。

あ、フィリピン関連ならもう一人誘おうよ。
誰?
あなたの上司(つまり私の上司)。彼の奥さん、フィリピーナだから。

えええええええ????? 
知りませんでした。
今月から私、新しい上司の下についてたんですが、
彼の奥さんがフィリピーナだったとは!

暗黒色の運命の糸をまた感じました。笑
ちなみに、私の上司は白人系のアメリカ人です。

(ここまでが昨日の話です)



先ほど、上司の奥さんを紹介されました。
(うちの会社は、みな家族を会社に頻繁に連れてきます)

上司 「Toru、紹介するよ。これがさっき話した僕の奥さん
私   「おー、イキナガガラック キタン マキララ」(手を差し出す)
上司の奥さん「..................なんかタガログに聞こえるけど... nice to meet you」 (かなりタイミングが遅れて握手)

タガログに聞こえる」って、意味は完全に理解しているくせに白々しいですね。笑

上司の奥さん「私、確かに両親がフィリピン人だけど、
私は US で産まれたし、タガログなんて一言もわからないから。

いやあ、本当にどうして、こうもフィリピン人は皆、出自をはずかしがるんでしょうね~。
凹買いオサーンが毎年何人も殉教するほどの素晴らしい国のはずなのに不思議ですね。笑

ちなみに、上司の奥さん、日本語はそこそこできそうです。
私の「サラマポ」に対して、間髪居れずに「ありがとうございます。」と、とても綺麗な発音で返してきました。
仕事で日本に半年居た(爆)こともあるそうです。
そして、とてもきれいな人でした。

ま、でも、じゃぱゆきではないと思いますがね。笑

ところで、結局、Daly City 行きは中止になりました。
理由は不明です。爆





凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-10-23 15:06 | USA  

US 出張 VI - Ferry Building Marketplace

サン・フランシスコ市内に来るのは、もう20回以上にはなりますが、
まだまともな観光をしたことはほとんどありません。

今回も、市内では一泊だけだし、ほとんど暇がないかと思ったんですが、
ホテルの近くにお勧めの場所があると、同僚に教えてもらいました。
最終日、空港に行くまでちょっと時間があったので、朝食を買いがてら行ってみました。

Ferry Building Marketplace

b0098969_19325594.jpg


Bay Bridge 脇の Clock Tower が目印です。
Fisherman's Wharf よりは、よほどこぎれいだし、観光地づれしてないので、気分がいいです。
(結構、いい場所だと思うのですが、不思議と観光ガイドとかには載ってないみたいです)

同僚のお勧めは、Clock Tower 内のチョコレート屋さん。
ちょっと値段は張りますが、味は抜群です!!
あの、アメリカっぽい甘いだけのチョコレートとはまったく別物。
これなら、日本でも十分通用します。
あまりに味がよいので、お土産用にたくさん買ってしまいました。

朝食は、Clock Tower 内でサンドイッチを買いました。
このサンドイッチも結構いけています。
チーズがほどよく溶けて、おおきなソーセージも塩味がほどよく聞いていて
食べ応えがあります。
少し肌寒い海岸通り沿いで、暖かいのもうれしいです。

b0098969_19333388.jpg


Tower の外側にはいろんな市がたっています。
食べ物、お花、どれもきれいで、まるでヨーロッパの街を思わせます。

まあ、これに比べるとアジアのマーケットはやはり清潔感が足りませんねえ。

Pier のそばでは、屋台がたっていて卵料理、サンドイッチなどを売っていました。
Tower 内のサンドイッチもおいしかったですが、この屋台で卵料理を作ってもらうのもいいですね。
英語が苦手だった頃は、英語で細かな味付けを頼むのがおっくうでしたが、
(自分が英語が流暢に話せないことに)慣れると、注文もなかなか楽しい作業になります。

b0098969_1934374.jpg


初日は山側からホテルに入ったんですが、このホテル、海側にも入り口がありました。
海側から眺めると、歴史のある建物だと分かります。
こういう建物がある町並みっていいですね。
横浜や神戸を思い出します。

b0098969_1935713.jpg

(写真はホテルの Lobby. 品のよいソファに暖炉まであって、本当に雰囲気が良いです)

まあ、外国というとフィリピンしか知らない汚いオサーンにも、
イントラムロスのようだと言えば価値が分かっていただけるでしょうか。笑

ホテルに戻り、シャワーを浴びて、荷造りをし、駐車場に泊めてあった車を運転して、
空港に向かいました。

途中、gas station で給油をしたのですが、日本のクレジットカードは相変わらず
自動で使えないので、スタッフのお兄ちゃんに一々カードを渡しに行かないのは
面倒ですね。

今回の gas station のお兄ちゃんは残念ながら、フィリピン人ではなくて、
中国系の若いお兄ちゃんでした。
タガログ語を話すチャンスがあるかと期待していたんですが、残念。切腹。

さて、今回は半年振りと、久々の US 出張でしたが、まあ、仕事的にはかなり充実してました。
何より、サン・フランシスコのオフィスは眺めがよくて気に入りました。
うちのチームも半分はこのオフィスに移転するらしいので、次回からはこちらを中心に滞在したいですね。
ただ、今回の出張、毎日夜中の2時頃になると、真奈美からの電話にたたき起こされて若干睡眠不足気味になったのは困りものでした。苦笑

しかしねえ、今回つくづく思いましたが、サン・フランシスコ界隈(CA全般そうだと思いますが)って、本当に日本語を話す人が多いです。
今回、泊まったホテルのフロントでも、私が英語で答えるまでずっと日本語で説明をされてしまいました。苦笑

そうそう、昔、私が US 出張のことを Blog で書いたら、
「国際人ぶっている」と怒っていた基地外が昔、居ましたが、
やっぱり基地外は気が狂ってるだけに、全く理解できないようですね~。
別にね、国際人ぶってなくても、今時シリコンバレー界隈に出張に行く日本人なんて
腐るほどいます。
観光客も多いですしね~。

まあ、外国というと99%フィリピンにしか行ったことがないから、他の国が分からないのも当然か。笑

US (CAの都会限定ですが)は、フィリピンに比べたら、日本人にとったらはるかに楽ですよ。
片言の日本語話す人はたくさんいるし、もちろん英語も通じる。笑

世界一の先進国だけあって常識も日本に近いですしね。
普通の日本人なら、US の方がよっぽどストレスなく過ごせると思いますよ。
観光客も多いし、仕事の関係でこちらに住んでいる日本人も多いし、本当に感覚的には日本に近い。

そういう意味では、フィリピンの方がある意味国際的ですね。毒笑
日本の近くで、あれだけ海外旅行の嫌な面醍醐味を味わえる国もないんじゃないかな。あっはっはっは。



そういうわけで、昨日の便で日本に帰ってきました。
日本に帰って思ったのですが、日本人の女の子はかわいいですね~。
去年あたりからセクシーなショートパンツやミニスカートも流行ってて、
露出度高い脚もセクシーですしね~。
こんなかわいい女の子が外国人ってだけで、朝から晩までちやほやしてくれるんだから
そりゃあ、ファラン(白人)は、こぞって日本に来たがるわけですよ。

まあ、私はファランでもないし、ハゲチビ加齢臭なんでロクに相手にしてもらえませんが、
それでも、近くにかわいいセクシーな女の子がいるだけでドーパミンが湧き出て止まりません!!

やっぱり日本最高!!
いやあ、女性の好みに節操がなくてすいません。笑

by plastictakata | 2008-07-14 20:09 | USA  

US 出張 V - San Francisco 市内

昨日、South Bay Area から San Francisco 市内に入りました。
いやあ、やっぱり都会はいいですね~。
街を歩いている女の子もお洒落で綺麗です!!!

うちの会社も、市内のオフィスは Sales 系の人が多いからか、
ファランのきれいなお姉ちゃんが多いんですよね。
アジア系の女の子も良いですが、やっぱりファランは絶対的に美しいですよね~。笑

細身でこぎれいな格好をして、高いヒールの靴でカツカツ歩いています。
たまりません!!
というか、South Bay に居た間にかなり基準値が下がっただけかもしれませんが。苦笑

まあ、うちのチームの女性は子持ちのおばさんばかりで
こういうお姉ちゃんたちとは、仕事上なかなか縁がないんですがね。

市内は、本当にいいです。店もたくさんあるし、お洒落なカフェ
会社のまわりにいくらでもあります。
ただ、South Bay と違って、結構肌寒いので、昼間でもシャツ一枚だと
つらいですね。

ホテルはオフィスの近くにとったんですが、新し目のプチホテルです。
ベイブリッジ(横浜のではない。笑)が部屋の窓から見えます。
部屋もきれいだし、ネット接続も早いし快適ですね~。

b0098969_0104455.jpg
b0098969_011430.jpg
b0098969_0111339.jpg


昨日の夜は、チームの同僚とカリフォルニア系料理の店に行って来ました。
US では、うまいレストランがなかなかないんですが、ここは、結構いけてましたね。

Lulu
b0098969_0114050.jpg


私、滅多にお酒は飲まないんですが、昨日は Flight と言うスタイル、ワインを少量ずつ
何杯か試してみました。

昔は思いっきり辛口のワインが好きだったんですが、最近好みが変わったのか
甘口のリースリングも良いと思うようになりました。

まあ、東南アジアで何十歳も年の離れた娘たちとばかり接しているせいでしょうか。笑

夜寝ていたら、いつものように真奈美からの電話でたたき起こされました。
とりとめのない話をしてたんですが、お母さんの話になりました。

お母さん本当に若いねえ。俺より何十歳も年下だよ。
じゃあ、今度会った時、私のお母さんのことどういう風に呼ぶの?
やっぱり、ノーン(年下に呼びかける言葉)かな。笑」

また、将来の話とかもしてたんですが、ここでタイ人特有の台詞が出ましたねえ。

Toru、将来のことは心配しないで。私が働いて毎日ごはん食べさせてあげる。

まあ、真奈美の場合は冗談で言ってるんですが、こういう話 - 女性が働いて男性を食べさせる - って
冗談でも他の国の人は言わないと思います。
でも、タイ人は、すごく頻繁に言いますよね。

特に男性にふられそうになった時に
別れるなんて言わないで。あなた働かなくていいから。
私が一生養ってあげるから。

と言う話はよく聞きます。

素人キラーのS井師匠も某財閥のお嬢さんに言われてましたし、美佳もタイ人彼氏ポーンに言っています。
日本に居る上流階級のタイ人のお嬢さんたちもこういう台詞を彼氏に言っているようです。

女が男を食べさせるってのは、熱帯の国ではよくあるケースで、
フィリピンでもよく見るケースですが、
それが女性からの口説き文句というか決まり文句になっていることはなかったと思います。

これは、結構タイ独特という気がしてるんですが、どうなんでしょう。
参考になる情報をお持ちの方がいらしたらお知らせください。

ともあれ、そろそろ空港に向かう時間が迫ってます。
皆さん、また日本でお会いしましょう。

by plastictakata | 2008-07-13 00:23 | USA  

US 出張 IV - 秘伝の暗黒料理

それにしても、Bay Area、昼間は暑いです。
あまりに暑いと思っていたら、気温が100度(もちろんファーレンハイト)を越してました。
夜は涼しいんですけど、この寒暖の差は、いかにも SF Bay Areaですねえ。

昨晩は、所属チームのチームディナーでした。
El Camino 沿いの某メヒコレストランに行きました。
内装は思いっきりしょぼい、田舎レストランなんですが、
この界隈では、これでかなりお洒落なんですよね。
まあ、いつも思いますが、アメリカって偉大な田舎です。

同僚たちと話していたら、思いがけず暗黒帝国人の話になりました。
外国というとフィリピンしか知らないオサーンたちには到底理解できないと思いますが、
US には、フィリピン人が大量に来ています。
まあ、はっきり言って、日本に来ているフィリピン人の数なんかとは比べ物になりません。
South San Francisco City なんて、人口の大半がフィリピン人だそうです。

で、その South San Francisco City には、カジノがあるそうです。
そこに行くと、暗黒帝国人が24時間365日、休まずポーカーをやり続けているそうです。
(24時間365日は、私が誇張して言っているわけではなくて、同僚の言葉をそのまま引用しています。笑)
なお、そのカジノで食べ物をオーダーすると、
秘伝の暗黒フード、フィリピン料理が出てくるそうです。笑
(※ 暗黒フードは美味いと思うか? 同僚に聞いたら、皆顔を見合わせて申しわけなさそうな顔をしてましたね。
きっと味音痴のアメリカ人には暗黒帝国の料理の良さは分からないんでしょう。毒笑)

b0098969_20183640.jpg


しかし、カジノにフィリピン料理って面白いですね。
なんだかイメージに合わない。
同僚たちも爆笑してました。
私、暗黒帝国内のカジノは逝った事ないから、わからないのですが、
暗黒帝国では当たり前のことなのかな。

昨日、昼食はカフェテリアで食べたのですが、偶然隣の席になったのが顔見知りのタイ人でした。
彼の連れもタイ人(若い女性!!!)でした。
うちの会社も、タイ人が増えてきていますね。
まあ、タイ人の奥さんを持つ日本人は、まだ私だけみたいですが。

彼に聞いたんですが、私の会社、そろそろバンコクにもオフィスを作るようです。
いやあ、これでタイに行く理由ができそうです。
いい感じですね~。笑



(追記)

気になったので、暗黒帝国の味、フィリピン・レストランは、本当にUS にないのか、
調べてみました。

サン・フランシスコ界隈のフィリピンレストラン

合計24軒。
フィリピン人が住む South San Francisco 界隈ばかりですが、
SF市内にも、なんと2軒もありました。
人口2000万人と言われる SF Bay Area 全体で24軒。
思ったよりは多いですね。毒笑

ちなみに、タイレストランはというと、以下の通りです。

サン・フランシスコ界隈のタイ・レストラン

SF市内だけに絞っても、
444軒!!
人口で言うと圧倒的にフィリピン人の方が多いのに、この差はどういうことなんでしょうね~。
がんばれ、暗黒帝国人!! 笑

by plastictakata | 2008-07-11 20:21 | USA  

US 出張 III - S井さんと会食

今日は、私のタイ師匠、米国在住のS井さんと一緒に夕食をとっていました。

会食場所は当然のごとく、タイ・レストラン!! 爆
いやあ、秘伝の暗黒の味を提供するフィリピン・レストランの場合は、
USでも探すのは至難ですが、
タイ・レストランは、すぐに見つかるのでいいですね。

注文したトム・カーガイ、ゲンキョワン、USにしては味がよかったです。
タイ料理は世界中、どこに行っても味が安定している気がします。

今回は、仕事関係の話もあったんで、タイ話は少ししかできなかったんですが、
それでも、いろいろと教えていただきました。

天使の都の近くの某レストランでは、
新鮮なパッツンが釣り放題だそうで。笑
ぜひ、次回行ってみたいものです。
また、ホテルや凹売りの情報、いろいろと教えていただきました。

b0098969_15221172.jpg


しかし、タイ娘って、本当にプラスティック恋愛能力が恐ろしく高いですよね。
一日に何度も大恋愛モードに入れるのは、営業スキルとは言え、感服します。
というか、金への執着心を情にすりかえる能力が高いと言うべきでしょうか。笑

まあ、ハゲ加齢臭年齢差を札束で克服しなければならない我々オサーンにとってはありがたい娘たちです。

by plastictakata | 2008-07-10 15:23 | USA  

US 出張 II - インド系美女

Jet Lag のきつい昼間が終わり、目がさえてきました。
今、こちらは午後7時半。Day Light Saving (サマータイム)なのもあり、外はまだまだ明るいです。
この季節、夜9時過ぎまで日の明かりがあります。

うちの会社は、平均年齢が若いので、きれいな娘が(USにしては)多いので有名?なのですが、
今日、改めて思いました。本当にかわいい娘は多い。

昔このブログでも東ヨーロッパ系美女について書きました。

しかし、こうはって社内を眺めていると、かわいい、セクシーな女のほとんどは
アジア系ですね。

ウェストのまわりがぐっと引き締まったセクシーな娘は、中国系か、マレー系。
今、こちらも昼間はかなり暑い時期なので、こういう子たちが脚を思いっきり露出して
身体にぴったりしたTシャツを着ています。
目の保養になっていいですね~。

b0098969_19392533.jpg


一方、顔立ちがすんごく整っているのは、若いインド系。

今日初めて紹介されたインド系の若い女の子は、めちゃくちゃかわいかったです。
若い女の子のサリーって本当にかわいらしいんですよね。
その場で押し倒したくなりました。

(※ 写真は拾い物のイメージ画像です。そんなことは基地外のオサーン以外は分かってると思いますが、一応念のため。笑)

一昔前なら、絶対に夕食に誘ってましたね。笑
まあ、最近はそんな元気もなくなりましたが。

ところで、うちの会社男の方も、いい男が揃いまくっています。
まあ、男をほめても仕方ないんですが、事実は事実ですからね。
オフィスの中を歩いていると5秒に一回はいい男とすれ違います。
入社試験で、容姿は全く基準に入っていないんですが、出来る男は見た目も良いってことでしょうか。
私のようなハゲの加齢臭オヤヂなんてほとんどいません。笑

さて、明日は私のタイ師匠、S井さんと会食の予定です。
議題は名凹娘を初めとするソイカ最新事情ってとこですかね。笑

by plastictakata | 2008-07-09 11:52 | USA  

US 出張 I - SQ の制服

久々のUS出張です。半年振りになります。
本来、一ヶ月に一度はUS出張が必要なんですが、美佳を一人で日本においていくわけには行かず、
最近ほとんど出張できてませんでした。

家で私が仕事をしている時、美佳は一人でぬいぐるみたちとお話をしています。
○○さん、お元気ですか、××がないですね~。
ええ、△△さん、だって僕は□ですから。きーーーん(ぬいぐるみが空を飛ぶ音)」
ぬいぐるみ相手に一人でずっとブツブツと話している美佳を見ると、
小さな子供のようでかわいらしくもあるんですが、
一方で不憫にも思えてきます。
だから、美佳を置いて海外出張はなかなか踏ん切りがつきませんでした。

しかし、先週の BKK 行きで、ある問題を解決しました。
今後は海外出張、行きやすくなります。



今回の出張、UA だったので、成田は、第一ターミナル。
出国ゲートで並んでいると、東南アジア風の素敵なロングスカートのCAたちが並んでいます。

b0098969_16594888.jpg

タイとも、ベトナムとも違うようですが、顔立ちは間違いなく東南アジア系。
美人CAが一人、近くに来たので、声をかけて聞きました。Singapore Airline でした。

SQ の制服って、有名なんでしょうけど、不思議と今まで見たことなかったです。
素敵な制服ですね」と言うと、美人CAがにこっと笑いながら
Thank You」と返してきました。
こういう話のプロトコルが分かっている人は気持ちがいいですね。
ただにこっと笑った時、目尻の皺が見えなければ最高だったんですが。笑

ちなみに、JAL のタイ人 CA は、パッツンもとい大学卒業したばかりの20台前半が多く、
話していて笑っても目尻の皺は見えません!!

出国審査の列は結構長かったですし、
せっかくなので自動化ゲートを使ってみました。
周囲で使ってる人は誰も居ませんでしたが。笑

パスポートをスキャンして、指紋をスキャンするだけ。
するとすぐにゲートが開きます。
出国まで一分程度しかかかりませんでした。
これはいいですね!!

しかし、ふと考えたんですが、この指紋認証は恐らく、指紋の固有性を判別しているわけではないんですよね。
パスポートごとに指紋を登録していて、その登録された指紋とスキャンされる指紋が一致するかどうか
判別しているだけ。

だから、一つのパスポートを複数の人間が使いまわしすることは防げますが、
一人の人間が複数のパスポートを使うことは防げないでしょうね。
他人から買い取ったパスポートを使いまくっていたピーナを思い出してしまいました。

USに到着後、入国は今回は時間がかかりましたね。
夏休みで短期留学の学生が入国審査でオタオタしてるのが理由ですね。
ただね、臭い汚いオサーンがマゴマゴしているのと違って、若い子が原因だとなぜか許せますね~。笑

それにしても、USの入国審査官はちょっと変わった印象です。
どの審査官も妙ににこやかでフレンドリーです。
若い女の子が相手だと、張り切って日本語で話し込んでいる審査官も居ます。
(それも入国審査が長くかかる理由なんだが。笑)
まあ、カリフォルニアでは日本語を話す外国人なんて珍しくないですが、
入国審査でここまで日本語を聞いた記憶はなかったですね。

入国したらすぐにレンタカーショップへ。
Hertz #1 Club Gold だと、全く手続きが必要なく、そのまま車に乗っていけるのがいいですね。
今回の車はフォード社製。私が日本で普段乗っているカブリオーレに比べると
小回りが全くきかないのは困り者ですが、乗り心地はいいです。
それに、エンジン音が小さいのがいいですね。

雲ひとつないカリフォルニアウェザーの下、フリーウェイ101をクルージングモードで快適に南下します。
そう、US の車は普通にクルージングモードがあるからいいですね。
運転が楽なので、走行中、いろいろなことを考えることが出来ます。
まあ、日本だとクルージングモードは、あってもあまり意味がないですが。

そして、ホテルにチェックイン後、シャワーを浴びて会社に向かいます。
しかし、日差しは強いのに空気が涼しげなこの天気は引き締まる感じで、
本当に仕事する気になりますね。

この世の楽園のような天使の都や、最近ぬるくなってきた東京でたるんでいた脳みそが
活性化される気分がします。

というわけで、出張中、ブログ・エントリの頻度が落ちるかもしれませんが、ご容赦ください。

by plastictakata | 2008-07-08 17:12 | USA  

オートクチュールとプレタポルテ

昔の Entry でも書いたんですが、うちの会社はカフェテリアの食事がなかなかすばらしい。

各カフェテリアで朝食、昼食、夕食が用意されて、その質が結構高いです。
下手なレストランで食べるよりよほどうまい。
(と言っても、US基準でみての話ですが。)

私のいるビルのカフェテリアではサラダが充実しているのが売りです。
サラダコーナーに行くと、ボウルがあるので、そこに自分の好きなサラダの素材をとっていきます。
サラダ、フルーツ、添え物あわせて全部で30種類くらいあるでしょうか。
選び放題です。

ボウルに素材を入れ終わると、今度はそれをシェフに渡して好きなドレッシングを指定します。
すると、シェフがサラダとドレッシングをステアして、さらにお皿にきれいに盛り付けてくれます。

...と書くとなかなか素敵そうなんですが、最初の頃はあまり気が進まなかった。
私は特に嫌いな食べ物はないし、わざわざ自分で選ばなくても、
シェフが適当にうまいサラダを盛り付けてくれたらそれで十分と思ってました。

また、ホテルの朝食でも、アメリカンブレックファストは面倒だな、と思ってました。
卵料理の味加減を自分で下手に指定するより、シェフがベストだと考える料理を作って
持ってきてほしいと思ってました。

ですが、私は最近少し変わりました。
アメリカンブレックファストで、卵料理の加減を細かく指定するのがなんだか楽しいですし、
会社の食事でも自分だけの極上のサラダを作ってもらうのがうれしくなってきました。

昔付き合った女性との会話を思い出します。

私は絶対にビュッフェ形式の食事なんてとらないの。
『どうして? ビュッフェだと値段はリーズナブルだし、料理の種類も多いよ。味の問題?』
そういう問題じゃないの。言ってみればオートクチュールとプレタポルテの違いよ。」
『?』
自分のためだけに作られた、ということに価値があるの。

その時は分かったような分からなかったような気になっていましたが、
今では彼女の言うことがよく分かります。

なぜなら....
既にステージに並んでいる極上の凹売りーナよりも、
自分専用にカスタマイズされきったパッツン娘
の方が価値があると思うからです。爆

今日、日本に帰ります。
帰ったら残り少ないパッツン凸凹ライフを楽しむぞぉ~。笑

by plastictakata | 2008-01-11 00:41 | USA  

米国男の凹買い遊び

そういえば、美佳の元彼氏、現役海兵隊員のマービン(海兵隊員といっても、階級はかなり上だとわかってきました。少佐以上のようです。ひえ~)の話題が出ました。

彼は美佳がケコーン後、どうしているのでしょうか。
美佳が日本に来る前、一度美佳とバンコクでこっそり再会しているのは確かなんですが、
その後はさすがに一度も会ってないようです。

ただ、美佳はマービンの女性関係がいまだにやたら気になるようで、しょっちゅう彼を
電話やメールで質問攻めしています。
曰く「タイ人のガールフレンドは私以外には作っちゃだめ。」

まあ、かなり勝手な言い分ですが、それが凹売りーナというものでしょうか。

マービンは今まで、フィリピンアサワ(離婚調停中)がいたり、日本人彼女(横須賀の凹売りーナ? 六本木のコギャル?)がいたようですが、
最近はなんと...

フィリピンにまた嵌っているようです。爆

二カ月おきくらいにフィリピンに飛んで凹買いしているそうです。
いやあ、日本人だろうがUSの男だろうが、会社員だろうが海兵隊将校だろうが、
パターンはみんな同じなんですねえ。

美佳は最近よくこぼしています。
「どうして男はみんな、そんなにフィリピンが好きなの?」

はははは。
まあ、フィリピンが好きなんじゃなくて、手軽に凹が買える国ならどこでもいいんでしょうがねえ。苦笑

by plastictakata | 2008-01-09 23:41 | USA  

思わぬ贈り物

おとといの夜、お腹が減ったので近くのスーパーでチョコレートを買ってきて食べてました。
(この一帯は田舎なので、夜になるとレストランはほとんど全て閉まってしまいます)

そして、昨日、ホテルの部屋に帰ってくると、ベッドの上にGODIVAのチョコレートと
メッセージカードがおいてありました。
メッセージカードにはこう書いてありました。

「Ms. Toru, 私の名前は Carmen 。ハウスキーパーです。
この○○ホテルでのご滞在を楽しまれていると信じています。
私はあなたの部屋を掃除していて、あなたがチョコレート好きだと気がつきました。
そこで、私は Godiva のチョコレートを買う権利を使いました。
これをあなたにプレゼントします。お気に召したら幸いです。
Sincerely Carmen」



部屋の中にあったチョコレートの箱をみて、私がチョコレート好きだと思って
プレゼントをしてくれたようです。

なかなか気のきいたサービスをするもんですね。
最近のいいホテルでは、従業員が客のためにサービスをするために
一定の予算が与えられていると聞いてますが、これもその一環なのでしょう。

今回滞在しているホテルはこの一帯の中でもわりといいホテルですが
こんなサービスを受けたのにはびっくりです。
ハウスキーパーの少し下手な英語もなかなか、これはこれでリアルでいいです。
(時制とか間違っています)

ただ一点だけ。私は Ms ではないんだがなあ。笑

by plastictakata | 2008-01-09 01:24 | USA