カテゴリ:言語( 1 )

 

イサーン語の声調

本日は私が強い興味を持つ言語学に関するエントリです。
少々固いお話になりますので、苦手な方は読み飛ばしてください。
(逆に、アコディバ語を愛用する方々は必読です。笑)




先のエントリでお話したとおり、イサーン語にはタイ語以上の数の声調があります。
声調 (tone) とは、音の高低によって意味が変わるものです。
声調のある言語 (tonal language)としては、中国語が有名(北京語の場合4つの声調があります)ですが、
タイ語、ベトナム語も声調言語です。

日本語も声調が全くないわけではありません。
関西弁では「歯(はー)痛いわ」と言うときの「はー」(下降音)と、「葉っぱようさんあるなあ」の時の「は」では
音の高低が(長さも)違います。

タイ語には、以下の5つの声調があります。
平声(第1声調)、低声(第2声調)、
下声(第3声調)、高声(第4声調)、
上声(第5声調)

タイ語に近いイサーン語(実質的にはイサーン語は、タイ語ではなくラオス語の方言)では
これら5つの声調に加え、もう二つの声調があるそうです。

○ 平声に近いが、末尾が軽く高くなる声調
○ 平声に近いが、末尾が軽く低くなる声調

このようにイサーン語では最大7つの声調があります。
もちろん、イサーン語と一口に言っても、かなり分化していますので、
声調が6つしかない地方もあるようです。

いずれにせよイサーン語では、タイ語以上に声調に厳密な区別があるということです。

以上は、先日、偶然ランチをご一緒いただいた黒澤さん(PDIC タイ語辞書の編者)に

ご教授いただきました。

このイサーン語独特の声調を表す発音記号は実はまだないらしく、
そのため、黒澤さんはご自身でフォントを作成(!! これってすごい作業です)されたそうです。

下記に黒澤さんが編纂されたイサーン語の声調規則表(平音節のみ)を示しておきます。
見慣れない声調記号が二種類あります。
これが、上記で示した二つのイサーン語独特の声調をあらわしています。



こちらのタイ語、イサーン語、ラオス語併記のものだと、より明確に差が理解できるかと思います。
(イサーン語と同語であるラオス語も7種類の声調を持ちます)

また、これらの発音記号を用いてタイ語辞書で発音記号を表示することが可能です。
黒澤さんのこちらのサイトをご覧ください。

また、iPhone では、タイ語の一部の発音記号を表示することは不可能ですが
既存のアルファベットを使いまわして、擬似的に発音記号(もどき)を表示することが可能です。
タイ語の場合、声調があるので、他国語より難しいのですが、私の知人、Kさんがその工夫を行っています。
iPhone でタイ語辞書を使用したい方はこちらのページをご参照ください。

当のイサーン人がどこまで意識して使い分けているかは分かりませんが、
奥さん、彼女がイサーン人の方は一度上記の表を見せながら、聞いてみると面白いと思います。
(凹売り系だと頭の中で意識している人はむしろ少数派かもしれませんが)




しかし、タイ関係では、こういう知的作業を行っている方によく会います。
黒澤さんの場合もそうですが本当に偶然で、こういうもともな話をできる人に会うんですよね~。

こういう言語関係の方だけでなく、新しいコンピュータビジネスを起こそうとしている方にも会います。
それでなくても、文化比較に関して
客観的に語れる方も多いです。

一方、暗黒の国フィリピン関係で知的な方は......たくさんいましたねえ。

言語学... 世界一の珍言語!! アコディバ語(爆)!! を操る人たち
「イカウはアコのこと好きディバー?」(言語学的には完璧な日本語です。爆)
こういうオサーンに限って、なぜか正しいタガログ語文法や語法の話を聞くのを嫌がります。笑

文化.... 凹文化を極めた人々!! 
「フィリピンは凹売りだけじゃない!」
『じゃあ、他に何があります?』
「きれいな女の子がいたら彼女にしたいと思う。」
『結局凹だけですか?』爆
(こういうオサーンに限って凹以外のフィリピンの魅力を知らない。苦笑)

ビジネス... 違法ビジネスをやっている人々!(詳細は述べません)

食事.....従来の料理文化の枠を超えた料理を知る人々!!
「フィリピンの食事はうまい!!」
『何の料理がおいしいんですか?』
「最高の食材を集めて最高の料理人が、最高の環境で作ればうまいんだ!
 フィリピン料理以外のレシピを盛ってくれば完璧だ!」
『それのどこがフィリピンの料理文化なんですか?』笑

実は私自身は、フィリピンには素晴らしい文化がたくさんあると私は感じています。
ただ、多くのフィリピン嵌りのオサーンたちに見えるフィリピンは
それとはまるで別物のようですね。

ま、フィリピンの場合、
生き恥をさらし続ける珍獣、寒汰氏(!!)が
一人で平均値を下げている影響もありますけどね。笑




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-10-16 01:05 | 言語