カテゴリ:未分類( 1 )

 

音楽

今日は、USA出張で書き残したことについてのエントリです。

b0098969_091626.jpg
私、サン・フランシスコに行った時は、
よくシンフォニーホールへコンサートに出かけます。
クラシックはもともと好きなのですが、出張中にクロックアップした
オーバーヒート気味の脳みそをクールダウンさせる丁度いい手段でもあります。
子守唄のコンサートがあったらそれで代用できるのかもしれません。笑

さて、今回も、土曜の夜に親友のEと出かけました。

サン・フランシスコオーケストラのコンサートのよいところは、必ず一曲は
(だいたい、最初の一曲)は、前衛的な現代音楽を演奏してくれることです。
現代音楽好きの私としてはうれしいんです。

この日の一曲目は1995年の作品と、本当に新しいどころでした。
不協和音のトンガリ具合がイマイチ不十分にも感じましたが、
まあ、小気味のよいアンサンブルと現代音楽独特のディスコードは
このオーケストラならでは。さすがです。

b0098969_0103860.jpg
二曲目はサンサーンスのピアノ協奏曲。
いつも、この二曲目は一番だるい曲が来るんですが、
今回はピアニストが結構よかったです。
ピアニッシモの時の繊細な鍵盤使いと、
合奏時の大胆な響きが両立している...のは基本なんでしょうけど、
パフォーマンスに華がありました。

オーケストラとの呼吸も絶妙でした。
二曲目で観客ほぼ全員が立ち上がってのスタンディングオベーションというのも
このコンサートホールでは中々みない光景です。

親友のE曰く「夫婦喧嘩のようなコンビネーションだった」
いやいや、フランス人の喩えは微妙です。笑

b0098969_0142784.jpg
まあ、それはともかく、三曲目はショスタコービチの交響曲10番でした。
もともとこの曲は結構好きだったんですが
私の好みが変わってしまったのか、この日は妙にだるく聞こえます。
おかげでスーパーリラックスモードです。
こういう時は、深層心理にある事象が思い浮かんでくるものです。

今一番お気に入りの三船美佳のこと、ケコーンだと主張するM穂のこと、
身を引いた?私の財布をあきらめた?B美のこと。
そしてバラマキのこと。笑
フィリピン・タイでの出来事が次々に脳裏に浮かんでは消えていきました。



閑話休題。アメリカ出張の際は、いつも車を運転しています。
運転中は、適当にFMラジオをかけているのですが、最近のお気に入りは
FM101.3です。

基本的にはポップスがかかる曲なんですが、微妙に古い曲をかけてくれるのが
気に入っています。

b0098969_0115689.jpg
で、気がつきました。この101.3の選曲だと、タイやフィリピンで聞く曲ばかりです。
フィリピンはともかく、タイなんて英語もほとんど通じない国なのに、
アメリカと流れている曲が同じなんですねえ。
音楽に関しては、世界はユニファイされつつありますね。

ちなみに、タイ出身の歌手、タタ・ヤンは、フィリピンでも大人気です。
私のアサワも、カビットも、M穂もタタ・ヤンが大好きです。
次回、フィリピンに行くときは I Believe のCD をM穂に持っていってやらないとなあ、
と考えながらエル・カミーノ通りをドライブしておりました。

...というわけで、USAに居ても、結局フィリピン・タイが頭から抜けきれない私でした。笑

by plastictakata | 2006-10-30 23:00