暗黒ライフ - 8月訪タイ記 XIX


ところで、B子も一応V店で働いていますが、稼ぎは真奈美とダントツの差があるそうです。

真奈美から聞いた話では、真奈美はショートでも必ず
- 3500THB (日本人)
- 3000THB (ファラン)
は、もらえるそうです。
(※美佳も言っていますが、ファランと日本人では料金が500THB違うそうです。笑)

また、真奈美は一ヶ月に40人の客があるとか。
(美佳の22人も完全に負けましたね。)
V店でもかなりな人気娘のようです。

真奈美は、
私ばかりお客さんがあるのは、なぜか分からない。
きっと、ファランは小さい女の子が好きだから。
と言っていましたが、
あのかわいい炉利顔と、信じられないほどの超美乳
そして何よりあの名凹があるんですから、
人気があるのは当たり前だと思います。

それを、本人は分かってないのか、謙遜してるのか。

これが、ピーナだと、ちょっと可愛いくらいの娘なら
私、かわいいから♪
と、冗談めかしつつも平気で言うんですが、
まあ、この辺も文化の違いですかね~。

タイだと、ミスコン優勝の娘でも、モデルやってる娘でも
私、ブサイクだもん
と言うのをよく聞きます。
私の独断で言えば、タイ娘は、上には上がいるってよく理解している気がします。
ピーナは、井の中の蛙が多いかな。
本物のタレントより自分の方がかわいいと思ってる娘も結構多い。

あ、自分たちもタレントって呼ばれていたせいか。笑

まあ、まじめな話に戻ると、人的交流の量が違うせいだと推測しています。
フィリピンは、交通網や商圏も発達してないので、他の美人と競合する機会があまりないのだと思います。

まもなくB子の彼氏が仕事が返ってきました。
しかし、この彼氏、部屋ではいつも上半身裸です。笑
やはり暗黒ですね。

帰って来るくるなり、トイレ掃除、洗濯、食器の洗い物をします。
このあたりは、偉いですね。

しかしその後、人目もはばからず、B子とじゃれはじめます。
噛み噛みプレーにキス攻撃しています。
うーん、可愛げがあるとも言えるんですが、
この恥じらいのないのは、やっぱり暗黒ですね。

夕方近くになり、真奈美も熟睡しているようですし、
私は、いったんホテルに帰ることにします。

スクンビット界隈のデパートで、自分用の買い物を手早くします。
また、ホテルに帰ると、日本に居る美佳に電話で定時連絡をしました。
昨日、全く連絡をしていなかったので、美佳は怒り狂ってましたが、なんとかなだめます。

シャワーを浴びていると、ホテルの電話がなりました。
美佳かな、と思って出ると、W子でした。
私の携帯の番号は教えてなかったので、ホテルの部屋に直接かけてきたようです。

今晩、私のホテルに来たいと彼女は言いましたが、
私はこの日はさすがに真奈美と一緒に過ごすつもりだったので断りました。

真奈美の家に着くと、真奈美はすでに起きていました。

真奈美、B子、私の3人でいろいろと話をします。
病気の原因などなど。
しかし、二人の話を聞いていると、また暗黒な気分になりました。
詳細は説明しませんが、やっぱり考え方が、どうしようもなく暗黒と言うか..

b0098969_2038459.jpg


また、B子の彼氏の話になりました。
B子が言います。
日本人の女の子紹介して。ショートで500THBでいい。

うーん。一応まじめに考えてみましたが、やっぱり私の女性の友達に紹介するのは
厳しいかもしれません。
彼氏は顔は確かにハンサムですが、やはり振る舞いの一つ一つに育ちが出てます。
一言で言うと、かなり下品です。
それを見ていると、紹介するのはためらわれます。

彼らの暗黒話で、どんどん気がめいってきたので、
買い物に行こうと提案しました。

真奈美は大喜びです。
退院したばかりで、寝てなくていいのか? 笑
まあ、ただで物を買ってもらえるなら、再びぶっ倒れても良いってことでしょうか。笑

一番近くのスーパーはカルフールだということで、向かいます。
途中、takashi さんに電話したところ、
ご友人とものすごい楽しいところで遊んでいるとのこと。
私も合流しないかと誘われましたが、やはり今晩くらいは、真奈美に付き合うのが筋だろうと思い、
お断りしました。

b0098969_2040685.jpg


カルフールで買い物を始めます。
しかし、B子の彼氏は、歩き方からして、やっぱり平均的なタイ人とは違います。
なんというか、きれいじゃないんですよね。
まあ、蟹股日本人の私が言うのもなんですが、彼が、平均的なタイ人の男の子と
違うのは私でも分かります。

また、カルフールの中で、商品のパッケージを破って(驚)、中身を確かめた後、
それをこっそり、また商品の棚に戻します。

買い方も暗黒スタイルそのもの。
買い物籠に、手当たり次第に商品を投げ込んでいます。
フィリピンで、痛いオサーンと一緒にいるピーナがする、あの買い方と同じです。
私自身は、タイはもちろん、魔尼羅(マニラ)でも、一度も経験したことありません。

私があきれていると、さすがに途中で気配を感じ取ったB子が、
商品の半分くらいを棚に戻し始めました。
まあ、そのあたりの勘が働くのは感心と言うか、暗黒の嗅覚と評すべきか。苦笑

しかし、こうやって明るいところで他のタイ人と比べて見ると、
真奈美もただのスクウォッター娘です。

ここまでどっぷり暗黒に染まった真奈美を今後、手間暇かけて育てるべきなんだろうかと
考えました。
うまくいくかどうかは別として、どちらんせよ、美佳の時以上に時間も労力もかかるでしょう。
美佳の時は、米海兵隊彼氏マービンが作業のほとんどを完了していてくれたのもあります。
真奈美の場合は、まだほとんど教育されていません。

それより何より、私は、もう彼らの暗黒のスクウォッター臭に飽き飽きしました。
彼らの行動は、何の奥深さもなく、全く同じパターンです。
世界中どこでも体験できる、退屈極まりないワンパターンです。

この先、どれだけ一緒にいても、
全世界共通の暗黒パフォーマンスしか見れないでしょう。

真奈美とも、もうこれ以降、関わらないようにしようと思いました。
確かにあの名凹は捨てがたいですが「特別な友達」を続けるのに大事なのことは、
他にもあります。

さらば、暗黒ファミリー、
さらば、暗黒名凹娘
!! 笑

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

by plastictakata | 2008-11-30 21:20 | タイ  

<< 若者に告ぐ!! (笑) 彼の凸を売る - 8月訪タイ記... >>