彼の凸を売る - 8月訪タイ記 XVIII


ともあれ、主治医の先生は、丁寧にこれまでの経過を話してくれました。
B子から聞いた話とほぼ同じです。
昨晩は本当にかなりな騒動だったようです。

そして、先生は、これからの対策を私に話してくれました。
今回の病気の原因もこの時、明確にわかりました。

昨晩のような急変がないか、確認すると、もう大丈夫とのこと。
ただし、同じことが起こったら今度は命の保障はない、とのこと。

b0098969_0285914.jpg


もう退院しても問題ないと、言われると、起きたばかりの真奈美が
とてもうれしそうな顔をしました。
美佳と同じで病院が大嫌いみたいですね。

彼女らの部屋より病院の方が、はるかにきれいなんですが。

真奈美がおなかが減ったと言うので、例のすばらしいルームサービスでオーダーしようとしますが、
口にあいそうにないとのこと。
やはりさすが暗黒系娘。苦笑

3人で、病院内のコンビニに、安っぽいカップラーメンを買いに行きました。
ルームサービスの食べ物の方が、はるかに健康的でおいしそうに見えるんですが、
まあ、そこは暗黒娘だから仕方ないですね。

おなかも満たされたところで、着替えをして、退院です。
一階の事務所で清算をしました。

最初もらった明細はタイ語だったのですが、
英語でくれというと、2,3分で、すぐに英語の明細を出してくれました。
こういうところは、さすが大病院ですね。

明細を見ると、基本の入院代に加えて、
昨晩あったという処置代、薬代が追加されていました。
医者二人分の名前と料金が入っていました。

総額は一万一千バーツ
正直言って、思っていたより安いです。

領収書、パンフレットは、きれいな布袋に包まれて渡されました。
さすが、高級病院、こういところまで違いますね。
(Bumrungrad 病院でも、薬はきれいな布袋につつまれていたと記憶しています。)

タクシーに乗り、真奈美のアパートに向かいます。
タクシーの中で、入院代の話が出ました。

B子が言います。「とても高い

私が言いました。「高くないよ。これで真奈美の命が助かったんだから。

すると、B子が、数秒黙った後でこう言いました。

将来、私が良い会社に就職して、
十分な給料をもらうようになったら、
あなたと同じ言葉が言えるわ。


私は言葉を失ってしまいました。

私の発言が、彼女らの経済状況を考慮していない、浅はかなものだったと思うと同時に、
命よりお金を心配するB子の暗黒マインドにも驚いたからです。

これが、美佳だったら、きっとこう言います。
お金は問題じゃない。命さえ助かれば、お金は後でいくらでも稼げる。

B子や真奈美の暗黒な考えと、美佳や平均的なタイ娘との差をはっきり感じた一言でした。

アパートに帰ると、真奈美は幾分明るくなりました。
もう自力で歩けるようになっています。
ただベッドに入ると、よほど疲れていたのか、すぐにすやすやと寝始めました。

B子と私はその傍らで話をします。
ここでB子は驚くようなことを言い始めました。

私の彼氏に、日本人の女の子を紹介してくれない?
びっくりした私ですが、下記のように答えました。
してもいいけど、SEXも要求されると思うよ。それでもお前は良いのか?
お金くれるなら問題ない

平気で自分の彼氏の凸を売ろうとするとは...やはり、暗黒ですね。

お腹も減ったので、出前をとります。
真奈美たちは、普段の食事はイサーン料理の出前をいつもとっているそうです。
電話でオーダーをします。

クワティアウが20THB、ガパオガイが40THBでした。
ものの20分もしないうちに、イサーン顔の小学生くらいの少女が届けに来ました。
味は、屋台の味そのままですね。
ただ、やっぱり屋台料理は外で食べるほうがいいかな。

食事が終わってのんびりしていると、B子の携帯電話が鳴りました。
Hello」と低い声で出たB子、相手の声を聞いたとたん、
声のトーンが、2オクターブくらい上がりました。

はーい、まいはに~、だーりん、あいみすゆー!!

びっくりするくらいの高く大きな声で話し始めました。

呆然とB子を見る私に、B子は、舌を出しながら「しっ」と言うあいずをしてきました。

見てくれがかなり微妙なB子ですが、これでも一応、ファランの客がいるようです。
スイス人のメタボファランだそうですが、今月のアパート代を送ってくれるとのこと。
優しいですね。笑

やっぱり男は優しさですよ~。

彼女が他の男と半同棲していても、彼女が他の男の子供を妊娠してても、
あいらびゅー」と言ってくれる限り、アパート代を送るのが、ですよね~。笑

いやあ、それにしてもびっくりしました。
B子みたいな見てくれの娘でも、外国人彼氏が居るんですね~。
また、あの声の急な変わりようは、まるで女優ですね。
さすがはプロの凹売りですね~。

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


by plastictakata | 2008-11-30 00:47 | タイ  

<< 暗黒ライフ - 8月訪タイ記 XIX 魔尼羅コワイコワイ病 >>