意外性のある娘 - 8月訪タイ記 XVI

4日目

真奈美をラーマ9世病院に入院させてから、私はホテルに戻ってきました。
昨日会ったばかりのW子を、いきなりホテルに置いていったので、
何が起こってるか、こちらの方も心配でした。

私がホテルを出たのが、昼の12時頃。
ホテルに帰ってきたのが夕方の5時頃です。

下手をしたら部屋を荒らされてるんじゃないかと
覚悟してました。
ドキドキしながら部屋に入ると...

...意外にも部屋はきれいに片付いていて、
W子は、ソファでのんびりしてました。

W子が、自分で部屋を片付けたようです。
シーツもきれいにピンと張られており、ぱっと見は、まるでハウスキーピングでも入ったかのようです。
(鍵を持ってなかったので、彼女はハウスキーピングも入れず、
部屋にずっと居たようです。)

かなりいい加減そうに見えるW子ですが、
何もいわなくてもマッサージはしてくれるし、掃除もしてくれるし、意外性がありますね。

ただ、においから、彼女が室内でタバコを吸ったのが分かりました。
彼女は私がタバコが苦手なのを覚えていたので
跡形なく掃除したつもりのようでしたが、臭いがばればれでした。

また、吸殻を拭いたフェイスタオルが悲惨なくらい真っ黒に汚れてました。
これは、後でタオル代をホテルから請求されてしまいました。笑

私も徹夜で疲れきっていたので、横になりました。
ただ、さっきまでの状況があわただしすぎたせいか、
興奮してしまっていてすぐには寝れません。
仕方ないので凸凹しました。笑

W子は、この時、生理が始まってしまってましたが、気にせず凸凹。
おかげで、ベッドにしいたバスタオルは真っ赤に染まりました。

このバスタオル代も後でホテルに請求されました。笑

凸凹が終わる頃には、外は真っ暗になっていました。
W子は、いったん家に帰るというので、彼女を送りがてら、
私も外に出て近くの庶民的なレストランで食事をしました。

クリーニングを受け取ってからホテルに帰り、少し仮眠しました。

ふと物音がするので見ると、W子が部屋に戻ってきました。
時計を見ると、寝始めてから2時間くらいしか経ってません。
W子も元気ですね。

W子は、昨日買った超ミニスカートの1つを履いていました。

どれくらいきわどいスカートかというと、これくらいかな。

b0098969_23103726.jpg


いや、これくらい。

b0098969_23104896.jpg


いやいや、これくらいだったかも。笑

b0098969_23112610.jpg



いやあ、お客様の期待にどうこたえるべきか、本当によくわかってる娘です。
私は無性に眠かったのですが、W子の凹付近までむき出しになった
セクシーな脚を見てると我慢できませんでした。
またしても凸凹。笑

この時点まで、真奈美からの電話もメールもありませんでした。
きっと、彼女も今頃は病院でぐっすり寝ているのでしょう。

W子と凸凹が終わったあと、さすがに私は眠り込みました。

5日目

夜中の間に名凹娘のお見舞いに行こうと思っていたのですが、
(タイの病院は、24時間お見舞いがOKだそうです。)
気がつくと、もう朝方になっていました。

W子は、先に起きて、部屋の掃除をしてました。
昨日の夜もバスタオルを血だらけにしてしまってましたし。笑

私が起きたのを確認すると、W子は何もいわなくても
パッツンに着替え始めました。
いやあ、本当に客の好みがよくわかってますね!!

この娘、出来すぎなくらいです!!
そして凸凹。

また、ベッドとバスタオルを血だらけにしてしまいました。笑

外はすっかり朝になっていました。

身支度をしていると、W子がなにやら私に聞いてきました。
掃除中に、病院の領収書をみつけて、気になっていたようです。
真奈美の病院代のデポジットだと答えると、

病院代を払うなんて、友達だったらあり得ない。『特別な』友達でしょう。

うーん、フィリピンだったら、ただの「お友達」でも入院代を肩代わりするくらい、いくらでもあると思うんですが。
タイでは病院代を払ってあげたら「特別な友達」になってしまうんでしょうか。
ていうか、「特別な友達」って何だ? 笑

まあ、W子は、単に
「他の女の病院代を肩代わりするくらいなら、
 私にたくさん金をくれ。」
と言いたかっただけなのかもしれません。

とりあえず、W子には、超ミニスカ・セクシー賞として、

3万バーツ進呈しました。笑

この後、バンコク入りしたばかりの takashi さんに電話してみました。
W子に電話を代わり、takashiさんを話をさせてみます

すると、W子は、べらべらと日本語を話し始めました。
これにはびっくりしました。

二晩一緒にいて、日本語はほとんど話さなかった彼女が
いきなり日本語をべらべらと話したわけですから。

いやあ、日本人彼氏が居るというのは、伊達ではないですね。
本当に意外性のある娘です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

by plastictakata | 2008-11-27 23:26 | タイ  

<< 元カノ 「どうして、あなたを選んだか分... >>