[8月訪タイ記 IV] 名凹検証

さあ、先月私が1分ともたなかった
名凹は、本物なのかどうか検証する時がいよいよやってまいりました。

今回は、当然のように帽子は使いません。
私も当然のように使いませんし、真奈美も当然のように何も言いません。

また、真奈美は極上のパッツン姿です!!
検証条件としては申し分ないですね。

さあ、結果はどうか?
結論から言えば、間違いなく名凹でした!!

凸を入れる前から真奈美のもち肌に触れていると、遠い記憶がよみがえってきます。
真奈美の脚は決して細くはないのですが、健康的で肉がパンパンに詰まった感じです。
これが触わってものすごく気持ちいいんです。
だいたい悪い薬をやりすぎた娘たちと違って、肌が荒れてないのが何よりいいですね。
すべすべてパンパンの肌は、全身どこを触っても気持ちいいです。

凹は記憶どおり、毛のほとんどない、臭いもないきれいな美凹でした。
というか、大きさはともかく、形は子供のような少し未発達な感じなんですが。

凸を入れた瞬間から、感じるものが全く違います!!
また、真奈美も凸が入ると反応が全然違います。
そういえば、忘れてましたが、前回たった一分でも真奈美がずいぶん気持ちよさげにしてたのを
思い出しました。

後で聞いたところでは、真奈美は、どんな客が相手でも、ほぼ100%確実に逝くそうです。
本当だとしたらこれまたすごい話ですね。
だいたい凸凹を商売にしてる娘は、凸凹に慣れてしまって、
客相手には簡単には感じなくなるとと思うんですが、
真奈美の場合、本人が言う限り、それがないそうです。

凸を真奈美の凹に入れると、もう全く感覚が違って桃源郷にいるような気分になりますが、
動かすと、その快感がさらに向上します。
凹がまったりと、強すぎず弱すぎず凸全体に絡み付いてくる感じです。
釣り天井というのか分かりませんが、特に上の方からの絡みつきが強いですね。

作用・反作用がありますから、この私が味わっている快感を真奈美もそっくり
味わっているのだとすると、それは客相手でも何でも簡単に逝ってしまうのも
納得できます。

さて、真奈美も何かを必死で我慢しているような表情です。
幼い顔のパッツン娘がこういう妖艶な表情をみせるのもたまりません!!
私の凸はそれこそ、本当に数秒で逝きそうになりましたが、
さすがに今回はがんばって我慢してみました。

いろいろとポジションを替えて、真奈美の表情とパッツン姿を
いろんな角度から堪能した後、といっても、わずか5分で逝きました。
それ以上、我慢するのは超一流のアスリートでもなければ無理だと思います。苦笑

いやあ、今度は落ち着いた環境、しかも生でやって確かめましたが
間違いなく真奈美の凹は名凹でしたね。
肌も最高、本人の表情も最高、パッツンも着てくれる。
唯一問題があるとすれば、多くのタイ娘とは違って、関節が堅い、いろんなポジションがとりにくいってことですかね。
まあ、しかしそんなことはこの極上の名凹の前ではたいしたことないです。

いやいや、本当に極上のご馳走を久々に食べた気分になりました。

by plastictakata | 2008-08-20 13:12 | タイ  

<< [8月訪タイ記 - V] ティ... [8月訪タイ記 III] - ... >>