寝る前の日課

昨日のパッツン・クラブオフ会では、暗黒の5人集の乱入もあり、大いに盛り上がりました。
しかし一度だけ、全員が凍りついた瞬間がありました!!
それは、Hiroharuさん、FISHさん、ヒポさんの自慢のタイ娘、暗黒娘のパッツン写真や凸凹動画!! 観賞で、盛り上げりがまさにピークを迎えた時でした。

その時、誰かが何気なくこう言いました。

ところで、誰か日本人の若い彼女の写真は持ってないの?

全員の動きが一瞬、完全に止まりましたね。笑
レストラン全体の温度が一気にマイナス17度まで下がった瞬間でした。

いやあ、決して言ってはならない一言でしたね~。
なんだかんだ理屈をつけたところで、我々東南アジアに嵌っているOさんオサーンたちは、
日本人の若い娘に相手にされないから、東南アジアに逝くんですよ。

日本人の若いかわいい子との凸凹できるくらいなら、
今頃日本で遊びまわっているに決まってますからね~。

暗黒娘に嵌っている人も、天使の都でセクシー娘に癒されている人も
本音を言えば、やっぱり日本人娘が一番じゃないですかね~!! 笑



美佳は漫画が大好きです。
といっても、エロ漫画だけにしか興味はないんですが。

毎日、寝る前に私がエロ漫画を翻訳して聞かせるのを心待ちにしています。
なんだか、小さな子供に絵本を読んでやらないと寝ないのと似ています。
まあ、美佳の場合は、エロ漫画朗読の後に、凸凹要求もあるんですが。笑

エロ漫画も、中にはストーリーが複雑で、結構翻訳の面倒なのがあるので、
それなりに大変なんですが、まあ、ほぼ毎日朗読してやっています。

美佳が毎週読んでいるエロ漫画を並べてみました。

○ 蒼空
○ 艶恋師
○ おいらん姐さん

いずれも週刊漫画サンデー

DEEP Love (Young Magazine)
総理の椅子 (ビッグコミックスペリオール)
チーズスイートホーム (モーニング。これだけ凸凹系ではない。笑)

他にも、凸凹シーンがあるものは、ものすごく読んでもらいたがりますね。
そして、特お気に入りなのが、芸者物風俗嬢物

やっぱり自分の職業上 Sympathy を感じるからでしょうか。笑

ただ先日、ある漫画だけは、凸凹シーンが全くないのに美佳の心に深く訴えかけたようです。
それは、この漫画です。

○ 美童物語 (糸満売り編)

前編
後編

ちなみに、美童物語の既刊単行本はこれです。



今回の話は、第二次世界大戦当時の沖縄での人身売買(糸満売り)が描かれています。
まあ糸満売りは人身売買と言っても、丁稚奉公的な側面もあるので、必ずしも悲劇一色ではないのですが、
やはり全体のトーンとしては哀色を帯びています。

糸満売りされた主人公の少女のお姉さんが病気で死んでしまったシーンには
美佳は涙をうっすら浮かべていました。

そうですねえ、やっぱりイサーンからバンコクの55に出稼ぎに行く子供は多いわけで、
そういう環境で育った美佳は Sympathy を強烈に感じるんですかね。

主人公のお姉さんが死ぬケースは、イサーンからバンコクの55に出稼ぎに行って、
お客さんに HIV をもらって AIDS で死んでしまった先輩凹売り娘のことでも重ねているんでしょうか。




今日は、美佳とお母さんと、近くのオーガニックレストランに食事に出かけました。
途中、小川を通ったのですが、そこに鴨の群れが居ました。
美佳は鴨を追いかけまわして、走り回っていました。
大きなお腹をした臨月も近い妊婦が走り回っているのはなんとも言えず奇妙で笑ってしまいました。

夜、スターバックスにコーヒーを買いに行ったのですが、
車を駐車した後、私が道路の柵を回避しようと歩いていたら、
美佳は相変わらず身軽に柵をジャンプして越えていました。
(ミニスカワンピースなので、パンツは丸見えです。苦笑)

どこの世界に、こんなくらいの柵をジャンプして超えていく臨月間近の妊婦がいるんでしょう。


タイでは、こういう妊婦が当たり前なのか、是非知りたいものですね。笑

by plastictakata | 2008-07-28 01:22 | 日本  

<< 愛の告白 パッツン・クラブオフ会 速報レポート >>