US 出張 IV - 秘伝の暗黒料理

それにしても、Bay Area、昼間は暑いです。
あまりに暑いと思っていたら、気温が100度(もちろんファーレンハイト)を越してました。
夜は涼しいんですけど、この寒暖の差は、いかにも SF Bay Areaですねえ。

昨晩は、所属チームのチームディナーでした。
El Camino 沿いの某メヒコレストランに行きました。
内装は思いっきりしょぼい、田舎レストランなんですが、
この界隈では、これでかなりお洒落なんですよね。
まあ、いつも思いますが、アメリカって偉大な田舎です。

同僚たちと話していたら、思いがけず暗黒帝国人の話になりました。
外国というとフィリピンしか知らないオサーンたちには到底理解できないと思いますが、
US には、フィリピン人が大量に来ています。
まあ、はっきり言って、日本に来ているフィリピン人の数なんかとは比べ物になりません。
South San Francisco City なんて、人口の大半がフィリピン人だそうです。

で、その South San Francisco City には、カジノがあるそうです。
そこに行くと、暗黒帝国人が24時間365日、休まずポーカーをやり続けているそうです。
(24時間365日は、私が誇張して言っているわけではなくて、同僚の言葉をそのまま引用しています。笑)
なお、そのカジノで食べ物をオーダーすると、
秘伝の暗黒フード、フィリピン料理が出てくるそうです。笑
(※ 暗黒フードは美味いと思うか? 同僚に聞いたら、皆顔を見合わせて申しわけなさそうな顔をしてましたね。
きっと味音痴のアメリカ人には暗黒帝国の料理の良さは分からないんでしょう。毒笑)

b0098969_20183640.jpg


しかし、カジノにフィリピン料理って面白いですね。
なんだかイメージに合わない。
同僚たちも爆笑してました。
私、暗黒帝国内のカジノは逝った事ないから、わからないのですが、
暗黒帝国では当たり前のことなのかな。

昨日、昼食はカフェテリアで食べたのですが、偶然隣の席になったのが顔見知りのタイ人でした。
彼の連れもタイ人(若い女性!!!)でした。
うちの会社も、タイ人が増えてきていますね。
まあ、タイ人の奥さんを持つ日本人は、まだ私だけみたいですが。

彼に聞いたんですが、私の会社、そろそろバンコクにもオフィスを作るようです。
いやあ、これでタイに行く理由ができそうです。
いい感じですね~。笑



(追記)

気になったので、暗黒帝国の味、フィリピン・レストランは、本当にUS にないのか、
調べてみました。

サン・フランシスコ界隈のフィリピンレストラン

合計24軒。
フィリピン人が住む South San Francisco 界隈ばかりですが、
SF市内にも、なんと2軒もありました。
人口2000万人と言われる SF Bay Area 全体で24軒。
思ったよりは多いですね。毒笑

ちなみに、タイレストランはというと、以下の通りです。

サン・フランシスコ界隈のタイ・レストラン

SF市内だけに絞っても、
444軒!!
人口で言うと圧倒的にフィリピン人の方が多いのに、この差はどういうことなんでしょうね~。
がんばれ、暗黒帝国人!! 笑

by plastictakata | 2008-07-11 20:21 | USA  

<< お金以外の大切なもの 真奈美の母親 >>