二つの秘密 III (完結編)

今年の1月までフィリピン人のアサワと結婚していたことを美佳に話すと、
美佳は、立て続けに私を問い詰めはじめました。

何? 今年? そんな最近だったの? やっぱり本当だったのね。
その人、あなたのこと好きだったんでしょう?
あなたも、その人のこと好きだったんでしょう? じゃなきゃ結婚なんてする訳ない!!
ねえ、どうしてそのフィリピン人と離婚したの?

どうしてって、それは自分で分かってるだろ。

そこで、美佳は少しうつむき、私と反対方向を向きぼそっと言いました。
"I don't like life somebody unhappy becuse of me"
「自分のせいで他人が不幸になるのは嫌だ」と言いたかったらしい。

(※ この時点では気がつきませんでしたが、過去のエントリを読み返していたら、
なぜ美佳がこう言ったか分かりました。昨年、フィリピンアサワが美佳と電話で話した時、「You made my life miserable (あなたが私の人生をめちゃくちゃにした) と言ったからなのだと、今気がつきました。)

これは意外でした!! 何より自分の利益、自分の幸福のことを優先する凹売りーナの口からこんな言葉が出てくるとは、驚きました。
反対側を向いているのでわかりませんが、美佳は少し泣いているようにも見えます。

アサワへの Sympathy を感じての憐憫なのか、それとも
余裕ある立場ゆえの偽善なのか、わかりませんが、それにしても
私がフィリピン人と結婚していたと分かって初めて出てきた言葉が
そのフィリピン・アサワへの同情の言葉だったのは意外でした。

美佳は1分くらい黙りこくった後、今度は私の方を向いて、私の身体を叩きはじめました。
私、ショック!! 私、長い間愛人だったのね!! 私、自分が人生で一度でもミアノーイ(愛人)になるなんて、想像してなかった。
私はあなたの奥さん(アサワ)が、ミアノーイだと思ってたけど、実は私の方がミアノーイだったのね。
ひどい!! あなた、私をミアノーイにしてた!!
美佳は私を何度も叩きますが、よく見ると目は笑っています。
どうやら、凸カットには至らずにすむそうだと感じ、私はほっとしたのでした。

仕上げはもちろん、仲直りの凸凹。お腹も大きいのであんまり無茶はできませんが、
喧嘩の後の凸凹は気持ちいいですね。爆
美佳の機嫌もとりあえず直ったようです。笑



同様に自分が結婚していることを隠している男性は多いと思いますが、一つだけアドバイスです。

他の女性と結婚していることはできるだけ隠す方がいいです。
何が何でも隠すべきです。
実は、私は逆の立場の経験もあるので想像がつきます。
しばらく愛人をやっていたことがあります。
自分の相手は旦那と別居してて自分と一緒に住んでるし、客観的に考えれば離婚は
時間の問題だって分かっていても、やはり離婚届の署名欄を見るその瞬間まで
どうしても不安が拭えませんでした。
理屈ではない不安感が沸いてくるんです。

ですから、他の女性と結婚している方は、少なくとも離婚成立まではミアノーイ(笑)に
隠し続けましょう。
相手が不安な気持ちになっているとどんな不穏当なことが起きるかわかりません。
逆に言うと、離婚成立してミアノーイと再婚が成立した後なら大惨事に至らずに済むようです。笑

by plastictakata | 2008-06-23 13:48 | 日本  

<< 一軒家風カフェ 二つの秘密 II >>