日本の中のタイ - ワットパクナム (後編)

自宅からちょうど100Km、成田空港のまだ先の千葉県香取郡大栄町(※市町村合併後、成田市大栄町に変わったようです)までやってきました。
高速道路を降りて一般道を走りますが、相当な田舎です。
ファミレスどころか、コンビニもあまり見当たりません。
代わりに、何十年も前からあるような古いレストランがあったりして、
これはこれで情緒があります。

霧雨がぱらついていましたが、思い切ってオープンカーの幌をあけました。
すると、すぐに美味しい空気に包まれます。東京とは全然違うこの新鮮な空気、いいですね。
なんだか呼吸をするだけで健康になる気がします。
また、こういう時オープンカーはいいですね。新鮮な空気を体いっぱいに受けられる感じです。

次第にあの日本の田舎に特有の肥料(牛糞?)の臭いが漂ってきますが
これも如何にも田舎に来た感じがしていいです。

美佳は『イサーンに帰ってきたみたい!!』と喜んでいます。
あなたはどうして東京の真ん中に住んでいるの?
こういう郊外の方が静かで暮らすのにはいいのに。

時々、美佳はイサーン娘らしいことを言います。
でも、本当にこんな田舎に住んだら住んだで
スーパーまで歩いていくのが遠い!! 田舎は嫌だ!!
と、文句を言いそうな気がします。苦笑

さて、どんどん小さな道に入っていきますが、まわりはもう田んぼと畑だらけで
住居すら見当たらなくなってきます。
次第に車がすれ違うのも厳しい細い道になってきて
「道を間違えたかな?」と不安になってきた頃、
ようやくワット・パクナムの案内板が見えました。

ありました。日本の典型的な田園風景の中に、色きらびやかな大きなタイのお寺が建っていました。
しかし、この風景、はっきり言ってミスマッチです。苦笑。

b0098969_3163325.jpg


いやあ、日本にも仏教はありますが、タイのお寺は日本の田園風景には全く似合いませんね。笑

ともかく、駐車場に車を止めてお寺の方に向かいました。
建物は予想以上に大きく立派です。

本堂とは別に事務所棟や宿泊棟、別棟の仏像などもあり、全体はかなり大きな敷地です。
宿泊棟なんて5階建てて軽く100人以上は泊まれそうな大きさです。

b0098969_314544.jpg


ただ、お参りしているタイ人は
一人もいませんでした。
いやあ、タイ人は信仰熱心なはずなんですがね。笑
やはり東京から遠いのが問題なんでしょうか。

b0098969_3153418.jpg


美佳と二人で、手前にある仏像にお参りしていきます。
仏像のそばには、お花、線香、ロウソクが用意してあります。
タンブン(寄付あるいは賽銭)用の箱にお金を入れてから、それらを使うのですが、
まあ、だいたいは日本の仏教と同じやり方です。
違うのは、お辞儀が頭を床につけることでしょうか。
イサーンで行った結婚式の時に何度もやったので、それを思い出しながら、美佳と一緒に
お辞儀をします。

b0098969_3135847.jpg


美佳は自分のお小遣いが入った箱ごと持参していて、その中からタンブンしていました。
さて、本堂にもお参りをしました。本堂は天井が高くて
イスラムかキリスト教の教会を連想させるようなつくりです。
薄暗い本堂の中で、またお参りをします。

b0098969_3142067.jpg


別棟にも入ってみました。ここには、仏像以外におみくじがありました。
二つの妙な積み木がおいてあり、これを投げて運を占うのだそうです。
両方とも表が出ると凶、表と裏の組み合わせだと吉、両方が裏だとソコソコだそうです。
また、棒のおみくじもありました。
30本ほどある棒の中から最初に飛び出た棒の番号で占うのだそうです。
美佳の引いたくじによると、生まれてくる子供は男だそうです。
本当でしょうか? 笑



この別棟のお堂も広くて、50畳ほどはあったでしょうか。
下手な学校の小講堂並の大きさです。

その後、社務所に寄ると、オレンジ色の袈裟を着たお坊さんがいました。
「ホンナム・ユー・ティナイ・カップ(トイレはどこですか)」
と、私が下手なタイ語で話しかけると、
一瞬、戸惑った後、
「ティーニー、ティーニー(ここ、ここ)」
と、妙に簡単なタイ語で返してくれました。

私が背伸びしてタイ語を使ったのが分かったので
意図的に分かりやすいタイ語で返事してくれたんでしょうね。

なんだか子供扱いされているようで、これは日本語で返事されるより恥ずかしいですね。
もっとタイ語を勉強しなくてはいけませんね。

私がトイレに入っている間、美佳は社務所の女性に話しかけられていましたが、
あなた、フィリピン人ですか?
と、日本語で聞かれたそうです。爆

いやあ美佳、怒ってましたね。笑
どうして、タイのお寺でフィリピン人と間違われないといけないの!!??
あなたがフィリピン好きだから、まわりの人まで私をフィリピン人だと思うのよ!!

しかし、どうしてフィリピン人だと思われたんでしょうね?
フィリピン女性もこのタイのお寺に来るんでしょうか???

一つ、美佳は色黒なのがあるかもしれません。
タイ人、特に日本に来ているタイ人は色が白くて日本人に近い肌色の人が多いですからね。
日本では、タイ人はフィリピン人より少ないですし、色黒の若い娘だと
フィリピン人に見えるの....かもしれません。

お坊さんと少し話をしましたが、このワット・パクナム、タイから送り込まれている
お坊さんが数人いるようです。
ものすごく上手な日本語を話されるので私の下手なタイ語は全く出番はありませんでした。笑

お坊さんに軽く挨拶してから、ワット・パクナムを後にしました。
帰りの社中、美佳のタンブンの額はいくらだったか、少し気になりました。
そこで私が美佳に話しました。
いくらタンブンしたの? 日本では典型的なタンブンの額は5円だけど。
ふー!!!』(※ タイ人が少し驚いた時に出す擬音語)
と、美佳はちょっと怒ったような顔をしてました。笑

まあ、タンブンと賽銭は意味が微妙に違いますからね。
5円くらいのタンブンでは、お祓い効果はなさそうです。笑

日本でもお祓いは相当な高額でしょう。
その道のプロに頼んだら数万円はするんじゃないでしょうか。

で、実際のところ美佳がいくらタンブンしたのかというと...
バーツと円とあわせてタンブン総額は
50円でした。爆

いやあ、タイではこれでもご利益があるんでしょうか。
まあ、大事なのは気持ち....ですよね。笑

b0098969_3155768.jpg


というわけで、ゴールデンウィーク中、遠出してタイのお寺まで行ってきたのでした。
これで美佳の飼ってきたピー君がおとなしくなってくれるでしょうか。

まあ、バンコクに住んでいるポーンという足のあるピーは全くおとなしくならないと思いますが003.gif

by plastictakata | 2008-05-07 03:17 | 日本  

<< ブラジャー 日本の中のタイ - ワットパク... >>