グリーンマンゴー

美佳は妊娠一ヶ月ほどでつわりが始まった。
で、あまりパターンどおりではあるのだが、酸っぱいものを食べがるようになった。

美佳に限らずタイ人は元々かなり酸っぱい食べ物が好きだ。
すっぱーいお菓子、スモモちゃんなんかは喜んで食べる娘が多い。

b0098969_1345157.jpg


美佳も元々好きだったのだが、妊娠してからは、それこそとりつかれたように
むさぼり食い始めた。

食べても食べても止まらないらしい。
逆に大好きだった甘いものは全く食べる気がなくなったらしい。

朝から晩まですっぱいものを食べはじめた美佳だが、
さらに酸っぱいものが食べたいらしい。
そんな彼女が食べたいと言ったのはグリーンマンゴー。

Green Mango と英語で言うと単純だが、
実は Green Mango にも色々種類がある。

一般的には熟しても青いままのマンゴー種をグリーンマンゴーと
呼ぶようだが、美佳が言っているグリーンマンゴーは、
黄色いマンゴーが熟す前のもの。

そういえば、ピーナが妊娠した時も、グリーンマンゴーが食べたいと言っていた。
東南アジア共通で、妊婦が食べたくなる食べ物なのだろうか。

ちなみに、マンゴー自体もフィリピン産やタイ産ではずいぶん違う。
タイで有名なのはナムドックマイ種。
これは、フィリピンマンゴーの1.5倍くらいある大粒のマンゴー。
柔らかくて甘くて味もよいのだが、熟す前は他のマンゴーに比べ一際、酸っぱいように思う。
これがグリーンマンゴーの時は、半端ではなく酸っぱいらしい。
知り合いのタイ人に話したら、体を震わせて「酸っぱすぎだよぉ」と話していた。

そして美佳が食べたがったのは、このナムドックマイのグリーンマンゴー。
美佳があまりにねだるので、買ってやろうと思ったのはいいのだが、
実はこのナムドックマイのグリーンマンゴー、どこに行っても買えなくて難儀した。
頼みの新宿のアジアンスーパー(大抵のタイ食材はここで手に入る)でも
置いていない。

前にピーナにグリーンマンゴーをせがまれた時は知り合いのフィリピン料理屋で
少しばかりわけてもらったのだが、それはもちろんフィリピン産のマンゴー。
美佳はどうしてもナムドックマイ種でないと、嫌だと言う。

ボブさんなど、タイ通の友人からもさまざまなアドバイスをいただいたが、
ナムドックマイのグリーンマンゴーを今すぐ、となると難しい。

困り果てていたところ、行きつけのタイ料理屋のオーナーが協力を申し出てくれた。
この話をしてから3日後、オーナーが袋いっぱいのグリーンマンゴーを持って帰ってきてくれたのだ。
しかも、代金は「気にしないで」と、手間賃すら受け取らない。

b0098969_12839100.jpg


このタイレストラン、いつ行っても行列ができているくらい人気の店。
味も抜群にいい。
美佳が来日当初、ホームシックになりかかっていた時期があるのだが、
この店のイサーン料理を食べて急に元気になったこともある。

こんなありがたい店が家のそばにあって本当にラッキーだった。
またオーナーの好意には感謝するばかりだ。

ともあれ、周囲の方の好意に支えられて、美佳のお腹の中の子は
すくすくと育っている.............



..............まあ、つわりだろうが、何だろうが、
パッツン凸凹することだけは
変わらないですがね。笑

今日も家に帰ると美佳がパッツン着て待っていたので、
本能の赴くままにパッツン凸凹してしまいました!! 笑

by plastictakata | 2008-02-08 02:23 | 日本  

<< ミャンマーレストラン 凹の香り >>