タイ人の欠点

今までのEntryでは、タイ(人)のすばらしいところばかり書いてきましたが、たまには
タイ(人)の悪いところも書いてみたいと思います。

まあタイ(人)にも悪いところはいろいろあります。
  • 仕事をしない
  • いい加減
  • 時間/約束を守らない
  • (特に凸凹関係で)節操がない
...いやいや、数えればきりがないですが、
まあ、日本人や他の先進国と比べたらという話であって
あの暗黒のP国にくらべたらずいぶんましです。笑

それでも、P国人よりひどいと思えるのが一つだけあります。
それは、
お金への執着心の強さ
です。

これは、もうすさまじい。
美佳と私の結婚式の様子をこのブログで読まれた方は既にご存知だと思いますが、
タイの結婚式は銭ゲバ!!
花嫁は金銭との交換の材料。マルセル・モースの贈与論をそのまま連想しちゃいます。笑

別に美佳の家だけがそうなのではなくて、銭ゲバ形式結婚式はタイではごく一般的です。
(※バンコクのような都会では近年変わってきています)
また、外国人相手の結婚だからそうだというのではなく、タイ人同士でも銭ゲバ形式は同じです。
(※外国人相手だと結納金額が増えるのは確かですが)
まあ、タイになじみのある方ならこのあたりの事情は私よりよほど詳しいかと思います。

さらに結婚式に限らず、タイ人は何かについてすぐに金に結び付けたがります。
一言で言えば、金に汚い。家や土地への執着も激しい。
逆に、金のためなら何でもします。

タイ人と話していると(上流階級でも中流階級でも下流階級でも)、どうやって金を増やすか
どうやって金を儲けるかの話が非常に多いのに気がつきます。

この金に執着する文化は中国に似ているとよく聞きますね。
実際、タイでもっとも金に汚いといわれるのはヌア(北部。チェンマイ、チェンライなどの地域)で、
人種的にも中国人に一番近い人たちです。
(※タイ人の祖先は中国雲南地方からタイ北部に移動してきて、次第に土着のマレー系人種と同化したと
言われています。そういう関係で北部はいまだに文化的・人種的に中国に近いと言われます。)

また、私の個人的な印象としては日本の田舎に非常に近い。
結婚式が銭ゲバなのも、相続で一族が泥沼で争うのも、首長が賄賂まみれなのも
日本の農村地帯の田舎で見られるのとかなり近似しています。
まあ、銭ゲバなのは東アジア共通の伝統的カルチャーなのかもしれませんね。

ただね、このタイ人の拝金主義は、ある意味扱いやすいです。
理屈が通じる相手ってことですから。

お金を重視しているということは、逆に言うと、
利益さえ提示すれば何でもしてくれる
現役女子大生のパッツン娘が
お金さえ払えばピチピチの凹を提供
してくれます。笑
これが暗黒の国の人間だと金を受け取ってもサービスするどころか感謝すらしないことがありますからねえ。笑

それにね、タイ人は先行投資も理解してくれます。
金を持ってそうな相手なら、金を支払わなくてもお試しサービスで凸凹させてくれます。

さらに言えばね、タイ人は Give & Take をきちんと理解しています。
大枚を払えば、それに応じて変態凸凹でも何でもやってくれます。
2000万円払えば、日本に出張してきて
毎日パッツン凸凹
させてくれます。

いやあ、凸凹経済論理が通じる国は楽でいいなあ。
やっぱりタイは最高!!

by plastictakata | 2008-01-29 00:01 | 日本  

<< つつましいタイ人 フィリピン好き人間とタイ好き人間 >>