パッツンできなくなる理由

皆さんの予想通りだと思いますが...これです。
b0098969_170574.jpg


元旦の日、仕事に出かけていた私のところに、美佳からメールが届きました。
「今すぐ話したいことがある。」

また、『家を建てるのに200万バーツ(約700万円)がいる』という話かなあ、と不安になりながら
私は家に帰ってきました。

家のドアを空けると、美佳が満面の笑みを浮かびながら飛びついてきました。
そして手には何やら棒状のものが。。。
棒状のものにはくっきりと横線がありました。。。

夜になって美佳が腹痛を訴えだしました。前日から腹痛があったのですが、この日は前日よりさらに激しいようです。
ただごとではなさそうなので、いきつけになっている近くの某総合病院に連れて行きました。
そして産婦人科で検査してもらいました。
この病院、ドクターのほとんどが英語を流暢に話しますし、ナースも片言の英語を話すので助かっています。

以前、美佳の凹が病気になって治療してもらったときも、帰り際、看護婦さんが優しく
どんとせっくす♪
と、すごい英語で声をかけてくれたのが印象的です。笑

ともあれ、超音波、尿、血液など数種類の検査を行いました。
途中の報告によると腹腔水が人より多く、卵巣からの出血が疑われるそうです。
だんだん、シリアスになってきました。

とうとう最終的な診察結果がでました。
若い女性のドクターが私と美佳に対して厳かに言いました。
「腹痛の原因は... 便秘ですね」

おいおい、なんだよ、これだけ大騒ぎして結局、ただの便秘だったのかよ~。
美佳はクスクス恥ずかしそうに笑いながら言いました。
『そう言えば一週間、大の方、してなかった。ふふふ』
私「ふふふじゃねえよ!! 心配させやがって。」

そこでドクターが再び口を開きました。
「まあ、それはそうとして...おめでとうございます。」

え?ってことは??
はい、腹痛とは関係なく、できていたようです。

おめでとう美佳!! おめでとう、私!!
いやあ、齢52歳を過ぎて20歳の女の子に種を仕込むことになるとは思いませんでした!!
今年は元旦からめでたいです!!

...というわけですので、パッツンもあと数週間しか楽しめないようです。

by plastictakata | 2008-01-03 17:20 | 日本  

<< 久々の出張 お知らせ >>