[3月訪タイ記] VII 第三日 - アフタヌーンティー

お昼頃、起きた私は、少し仕事をしながら、美佳が起きてくるのを待ちました。
美佳が起きてくると、パッツンを着て、化粧をするように言い、
遅めのランチを取れる場所を考えました。

b0098969_1461571.jpg
今日は、チャオプラヤー川沿いの某ホテルでアフタヌーンティーをしようと思いました。
アフタヌーンティーは、前に香港で両親と食べて以来ですね。
タクシーに乗り、美佳と二人、某高級ホテルに向かいます。
天井が高く格式の高いホテルに、エロエロ清純の美佳のパッツンは良く似合います!! 笑

b0098969_1471193.jpg

周りの人の視線が痛いですね。
ちなみに、当然パンツは出発前に脱がせています。笑

カフェに入り、アフタヌーンティーをオーダーします。
紅茶の種類が豊富なのが、お茶好きの私には、ものすごくうれしいです。

b0098969_1463539.jpg

周囲には、品のよさそうなファランや東洋人が気だるげに座り、
午後のひと時を過ごしています。
オープンテラスでは、日本人らしき女性もチャオプラヤー川をながめながら
まったりしてました。

こういう時間があると、人生が豊かに感じるのでいいですね。
私は、いい雰囲気のお店で、ゆっくりお茶するのがすきなんですよねえ。
世の中には、凸凹さえできれば後は何でも一緒、という考えの人も
いるかもしれませんが、私には馴染めないですねえ。
凹売りーナ相手でもデートを楽しみたいし、パッツンやパーティ用ドレスやら、いろんな服を
相手に着せるのも楽しいです。
料理にたとえて言うと、素材ももちろん大事ですが、それと同じくらい、
調理法方や皿や食べる場所の雰囲気や状況も大事だと思うんですよね。

b0098969_1465557.jpg

ところで、このカフェでちょっと違和感があったのは、すぐ隣の席に座っていた中国人男性二人。
貧相な服装でちょっと浮いています。
(まあ、パッツン姿も十分浮いているんだが。笑)
観光ガイドを読んでいるのが見えたのですが、この観光ガイド、
カラフルで写真がたっぷり入っています。
最初、日本人向けのガイドかと思ったくらいです。
このガイド本といい、このカフェで男二人でのんびりしていることといい、
中国人も、優雅な観光をする時代になってきたんですかねえ。

この二人、格好はいまいちお店の雰囲気に馴染んでませんでしたが、
話し方とか、食事のマナーはなかなか上品でしたね。
リッチ層の人たちなのでしょう。

アフタヌーンティーをゆっくり終えた後は、ちょっと野暮用があったので、
某ビジネス街に向かいました。
このオフィスに、居た旧知の人に、美佳とアサワが電話で対決した話をしました。
すると、その人が、笑いながら、
ああ、Little Wife はおめかけさんのことですね。
と教えてくれました。

b0098969_148026.jpg
FTさんのコメントによると、タイ語の愛人「ミアノイ」が、
「小さな奥さん」という意味なので、それをそのまま
英語にあてはめたのではないか、ということです。

野暮用を終えた後は、ソイカによりました。
まだ日の明るいうちでしたが、ソイカウボーイは結構人出がありましたね。
路上の服屋さんで、露出度バリバリのドレスを買いました。

b0098969_1473780.jpg
美佳は、肌を露出するのが嫌だと、すごく恥ずかしそうなことを言うことも
多いんですが、この時のように、自ら進んでそういう服を選んだり
着たりします。
本当に二重人格っぽいですね。

ホテルに帰ることにしました。
今夜は二人でまた宴会をしようということになってので、
ホテルの近くのデパートでビール、ウォッカカクテル、テキーラ、レモン、おつまみを大量に買い込みます。
(ちなみに、テキーラは、レモンと一緒でないと飲めないようです。ピーナと同じですね。)

ホテルに帰ってふと、携帯をみると、美佳のSIMを差し込んだ
携帯の方には、いくつかメッセージが入っていました。
そのうち一通はアメリカの某州の番号。
某州は、マービンの出身地の州です。

b0098969_1482941.jpg
内容を見ると、マービンは先週までバンコクにいたようですが、
既にUSに帰ってしまったようです。
できれば、今回、会いたかったのですが、残念です。

また、この次の日だったか、美佳に来たPCメールを読ませてもらうと、
マービンは完全に美佳と別れてしまってました...

マービンから美佳への最後のメールは、礼儀とおもいやりがあって、
立つ鳥の後のきれいさが感じられましたね。
このあたり、マービンは、やっぱり常識のある人だったと思います。
ただの55娘だった美佳をここまで教育したことといい、感謝と尊敬を感じます。

by plastictakata | 2007-05-09 00:01 | タイ  

<< [3月訪タイ記] VIII 第... [速報] 帰国 >>