[3月訪タイ記] II - 第一日 - Lalann さんと初対面

スクンビット某所の待ち合わせ場所に着きました。
時刻は既に夜中の3時を回っておりますので、周辺のお店はもう結構閉まっていました。

b0098969_12311845.gif
我々より先についているはずの Lalann さんを探しましたが、
周辺に凸を買ってそうな日本人女性は見当たりません。

おかしいな、と思って電話してみました。
すると、目の前にいた色白のきれいな女性が携帯電話を取り出しはじめました。

えーーーーーーーーーー!?

めちゃくちゃきれいな人ですよ。
でも、確かにかわいらしくも男前のタイボーイが横に付き添っています。

一応、確かめるために電話で「もしもし」と言ってみました。
すると、目の前に立っていたそのきれいな女性が、こちらを胡散臭そうな目(※)で見ながら
「もしもし」と日本語で答えました。
(※ Lalannさんは、私の予想以上のの加齢臭に顔をしかめたようでしたが、
隣に居た美佳のパッツン姿を見て、私だと確信したようです。)

b0098969_12314362.gif
やっぱり、そのきれいな女性が Lalann さんでした。
いやあ、びっくりしましたね。

ちなみに、横にいたC君と美佳のゲイ友達のカレンちゃん(君?)の間に
一瞬、何か電流が走った気がしました。笑

実は、カレンちゃんとC君、最初に一瞬見ただけで、お互いが
ゲイだとわかったようです。
私からすると、カレン君は普通の男の子に見えるし、
C君も普通の男前に見えるんですけどね。
やっぱり、ゲイ同士、相通ずる何かがあるんですねえ。笑

ともかく、どこかで座って話をしようということになりましたが、
この時間、さすがにお洒落系のお店はことごとく閉店していました。
美佳のお勧めの卑猥系のお店もほとんど閉店。
結局、みんなで数十分ほどウォーキングエキササイスをした後、(笑)
とあるオープンレストランで食事をしながら話をすることになりました。

しかし、話をしていても、Lalannさんは、素敵でした。
考え方もしっかりしてるし、そつがないし、頭もよさそうだし、
なんでこんな人がタイに嵌って凸買いをしているのか、わかりません。
まあ、出来すぎる人は意外なものにはまるもんなんでしょうか???

一時間ほど、お話をした後、レストランの前で、Lalannさん、C君と別れました。
ここで、カレン君(ちゃん?)も、彼氏の家に帰って行きました。

b0098969_12321145.gif
美佳と私はホテルに戻りました。
帰りにセブンイレブンによって、買い物をします。
特に、SIMカードを買うのを私は忘れませんでした。

どうしてSIMカードを買うの
と、美佳が聞いてくるのに答える代わりに、美佳の携帯の SIM カードを交換しました。
そして、美佳のSIMカードは私が預かりました。

これで、アサワと美佳が毎日会話するのを避けることができます。
いやあ、一回二回、三回、くらいなら面白いだけなんですが、
さすがに毎日話されると、私の言い訳の辻褄も合わなくなってきますから。笑

さて、ホテルに着きました。時刻はすでに5時近くになっています。
が、やることは決して忘れない二人です。
ましてや、今日は美佳はパッツンを着てますからね。
私が萌えないわけありません。
美佳はドクターから凸凹禁止令が出てましたが、
そんなものは犬猫並みの性衝動を持つ我々には、関係ありません。笑
激しく凸凹しながら初日の夜は更けていったのでした。

by plastictakata | 2007-04-28 12:36 | タイ  

<< [3月訪タイ記] III 第二... 嵌り中 >>