タイレストランとフィリピンレストラン

まあ、味は個人の好みがあるとしてだ....
客層はあまりに違うよね。タイレストランとフィリピンレストラン。

今日行ったのは、屋台風タイレストラン。安っぽい店だけどね、客は
素敵な日本人の若いカップルが二組、ちょっと香水きつめのおばさん連れ二人、
タイ人(決して水商売風ではない!!)と30歳くらいの兄さんのカップル。

すっごくまともそうな人たちばかり。

一方、フィリピンレストランに行くと、お水やってます!! の雰囲気バリバリの
ピーナと、激しい加齢臭のオヤヂばかり!!
異様な雰囲気だね。
暗黒のオーラが漂ってます。笑

まあ、好奇心で、ああいうところを何回かはのぞいてみるのはいいと思うけどね、
まともな人間が、ずっと通うところじゃないね~。

ちなみにね、こういう現象が見られれるのは、日本だけじゃないよ。
アメリカでも同じ。

アメリカでもね、タイ料理のお店はすっごくたくさんある。
若者も老人も来るね。
大きな町に必ず一軒はタイ料理の店があるし、デートで使われてることも多い。
俺もアメリカ人の彼女と付き合ってた時、何度か彼女の希望で行ったよ。
お洒落なタイレストランは、珍しくないからね。

一方、フィリピンレストランはと言うと...必ず下町にあって、客は怪しげなヒスパニックばかり...
(なぜか、フィリピン人自体はあまり来ない。)
もう、全然違います!!

いくら痛いオヤヂがフィリピンを無理やり美化しようとしてもね、タイとフィリピンに対する
日本人やアメリカ人の見方ってのはもう、全然違う!!
このレストランに来る客層が象徴してるよ。

タイは、地域大国、文化も立派にある国。若者がデートでも使える食事もある!!
フィリピンは....じゃぱゆきの母国。凹売り国家

こういう世間の人たちの考えにはもちろん偏見も含まれてるよ。
でもね、偏見も含めて、そう見られていること自体は事実だよね。
痛いオヤヂでも、それくらいは素直に認めた方がいいんじゃないかな。

世間の悪評を認めた上で、その評価を変えようと行動するなら尊敬できるけどね。
事実を事実として認めないっていうのは、単なる思い込みの激しい痛いオヤヂにしか思えないんだよなあ。

というわけで、私は来週もタイレストランに行きます。
フィリピンレストランには、もう二度と行かないと思うけど。笑
(うちのアサワですら、最近はフィリピンレストラン、嫌がるからねえ。笑)

by plastictakata | 2007-04-15 02:04 | 日本  

<< [2月 渡比記] V - 三日... 日本人カビット >>