[2月 タイ滞在記] VII - 四日目 : コーヒーショップで軽食

以前、何もなかったはずの場所に、マービンの写真が飾ってあるではありませんか。笑

b0098969_20512272.jpgなぜ今更マービンの写真が、母親宅に飾ってあるのか、本当の理由はわかりません。
ただ、おそらくは、こういうことだと思います。
美佳のアパートにその写真を飾っていると、今やメインスポンサーになった私の機嫌を損ねる。
でも、美佳はマービンの写真は捨てたくない。
そこで、私の目に触れることはほとんどない、
母親宅に持ち込んで、飾ってたと言うところでしょうか。笑

まあ、正直言えば、美佳の実家に誰の写真を飾ってようが、
私にとってはどうでもいいことです。
そんなこと聞く暇があったら、パッツン凸凹したいですから。笑

ただ今や私は一応、夫ですからねえ。
何も言わないわけにも、いかないなあ、と思っていると、
タイミングよく継父が仕事から帰ってきました。
これで、話がまぎれてくれました。
美佳が、母親と継父の双方から事情聴取を始めます。

次第にタイ語で母親が泣き喚きはじめました。
夫に捨てられそうなのが情けないのか、捨てられて収入がなくなるのがつらいのか、
持病が心配なのか、はたまたその全部なのか、
ベッドをたたいて泣き叫んでいます。

私は早く帰って凸凹したいし、さっさと逃げ出したかったのですが、
まあそういう雰囲気でもないです。

b0098969_20514545.jpg仕方ないので、封筒に15万バーツをいれて母親に渡しました。
すると、母親はにっこりわらって泣き止みました。
なーんだ、結局金が欲しいパフォーマンスだったんだね。笑

この母親、私が帰ろうとすると、私に抱きついてきたのですが、
髪の毛が妙に良い匂いがしました。
ピーナの安っぽいシャンプーの匂いとは大違いですね!!
タイはおばさんまでいい香りをさせてますよ! 笑

タクシーに乗ってアパートに帰りました。
家につくと、妙に腹が減ってきました。
家の前のオープンカフェで食事をします。

タイは、こういう小洒落たお店がいくらでもあるのがいいです。
しかも食事がうまい!!

ただ、季節柄か蚊が多くてそれだけは困りました。
美佳は全く刺されないんですが、私は10箇所くらいさされてしまいました。
今回の滞在では、家の中でも蚊が多くて大変でした。
美佳の部屋は5階なんですけどね。
排水溝から蚊が上ってくるのかな。

b0098969_2052843.jpg家に戻ると、美佳は自分用のココアを作りました。
タイでもココア飲むんですね。
こういうお茶タイムがあると、なんだか心がリッチになった気がします。
さて、シャワーを浴びた後は、お約束の凸凹。
美佳との凸凹は何度しても飽きませんね。ははは。

この日は、美佳がかつての「彼女」の話をしてくれました。
美佳は最初に付き合った相手は男ではなくて、女だったんですよね。
14歳の時だったそうです。
彼氏が出来た後も、何人かの「彼女」と付き合ってますし、
今でも女好きですからねえ。

まあ、どんな相手とどういうプレーをしていたかを聞きました。
今までで一番好きだった「彼女」は、年下だったとか。
すんごいきれいな子だったらしいんですけど、写真がなぜか残ってないそうです。

というわけで、最後の夜も凸凹しながら更けていきました。

by plastictakata | 2007-04-06 20:53 | タイ  

<< [2月 タイ滞在記] VIII... [2月 タイ滞在記] VI -... >>