[イサーン式結婚体験記]七日目 I - 美佳の失踪


この日の朝は、ポーンからの電話には悩まされませんでしたが、
(電話の線は前日、美佳が抜いたままです)
究極のパッツンで興奮し切っている私は
あまり眠れずにすぐに起きてしまいました。

起きては凸凹、寝ては起きて凸凹。
それを何度繰り返したでしょうか。
美佳のあそこも相当痛くなってきたようですが、
二人ともいったん始めると止まりませんでした。

b0098969_0514062.jpg
結局最終的に起きたのは夕方です。
この日は本当に最後の夜です。
翌日、マニラに行かないと私は日本に帰れなくなります。

ここ数日、ディナーは、私や私の友人が選んだ名店ばかり行っていましたが、
最後の夜は美佳に行きたい店を聞いてみました。

すると、美佳は、以前二人で行った、夜景の見えるオープンレストランに行きたいと言いました。

11月、ロイクラトーンに行く前に、二人でデートした場所です。
美佳はこの店が気に入ってたようです。

このあたりがね、タイガールのいいところなんですね。
私は結構雰囲気のいい場所でデートするのが好きなんですよ。
ただ、フィリピンだと、そういう場所でありがたかってくれる子は希少です。
上流階級でも意外と騒がしいところが好きだったりします。

ましてや、凹売りーナとなると、高級レストランに連れて行っても
落ち着かなくてそわそわしてるし、
そんなところより、ジョリビーに行きたいと言う始末です。
だいたい、いい店の多くはケソンに集中していて遠すぎですし。

美佳はタイガールの中ではそれほど育ちがよくない方です。
こういう雰囲気のいいお店に言ったことも全然なかったそうです。
けれども、一度連れて行くと、楽しんでくれるし、喜んでくれる。

まあ、凹売りーナに、プラスティック恋愛すら楽しませてもらえず
500ペソで買える南極二号」行為ばかりしている妄想癖オヤヂには
到底理解できないでしょうがね。

ともかく、美佳が行きたがってる店があるのはうれしいです。
よし、と思って予約の電話を入れます....が、
残念ながら既に満杯

それ以外の夜景の見える屋上レストランもすべて予約でいっぱい。
仕方なく、屋内型の夜景の見えるレストランにしました。
ここは、ここで悪くないところです。

美佳にはめいっぱいドレスアップして出かけるように言いました。
やはり、よい店には、お洒落して出かけないといけませんからね。

フランソワと連絡をとります。
彼は、この日、アユタヤに日帰りツアーに行っていたので
遅めの時間に会うことにしました。

で、その後、美佳とまた凸凹してしまいました。笑
すると時間がほとんどなくなってしまいました。

美佳が先にシャワーを浴び、私が次にシャワーを浴びました。
私がシャワーから出てくると、なぜか美佳の姿が見当たりません

そういえば、シャワーを浴びてる時、ドアが開閉する音がしてました。
外に電話をしに行ったのかな、私に聞かれたくない話を男としてるのかな、
と思いましたが、携帯電話は部屋の中にありました。

ポーンがやってきてので、外で話しているのかな、とも思いました。

しかし、10分経っても、20分経っても美佳は帰ってきません
もうレストランの予約には絶対間に合わない時間になりました。
レストランはともかく、美佳が事故にでも巻き込まれたのではないかと、さすがの私も不安になってきました。

by plastictakata | 2007-02-23 23:05 | タイ  

<< マニラ - バンコク ライン ブルゴス近況 >>