[イサーン式結婚体験記]六日目 I - 早朝の電話、再び

例によって早朝から電話がガンガン鳴ります。
ポーン(美佳のタイ人彼氏)です。

美佳はそのたびに口論しています。
なんでもこういう会話をしていいたらしいです。
イープン(日本人)はまだいるのか?
「いるよ」
いつ帰るんだ
「知らない」
二人で何してるんだ。エッチしてるのか。
「してるよ」
なんだと!! 俺にはその部屋でやらしてくれないじゃないか!!
(※ 美佳から一方的に聞く話なので、どこまで本当かはわかりません)

b0098969_037813.jpg
あまりに電話がうるさいので、最後には美佳は
電話の線を抜いてしまいました。

まあ、私も起きてしまったのでとりあえず、凸凹します。
この頃になると、さすがに美佳も痛くなってきたようです。ははは。

起きて美佳と話をしていると、いろいろと教えてくれました。
マービンとどんなエッチをしているか、凸はどのくらいのサイズか。
ポーンとはどんなエッチをしているか、凸はどのくらいのサイズか。
レズビアン彼女とはどんなエッチをしているか。
などなど。

しっかし、私の知っているだけで同時に3人の彼氏がいた美佳です。
『本当に悪い女だよなあ。』
と笑いながら言うと、
「でも、あなたには悪いことしてないもん。」
『ははは、何言ってんの。俺と、マービンと、ポーン三人と同時に
付き合ってたくせに。』
「....」
『マービンには本当のこと、言っちゃおうかなあ。』笑
「いいよ。笑。あなたが言っても彼、絶対信じないもん。
彼、私のこと本当にいい娘だと信じ切ってるから。きゃはは。」
『...』

いやいや、本当に悪い女ですね...笑

誤解のないように言うと、美佳は基本的にはいい子だと思います。
優しいし、甘いですね。よく気もつきます。

美佳にあった私の友人もみんなそう言います。
(清純そうな外見で騙されてる部分もかなりあるとは思いますが)
ただ、多くのタイガールと同様に、誰にたいしてもいい子なんですよね。
誰に対してもいい子ってのは、凹買いする際には都合がいいんですが、
ガールフレンドや奥さんにするには逆に問題なのです。
まあ、それについてはまた後日改めて書こうと思います。

「私、あなたに悪いことしてないよ。ポーンにだって
あなたのことぜーーんぶ、話してるもん。」

いや、だからって悪いことしてないのとは関係ないよ。
つか、ポーンも俺の凸の詳細まで知ってるということか...。

b0098969_0373487.jpg
「あなたと初めて会った時の写真、携帯に保存してあるのにポーンが気がついたの。」
「誰だって聞かれたから『カスタマー』って答えたわ」
『あれえ? ポーンは、お前の仕事、知らないはずじゃないのか。笑』
「....」
『まあ、いいや。話を続けろよ。』
「で、あなたから毎日メッセージがあったでしょう。」
美香の携帯を見ると、確かに私のメッセージが出会った時の最初のものから
全部保存されてあります。
他のメッセージは見当たりません。他の男のメッセージは
プライベートボックスなんかに入れてる可能性もありますが、
ともかく、inbox に入っているのは私のメッセージだけです。
そりゃ彼氏としては突っ込みたくもなるでしょう。
「で、彼が聞いてきたの。ただの客なのになんで毎日メッセージするんだって。」
『で?』
「だから、私言ったの。彼はカスタマーじゃなくてボーイフレンドだって。」
『それで?』
「彼、泣いちゃった。どうしてカスタマーだなんて嘘ついてたんだって。」

まあ、どこまで本当か分かりませんが、ポーンが泣いたと言うのは
本当だと言う気がします。

あの大男が泣くところを想像してしまいました。
まあ、風貌があれでも、中身は18歳の少年ですからね。ましてや美佳は最初の女。
百戦錬磨の凹売りーナが相手というのは、彼の手にあまる相手だというのは
容易に想像がつきます。

美佳と彼の将来がどうなるかは私にはわかりませんが、
今のままでは、彼はヒモとして足りなさすぎるという気がしますね。

by plastictakata | 2007-02-18 03:42 | タイ  

<< [イサーン式結婚体験記]六日目... [イサーン式結婚体験記]五日目... >>