[イサーン式結婚体験記]五日目 I - 早朝の電話

ほとんど寝ないうちに、電話で目が覚めました。
美佳の携帯ではなく、部屋に誰かが電話してきています。
美佳が応答していますが、なんだか不機嫌そうです。

ほどなくして、部屋のドアがノックされました。
最初は宅急便かと思ったのですが、違うようです。
ドアを半開きにして、美佳と誰かが話しています。
男の声です。
ああ、タイ人彼氏が来たのかなあ、と頭の片隅で考えていました。

b0098969_17581131.jpg


5分か10分ほど話して、男は帰ったようです。
この時、朝の7時くらいだったと思います。

いったん起きると、凸も起きてしまいました。
美佳と二人で凸凹に励みます。
そしてまた眠りに落ちたのでした。

次に、起きたのは昼過ぎ。
フランソワからのメッセージが何件か入っていました。
「へい、返事ないのはまだベッドの中だからかい?」笑
ははは。さすがよく分かってますね。

今晩もフランソワと一緒に夕食をとることにしました。
この日は彼が予約をいれます。
昨日、私が予約した場所に劣らずいいレストランにすると言っていました。

ベッドに戻ると美佳はまだ寝ていました。
昨日のパッツンをまだ着たままです。
見ていると、興奮してまた凸凹してしまいました。

b0098969_17583142.jpg

凸凹が終わった後、美佳の箪笥を見せてもらいました。
美佳は意外とあんまりセクシーな服はもっていないんですが、
数だけはさすがにものすごいあります。
下着も、何枚かはTバックがありました。
Tバックを見ていると、やはりBengalさんを思い出してしまいました。
夜、出かける時は、Bengalさんも喜びそうなスケスケのTバックを
はいて貰うことにしました。

b0098969_17584540.jpg

で、それを想像するとまたしても...
凸凹しました。笑

ところで、昼過ぎにかけて、美佳の家の電話が何回も何回も鳴ります。
その度に、美佳は電話をとって応答していますが、かなりしつこいのでうざいです。

聞くと、電話の相手はやはりタイ人彼氏だそうです。
美佳の新しい携帯番号をまだ知らないので、家の方の電話に
かけてくるのだそうです。

b0098969_17585918.jpg

しかし、このタイ人彼氏と話す時は、いつも美佳は喧嘩口調です。
最後にはいつも電話をたたき切っています。

「彼はいつも連絡ないくせに、あなたが部屋にいると
いっぱいかけてくる。」
「私が呼び出しても家に来ないくせに、あなたが部屋にいると
この部屋に来たいだって」
「彼、あなたに会いたいんだって」

ははは、美佳が普段、彼氏を呼び出して会っている状況がよく分かります。
このアパートは、マービン(アメリカ人彼氏)がお金を出してくれて
いますが、
探し出してきたのは、ポーン(タイ人彼氏)。
彼が自分の家からすぐに来れるように決めたそうです。

美佳のアパートは、指紋認証と鍵がありますが、
彼の指紋は当然登録してあって、いつでも部屋に来れるそうです。
アメリカ人彼氏の金で借りたアパートで、タイ人彼氏と
毎日学校にも行かずに凸凹しまくりか...
本当にマービンが不憫でなりませんね。

このポーン、私と美佳が婚約後に私にメールをしてきた男でもあります。
「この人、ゲイよ。」
と、美佳が愚痴っていましたが、よく聞くと、彼は全然ゲイではないようです。
ポーンが美佳を相手にせず、男友達とばかり話しているので
焼餅を焼いていただけのようです。

また、「もう新しい彼女がいる」
「私があげたコンドームがいつの間にか減ってる。
他の女と使ったからだ。」
というのも、単なる美佳の焼餅のようですね。

写真を見ると、ポーンは、結構かわいい顔をしていますが、
やはり本物のゲイとは違うようです。

年齢は、美佳の一つ年下で、18歳の高校生。
美佳が筆おろしの相手だったそうです。

b0098969_17594923.jpg
知り合ったのは、2年ほど前。ネットで知り合ったそうです。
付き合いだして最初の頃は、彼の家(両親も同居)で、エッチをしまくってたそうです。
おかげで、彼のお母さんには美佳は嫌われまくってるとか。

1年ほどたった頃、マービンの勧めで美佳は引越しをすることになり、
彼の家の近くに引っ越してきたのです。

さて、そのタイ人彼氏に会いたいとまで言われたら、私も会ってみたくなってきました。
自分の携帯から、ポーンにメッセージを打ちます。

「俺に会いたいなら今からアパートに来いよ。」

そして、私はシャワーを浴び始めました。
メッセージを打ってから5分もしないうちに、部屋のドアがノックされました。

美佳が、シャワー室にいた私に向かって、ドアをあけていいか、念押しをしました。
私は肯きました。
シャワー室から、部屋のドアがちょうど見えます。
美佳はなぜか一瞬ためらった後、意を決したようにドアを開け、
自分はそのまますっと、部屋の奥に下がっていきました。

そして半開きになったドアを押し開けて、一人の大男がのっそりと入ってきました。

by plastictakata | 2007-02-14 13:49 | タイ  

<< [イサーン式結婚体験記]五日目... 帰国 >>