[イサーン式結婚体験記]四日目 V - 一軒家風レストラン

b0098969_15335951.jpg
まずは、イサーン式に、ショーンゲーオで乾杯。

この一軒家風レストランは、雰囲気もいいし、食事もめちゃくちゃうまい。
王朝風というだけあって、味も上品。屋台もいいですが、こういう味もまたいいものです。
ウェイターも英語が話せて、ウィットがあるし、しかも値段は安い。
最高でした。

フランソワとは、お互い、この二日間の出来事を話します。
フランソワは、二晩ともナナプラザで持ち帰ったそうです。
ソイカウボーイでは、店内のカウンターに座ったまま凸凹するパブがあったらしく
度肝を抜かれたそうです。
フランソワもその場でやられそうになったとか。笑
また、チャオプラヤー川沿いなど、精力的に観光をしたようです。

美佳のパッツン制服姿にはフランソワがまた気の利いた
ほめ言葉を言ってくれます。
このあたり、フランス人はいいですね。
美佳も満更ではない表情です。
これで、次回以降、パッツンデートがしやすくなります。

b0098969_15341818.jpg
楽しい食事が終わった後、美佳がタニヤのカラオケに
行ってみたいと言い出しました。
このリクエストにはびっくりしましたが、
きれいな女の子とどうしても話がしたいと言います。
そういえば、美佳は両刀使いで、きれいな女の子も好きなのでした。

私はカラオケには全然詳しくないのですが、タニヤの場所だけは
わかるので、向かいます。
どのお店がよいかわからないので、とある日本料理屋の
三階にあるお店に入りました。

あまりかわいい女の子はいませんでしたが、
イサーン娘3人と英語の話せる女の子一人を選びます。

しかし、あまりよくない店でした。
女の子は英語をほとんど話せないですし
(日本人向けの店だから当たり前か)
盛り上げ方も下手糞です。
自分たちより年下できれいな美佳をどうもてあましたらよいか
分からない様子。

私は女の子と美佳の両方をエンターテインするので結構つかれました。
カラオケも、日本語も英語の歌もほとんどないので、
歌いようがなかったですね。

b0098969_15343754.jpg
唯一この店で面白かったのは、風船を割るダーツ。
美佳が喜んでやってくれたのが救いです。

さて、あわよくばフランソワのこの晩の彼女もゲットしようと思って
入ったカラオケでしたが、大はずれでした。残念。切腹。

次に向かったのは、パッポン通り。

閉店間際の55を物色します。
一つの店で、美佳が気に入った女の子がいましたので、
そこでしばらく飲むことにします。
しかし、美佳が選んだ女の子は、いかにもすれてそうな女の子。
年も24か25かのおばさん。
せめて自分よりきれいな子を選べばよいと思うんですが、
その辺は美的感覚が違うんですかね。

by plastictakata | 2007-02-11 14:54 | タイ  

<< [イサーン式結婚体験記]四日目... DSL導入 in BKK >>