プラスティック・マリッジの証明

話が前後しますが、美佳との結婚後、日本に帰って4日目のことです。
美佳と国際電話で話をしていました。

前日まで甘い甘い雰囲気だったんですが、この日はなんだか違います。
えらく不機嫌です。美佳がそういう態度で私に接するのは珍しい。
どうしてかな、と思っていました。

b0098969_23224497.jpg
ご存知の通り、美佳は現役女子高生なんですが、結婚後、一度も高校に行ってないのです。
毎日休んで、家にいるようです。
どうして学校に行かないのか、不思議だったんですが、まあ私は関心もないし、
ほうっていました。

この日、とうとう美佳が自分から学校に行かない理由を言い出しました。

「マービン(美佳のアメリカ人彼氏)が授業料を払ってくれてない。」
「前期(11月まで)の分は払ってるけど、後期の分は払ってくれてない。」
「授業料払ってないと学校に行けない。」
「私は学校に行っても行かなくてもどちらでもいい。あなた次第。」

まあ、遠まわしに金を送れと言ってるんですね。
しかも、なんだか喧嘩口調です。
まあ、私が頼んで高校に通ってるわけでもないし、私にはどうでもいい話なんで、
ほうっておきました。

すると、翌日、珍しくメールが来ました。代書屋のお姉ちゃんに書いてもらったメールなので
長く、詳しい説明がありました。
その気合の入り方には、ちょっとひいてしまいます。

しかしなあ、私が帰国してからたったの4日後ですよ。
たった4日で、金の無心ですか。
いくらまがい物の結婚だからって早すぎやしませんか、美佳嬢。

だいたいマービンが前期の授業料しか払ってないなんて臭すぎる言い訳です。
まあ、理由なんて適当で、どうせ無心したいだけんでしょうけど。

で、私はちょうどマービンとメールしてる最中だったんで、彼に聞きました。
『美佳の授業料、いつまでの分、払ってる?』

すると、意外な答えが返ってきました。
「12月からの分は払ってないんだよね。理由は云々かんぬん。」

驚きました。授業料、払ってないのは本当だったんですね。
いやあ、美佳、信じてなくて悪かった。
私、反省しました。

そしてマービンから次のメールが来て少しびっくりしました。
「前期の授業料はせいぜい一万バーツくらいだったよ。」

ははは、私が4日前に美佳にあげたのが20万バーツです。
本当に学校に行きたいなら、自分で払ってるはずですねえ。

まあ、授業料払ってないのは本当でしたが、単にお金が欲しいって言うのも
本当だったようですね。

結婚した途端、金の無心をはじめた美佳。
いやあ、これだからプラスティックマリッジは面白いですねえ。
分かりきってることですが、やっぱり金だけの関係です。

by plastictakata | 2007-01-19 23:27 | タイ  

<< [イサーン式結婚体験記]前日 ... [イサーン式結婚体験記]前日 ... >>