パッツン

ある日、タイ関係のサイトを眺めていたら奇妙なキーワードを発見した。
その名も「パッツン」
その言葉の意味はわからなかったが、やたらとパッツンについて書いている人が多かった。
また、彼らの文章はなんだか興味をひいた。
正確には覚えてないが、もっとも強烈な書き込みはこんな感じだった。

俺はパッツンが好きだ。大好きだ。何より好きだ。
タイで彼女ができると、当たり前のようにパッツンを購入して彼女にパッツンさせる。
朝から晩まで彼女にパッツンさせて俺は大満足。もうたまらんよ。
彼女も、俺がパッツンを好きなのを理解してこう言ってくれる。
『あなたのためなら朝から晩までパッツンするわ。
あなたが望むなら寝ている時でもパッツンする。』
ああ、こんなに俺の気持ちが分かってくれるなんて、最高の女だ。

b0098969_1764889.jpg
なんだかよくわからないが、彼が嵌っている様子だけはひしひしと伝わってきた。
また、この書き込みに同意したり、同様のプレーをしている人が多いのも目に付いた。
ネットで調べて、パッツンが何をさすのか、ようやく分かったが、
その時点では、
「そういうものなのか。タイにいる日本人の中にはあんなのに嵌る人もいるんだなあ。」
と思っている程度であった....
そう、少なくとも自分たちでパッツンプレーをする日までは!!

そして、結婚前夜のこの日、勢いでパッツンを購入してしまうとは
朝起きた時点ではまだ想像だにしてなかった私であった。

(※パッツンは嵌る人は嵌りますが、興味ない人にはなんの効果もないと思います。
過度の期待をされている方もいらっしゃるようですが、あらかじめご了承ください。)

by plastictakata | 2007-01-16 17:05 | タイ  

<< パッツン II [イサーン式結婚体験記] 二日... >>