[11月後半タイ滞在記] XI : 四日目 - 空港へ

電撃的に結納・婚約を済ませてしまった私でした。
半ば放心状態でしたが、ともあれ、美佳と二人、タクシーに乗り、都心へと舞い戻ります。
美佳がまたいろいろと話をしてくれます。
酔った勢いなのか、いつもと違う話を聞かせてくれます。

イサーンで私と美佳が同じ部屋に泊まった時、親戚一同に
「どうして未婚の娘が男と同じ部屋で寝るのか?」
と問い詰められたこと。
美佳が凹売り商売やってることは親戚連中は知らないし(表向きはね)、
タイでは普通のカップルはケコーンまでは凸凹しない建前になってるみたいですから。

美佳が大金を持っているのは海兵隊彼氏たちからの仕送りということになっているそうです。
(少なくとも、お母さんはとっくに真実に気がついてると思いますけどね。毒)

b0098969_3111070.jpg
美佳はファミリーサポートしてないということ。
妹に時々小遣いをやる程度だそうです。

それが本当だとしたら、毎月、私の月収以上に稼いだ金は
何に消えているのだろうか?
このあたりが、美佳に残る謎です。

お母さんに今日、注意されたことも話してくれました。
『もう婚約したのだから、浮気はだめよ。』
ははは、お母さんは美佳に男が大勢いるのを知ってますからねえ。
少なくともタイ彼氏は会ったことあるそうです。
まあ、大口スポンサーには忠義立てしなさいってことかな。

また、今日の結納・婚約は少なくとも今日の朝くらいには決まっていたらしいということ。
家の外で飲んでいた男たちは、私たちの到着を今か今かと、朝から飲みながら待っていたそうです。
どうりで、夕方に私たちが着いた時にはすっかり出来上がっていたはずです。

ともあれ、タクシーはホテルに着きました。
急いで荷物をまとめ、チェックアウトします。
気がつくと、美佳は先ほどとはまた別の超ミニスカートに履き替えていました。
今度は、先ほどよりさらに丈が短い感じです。
さらに、そそります。いいですね~。

b0098969_3113434.jpg
全く予期していなかった、結納、婚約の儀式で動揺しまくっていた私ですが、
空港までのタクシーの間、美佳のきれいな脚をさすーりさすーりしていたら、気分よくなってきました。
なんだかもうどうなってもいい気がしてきました。

美佳は、私の趣味がわかってきたのか、
「今度来る時はストッキング買ってきてね。黒のセクシーなのがいいな。
履きたいと思ってたんだ。」
と言います。このあたり、痒いところに手の届く感じがいいですねえ。
さすがタイガール!!
もう、約二千万円の結納金も、家二軒を買うくらいも惜しくない気がしてきました。笑

空港に着くと、いつもどおり、5分でチェックイン完了。
銀行で何回かにわけて100万円を両替して、美佳に渡そうとしました。
すると、美佳はいつものように、詰まらなそうな顔をしています。
やっぱり金額が足りないのかな、と思っていると、
彼女はこう言いました。

お金はいらない。あなただけが必要。日本に帰らないで。」
そしてぼろぼろ泣き出し始めました。
そして、泣きながら何度も言いました。
「お金はいらない。」

そっかあ、いらないというものを無理に渡すのも失礼だな、と思って
私は100万円分のバーツが入った封筒を自分の鞄の中に戻そうとしました。
すると、美佳の手が伸びてきましたね。
美佳の心の中はわかりませんが、やっぱりお金はあって困ることはないようです。苦笑

b0098969_312076.jpg
この後、意外と時間があったので、レストランで食事をしました。
美佳は相変わらず泣いています。

美佳はなぜか自分の携帯電話の方にばかり向いていました。
3日ぶりに電源が入った美佳の携帯(お母さんの家で充電してました)には
ガンガン着信が入ってきていました。
見ていると、携帯に着信があるたびに美佳が泣くのが激しくなります。
どうしてなんだろうなあ。苦笑

そういえば、美佳は以前、海兵隊彼氏に、
「高田と一緒にいる時は、あなたに申し訳なくて泣くの。」と
メールを書いていましたねえ。
今回の携帯電話へのコール/メッセージは誰からなんでしょうねえ。

ともかく、搭乗時間になりました。
泣く美佳をひとしきりなだめた後、美佳と別れ、私は出国ゲートを入っていきました。

出国審査を待つ間、美佳にメッセージを送ってみました。
....10分たっても返事は返ってきません。苦笑

「お金なんかいらない、あなただけが必要。」と言ってたわりには薄情ですね~。ははは。
今度は電話してみました...通話中です。大笑

b0098969_3122019.jpg
そして、美佳のタイ彼氏が私にメールを送ってきたのはこの直後だったようです。
彼がどうやって私のメールアドレスを知ったのか、不思議だったのですが、
美佳いわく、いつも彼のPCから私にメールを送ってるからだとか。
(やっぱり別れてねえんじゃん!! 笑)

彼のメールの内容は一文だけで、タイ人らしく間違いのある英語でした。

"YOu really love with Mika?"

メールに入っていた名前(タイ語)で、美佳のタイ彼だとわかりました。
やはりタイ語の勉強は大事ですね。

さてさて、今後、メールを送ってきたタイ彼氏とはどんな展開になるのか。
美佳との結婚話はどうなるのか、海兵隊彼氏は、どういう動きをするのか。
いやあ、今後の展開は目を離せませんねえ。
って自分のことですね。苦笑

さーて、タイもそろそろ面倒になってきたんで、別の国にでも鞍替えするかな。笑

(11月後半タイ滞在記 終了)

by plastictakata | 2006-12-10 19:05 | タイ  

<< 勘違い系妄想オヤヂ [11月後半タイ滞在記] X ... >>