[11月後半タイ滞在記] VII : 四日目 - 軍隊志向

朝、まだ私が爆睡していると、美佳がしきりに起こそうとしています。
いつもは昼過ぎまで寝かせてくれるのに、少し珍しいです。

b0098969_2544077.jpg美佳は結構激しく私を起こそうとしてきました。私が起きないででいると、嫌がらせなのか全身に、また縦にキスマークを二十数か所つけられてしまいました。苦笑
前回のように、背中を引っかき傷だらけにはされてベッドが血にそまるようなことはありませんでしたが、
これだけたくさんのキスマークでも十分派手です。
日本に帰った時、アサワが見て泣くだろうな、と思うとちょっと気が重くなりました。
アサワに心で謝りながらモーニング凸凹。

その後、美佳と話をします。
なんでも、今日、買い物に行きたいそうで。
まあ、予定もないし、帰りの飛行機は深夜なので余裕もある。いいよ、と答えます。

昼食をとってから、タクシーに乗って、買い物にでかけます。
行き先はBTSや地下鉄では行けない場所だそうです。
一体どこなんだろうと思いながら、美佳と話をしていました。

b0098969_255437.jpg美佳のこの日のファッションは、前日買ったばかりの超ミニスカートです。
いいですねえ、脚のきれいな子は本当にセクシーな格好が似合います。
私は鼻の下をながーくのばしながら、さすーり、さすーりを始めさせていただいてました。
さて、美佳の方は、いつものように間を持たそうとして、
いたずらをしてきたり、いろんな話をしてくれたりします。
が、美佳の英語力では上品な共通の話題は限りがあるので、仕事の話や
過去の男の話が結構でてきます。

これはこれで面白いのですが、にこにこ笑いながら過去の男の話をされるのは
多少複雑な気分になったりします。
この時は、タイ彼氏の話が中心になりました。

美佳は実は、元々軍隊に入隊志望だったそうです。
親戚にも警察が多かったり、そういう家系だとか。
入隊の試験を受けようとしたけど、成績が悪くて断念したとか。

確かに、美佳は体育会系っぽいところがあるし、暴走族のレディースで
No.2 の乗り手だったと自慢する当たり、軍隊に入るような人たちに
共通するようなプロファイルを感じさせます。

アメリカ人彼氏が海兵隊だとは知っていましたが、
タイ人彼氏も軍隊に入隊する予定だと教えてくれました。
美佳はそういう系の男が好きみたいですね。
ん? ばら撒きだけがとりえの私とは正反対だな。苦笑

b0098969_2552632.jpgそうそう、タイ彼氏のことで思い出しました。
美佳と出会った頃は、私といる時も、タイ彼氏からしょっちゅうメッセージや
電話があり、(下手をすると5分に一回!!!)美佳はそれに必ず答えていました。

しかし、前回11月前半に美佳に会ったときは、ほとんど電話もならないし、
メッセージも彼の名前のものは全く来ませんでした。

ただ、代わりに TV Promo のメッセージがよく来ていました。
一日に10回以上は来ていました。
不審そうな顔をする私に対して、美佳は
「これはね、TV Promo だから。男の人じゃないから。心配しないで。」
メッセージの中身はタイ語なので横からちらっとみるだけでは私には理解できません。
ただ、メッセージの長さが毎回全然違うのと、時折やたら長いメッセージが入っているのは
不自然だと思いました。

そして、ある日、いつものように、TV Promo のメッセージが美佳の携帯に届いた後、
美佳が言いました。
「お願いがあるの。今、私の携帯に電話してちょうだい。」
『どうしたの?』
「なんかね、私の携帯、電話しても着信音が鳴らないんだって。本当かどうか
試してみたいから」

そうかあ、タイの TV Promo は親切なんですねえ。
何百万人もいるだろうユーザー一人一人の携帯に電話をして、
ちゃんと着信するか確かめてくれるんですねえ。
そして、その結果をわざわざメッセージを送って教えてくれるんですねえ
..... なんて妄想ができれば幸せなんですけどね。苦笑

この時は、美佳の携帯は、着信音を出さない設定になっていたようです。
どうりで美佳の携帯にタイ彼氏から電話が来なくなったわけです。

今回の滞在中も、たまたま美佳の携帯が初日のうちにバッテリーがなくなってしまったので
電話もメッセージ着信もありませんでした。
ただ、美佳は早く携帯を充電したいようでそわそわしていました。

by plastictakata | 2006-12-06 20:32 | タイ  

<< [11月後半タイ滞在記] VI... [11月後半タイ滞在記] VI... >>