[タイ滞在記] XIV : 美佳の本命彼氏

三船美佳(ゴクミ娘)と私は二時間、たっぷりとマッサージを受けました。
外に出ると雨は小降りになっていました。

b0098969_2193586.jpg
b0098969_2195738.jpg
b0098969_220139.jpg
b0098969_220256.jpg
b0098969_2203872.jpg
b0098969_2235332.jpg
b0098969_224667.jpg
今度は、MBKに向かいます。前回買った指輪がどうも不具合なので交換してもらうためです。

美佳の指は細いので、なかなかよいサイズが見つからなかったのですが、
豪華な指輪が一つ見つかったので、それに買い換えます。
追加でB10,000ほど払いました。

その後は、MBK内でショッピングを楽しみます。
携帯電話屋、MP3/4プレーヤーを見たり、映画館やカラオケボックスをチェックしたり、クレープ買い食いしたりします。

ちなみに、このMBK内のカラオケボックスはガラス張りで、外から丸見えなんですね。ちょっと恥ずかしい感じです。
美佳はこのカラオケボックスに、昨年くらいは毎日のように通ってたとのこと。さすが現役女子高生。
たった一年で毎晩ディスコに通うような娘になったのかと思うとちょっと複雑な気分ですが。

MBKは結構遅くまでやっていますね。午後9時半くらいでようやく多くの店が閉店するようでした。

帰り際、BTSの駅で列車を待っていると目の前に大きなデパート(ショッピングモール)が見えました。
白い壁とガラスが特徴的なきれいな建物です。
敷地内もライトアップされて大変美しいです。

タイにはこんなきれいなデパート、ショッピングモールが山のようにあります。
小汚いグロリエッタが最高級の部類になっているフィリピンとはもう比べようもありませんね。

さて、ホテルに帰った私と美佳は、二人でPCで遊んだり、彼女の携帯データをもらったりしました。
携帯の中には彼女のタイ人彼氏や、アメリカ人彼氏の写真がいくつも入っていて
つらい部分もあるのですが、それを丸ごとコピーさせてくれる彼女は一体何を考えているのでしょう。

PCでは、彼女のメールも見せてくれました。
アメリカ人の海兵隊員に送ったメール。
「学校に通いたいけど、お金がない。助けて頂戴。」
こういう見え見えのヘルプ要求でも、下心がある男が弱いのは万国共通のようです。
『わかった。送るけど、これが最後だ。俺の銀行口座は壊れてしまったから
もう送れない。』
相当苦しい言い訳ですね。
(※後日、それが事実であったことが判明!! 言い訳じゃなかったです!!)
ちなみにこの海兵隊員の彼氏はこの時、2万バーツ送ったそうです。

美佳はまだまだ謎に満ちています。男関係ももちろんそうですが、こういう営業メールを平気で客である私に見せる意図は何なのか。
毎月5万バーツという大金を得、それに加えて毎晩のように大量にお金を稼ぎながら何に使っているのか。
さほど贅沢しているようでもなし、男に貢いでいるわけでもなさそうだし...
一応、本人の説明では、借金返済ということになっていますが、借金の総額は高々15万バーツ。
美佳の稼ぎからすれば、数ヶ月で返済できるはずです。

一ヶ月の生活費に2万バーツかかるといいます。ですが、私が計算するかぎり
1万バーツもあれば、十分なはず。
(それは間違ってるんでしょうか?)

また、アメリカ人彼氏のこと。45歳のはげたオッサンなのですが、
美佳は本気でこのオッサンのことが好きなようです。

私にもはっきり話してくれましたが、完全に彼女がこのオッサンを追っかけているモードだそうです。
そして、オッサンの方は美佳と縁を切りたがっているとか。
嘘のような話ですが、逆の場合ならともかく、自分に不利な嘘をつくとも思えないし
何が本当なのかいまいち不明です。

いくつもある彼女の謎が明らかになるのはまだまだ先のことかもしれません。



海兵隊員(現在はイラクで勤務中)は、美佳が in love な
45歳ハゲのアメリカ人彼氏と同一人物であることが分かりました。

昨日から、その彼とメル友になってしまいました!!(爆)
USマリーンだけに、メールに「非機密文書」という注意書きが入ってます。カコイイ!!

次々に美佳の真実が明らかになっています。
意外と純情なところも分かり、予想通り腹黒なところも見えてきました。

この海兵隊員彼氏とはぶっ殺されない程度に
もう少しメル友を続けるつもりです。

by plastictakata | 2006-10-23 00:01 | タイ  

<< 写真アップしました クラミジア 続報 >>