[タイ滞在記] XII : タイスキ

b0098969_18303397.jpg私、三船美佳(ゴクミ娘)、お母さんの三人は、スワンナプーム空港から
タクシーに乗り、私のホテルに向かいました。
お母さんもとりあえず部屋に入ってもらい、休憩します。
ベッドで横になったお母さん、疲れているようなので、
「寝てもいいよ」
と声をかけたんですが、逆に恐縮させてしまったのか、すぐに帰ってしまいました。

帰り際、タクシーのドアのところでタクシー代B1000を渡そうとしたのですが、
遠慮されてしまいました。
最後はかなり無理に受け取ってもらい、手を振ってバイバイしました。
あの遠慮はなんなのでしょうか。よほど裏があるのかと思ってしまうくらいです。

さて、美佳と私は部屋に戻り、凸凹する元気もない...わけはなく、(笑)
やることだけやって寝入ってしまいました。

起きたときにはすでにあたりは暗くなっていました。
S井さん、Bengal さんとの待ち合わせ時間10分前になっていました。
大急ぎで、待ち合わせ場所にタクシーで向かいます。

b0098969_18311138.jpgb0098969_1831287.jpgb0098969_18314718.jpgこの日は、タイで最後の晩というBengalさんの彼女(フィリピーナ)の為というのもあって
タイスキ料理屋さんでのお食事会でした。
(アレンジは全部S井さんがやってくれました。感謝です。)

S井さんは噂のスoチー彼女を連れてくるのかと思っていたのですが、お一人でした。
何でも、実はS井さんの彼女、やんごとなき身分の方で、深い理由があって、
S井さんの帰国日を待たずに仕事も辞めてタイを引き払うことになったそうです。
さすが、S井師匠、彼女のレベルが私なんかとは全然違います。
で、彼女は来なかったかわりに、S井さんの全身にキスマークを無数につけて行ったそうな。うらやましい...

Bengalさんの方はというと、これまたかわいらしい彼女さんを連れてましたねえ。凸凹女なんかとは気品が違いました。
ただ、困った点はピーナはタイ人そっくりなので、何度か間違えてウェイトレスにタイ語で話しかけられてましたね。笑

美佳は普段はコロコロ笑うのですが、意外と初対面の人相手だと緊張するのか、おとなしーくしてましたね。少し驚きました。

5人でのお食事は楽しく進みましたが、S井さんには驚かされました。
タイ語を自在に操ってオーダし、美佳と円滑にコミュニケーションしていました。
実は、彼はタイ語だけでなく、あと4ヶ国語くらい話すのです。すごいです。

b0098969_18322679.jpg食事を終えた5人はBTSの駅でお別れをして、私と美佳はホテルへと戻りました。
二人とも疲れがたまっていたので、凸凹をする元気もない...わけはなく、(笑)
やることだけはやって寝入りました。

S井さんに刺激された私は美佳の身体中にキスマークをつけ、
お返しに、美佳は私の首筋に超特大のキスマークをつけてくれました。
しかし、このキスマーク、大きすぎて、もはやキスマークの風情ではありません。
やばい伝染病か何かのようです。
日本に帰った後も一週間以上は消えずに大問題でした。

by plastictakata | 2006-10-21 18:21 | タイ  

<< [タイ滞在記] XIII : ... [タイ滞在記] XI : コン... >>