大相撲秋場所!?

b0098969_22312077.jpg

いやあ、久しぶりにPPに行きました。まあ、先週、EMZの皆さんと上野のスナックに行きましたが、それはもうPPとはまったく別の世界でしたからね。数ヶ月ぶりに座る都内某所のPP。一時は東京近郊でも有数のお楽しみスポットだったんですがね、いやあ、それはすごいことになってました。

昨日中日を迎えた大相撲ですが、こんなところでも大相撲が見られるとは思いませんでした。わざとブンティスババエ(妊婦)ばかり集めたんですか? というくらい揃いも揃ってスーパーマタンダの、しかも、おばあさんたちがはっけよいのこった!! とばかりステージでのそりのそりと、これまた加齢臭太鼓腹おやじと取っ組み合い、ではなく、ダンスらしきものをしております。

いやあ、厳しいものがありますね。おなかが大きいというレベルを通り越して波打ってるんですよ!! しかも顔中しわだらけで、「掃除のおばさん、こんなところにいちゃいけませんよ!!」と言いたくなるババエの大根足を見せられても吐き気がするだけです...

それにもましてすごいのが、このババエたちの横柄な態度。そりゃ遠い昔はちっとはかわいくてお客さんが片っ端からちやほやしてくれたのかもしれませんがね。今、その面影もほとんど残ってないロラ顔、関取体格でソプラダされてもね... 呆れてものが言えませんわ。さらに摩訶不思議なのは、それでも有難がってくるお客たちですねえ。結構お店はいっぱいでした。皆さん、何を求めてお店に来るんでしょうね。ある意味興味深いですわ。あっけにとられていた私ですが、30分経過した時点で、義理も終了と判断して退席させていただきました。

お店終了後、カビット娘とホテルに入り、携帯を見せてもらいました。すると、出てくるわ出てくるわ、勘違いオヤジからのメールの山。へったくそな英語はまだましな方で、ただのローマ字日本語で勘違い系独占欲丸出しのメールの山。日本の恥ですね。
携帯プレゼントしたくらいで自分が独占していると勘違いしている加齢臭オヤジもいましたねえ。醜いですねえ。彼女、お姉さんと一緒に住んでるなんて言ってますが、本当はだんなさんと一緒に住んで毎日凸凹してるのを知らないんですねえ。
だんなさんもだんなさんで、「今、店長と部長と一緒。食事してるの」という彼女のメールを信じきってますし。そんなわけないでしょ。食事ごときでどうして次の日の正午までかかるんですか。だいたい、食べてるのは焼肉ではなく、生の凸ですし。爆
こーんなブサイクちゃんでも山のようにプレゼントくれる追っかけオヤジがいっぱいいるんだなあと、感慨深げにカビットの顔をまじまじと見つめてしまいました。あ、一番痛いのは札束プレゼントしてる私だっていう突っ込みは勘弁してね。苦笑
(※ 写真と本文は関係ありません)

by plastictakata | 2006-09-18 22:19 | 日本  

<< USA 出張 競争心を煽るそのII - 第四... >>