[バンコク滞在記 補遺] 怒らないタイ娘

泰娘ってなんだかすごい性格が激しいと思ってたんですよね。short temper といいますか、些細なことでぶち切れて暴れだす、みたいな。でも、実際に接してみるとぜんぜん違いましたね。微笑の国、って言われるだけあって、こちらが丁寧に接している限り、にっこり微笑んで傍らにいてくれます。
無理なお願いをしても、ぶち切れたり、逃げ出したりしません。困ったような顔をして丁重に「それはいたしかねます。申し訳ございません。」って言ってくるんですよね。この困ったような顔がまたかわいいわけです。だいたい、無理なお願いっていっても、本当に無理なことしか拒否しませんしね。こちらが無理言っているわけだから、こちらも素直に引き下がれるんですよね。
b0098969_054417.jpg....とはいえ、たまには無茶もお願いしたくなります。速報でも書いた某店の男顔娘ちゃん、初ペイバーだったんですが、あまりのセクシーさに、ついつい無理なお願いをしてしまいました。最初は駄目ってかたくなに拒んでいた彼女ですが、あまりの私のマコリットさに根負けしたのか、それとも札束期待に血迷ってしまったのか、最後にはあきらめたようにOKしてくれました。
でもね、よほど後悔したのか、泣き出しちゃったんですよね。それも、感情むきだしのギャーギャーじゃなくて、そっと静かにさめざめと泣くわけですよ。こちらを責めるでもなく、あたかもOKしちゃった自分を責めるかのように、もの悲しげに涙を流すんですよ。
いやあ、反省しましたねえ。本当に悪いことお願いしちゃったな、って。心の底から反省して、彼女に謝り、そしていつもの倍のチップをあげました。ピーナだったらその瞬間、ぱーっと顔が明るくなって、何事もなかったかのようにケロっとしてそうな気がしますが、彼女の場合、曇った顔のままでした。いや、それも営業の一種なのかもしれませんけど、たとえ見せかけであっても、そのパーソナリティというか、演技に深みを感じますね。こういうのを見せられると、こちらも人間性を取り戻します....ということで結局、最終的にはいつもの3倍ものチップをあげてしまいました。苦笑
今でもこの娘、気になってます。オキニとかそういうのではないですけど。一回凸凹したらどんなに気持ちよくても次の日にはすっかり忘れてしまえるピーナと違って、こういう余韻が残るのが泰娘なんですかねえ。

by plastictakata | 2006-09-08 00:04 | タイ  

<< フィリピン文化 貴重なもの >>