軒先を貸して母屋をとられる

b0098969_2033454.jpg
まあ、なんだ。フィリピン人と結婚すると必ず問題になるのが、ファミリー問題。ファミリーの厚顔無恥さと制限のない要求には反吐がでそうになるのを諸先輩方から耳にタコができるほど聞いていた。

案の定というか、うちでもそういう問題が起こりつつあるので紹介したい。
うちの奥さんには種違いのお姉さんがいる。彼女はフィリピンでも最高峰の大学であるUPを卒業して、今、そこで講師をしている。私が政治や経済の話をふっかけても下手な日本人よりしっかりとした答えを返してくる。英単語のスペルすら怪しいうちの奥さんとはかなりの違い。姉妹とはいえ、種違いとなるとこうも違うのかと、初対面の時はいたく感動した。

奥さんとの結婚式の際も、その姉さんなら私も恥を欠かずにすむだろうと思って、唯一フィリピンから招待したのだが、あいにくビザが間一髪間に合わず、結婚式には参加できなかった。そうは言っても、ビザがせっかくとれたので、一度、妹(うちの奥さん)の顔でも見がてら日本に観光目的で呼ぶことになった。

来日が迫ってきたので、その姉さんと電話で話をした。

「義姉さん、飛行機の日程を教えてもらえるかな?」
『来日が8月○日で、離日が9月○日よ。』
「ん? ビザの期間(15日間) 目いっぱい滞在するの?」
『日本行きのビザ取れるは貴重だから。有効に活用しようと思って。』
「ふーん、別にいいけど。」
『ところでアコ オネガイ アル。』
「何?」
滞在延長の手続きできない?』
「そりゃ、申請はできると思うけど...なんで? 何日くらい延長したいの?」
3ヶ月
「はああ? 3ヶ月延長して何するの? あなた、今の仕事どうすんの?」
日本で仕事探したいから。』
「あのさあ、仕事探すこと自体は違法じゃないかもしれないけど、それは滞在延長の理由にはならないよ。入管にどう申告するつもりなの?」
アナタ、イイ理由考エル ネ。』
「(呆)..... あのさあ、例え延長ができたとしても、働くにはワーキングビザがいるんだよ。それをわざわざ発行してくれる日本企業なんてないよ。」
フィリピン人、ファミリービザでハタラクスル イッパイ ディバ?
「それは違法なの、違法!!(怒)、あんた義弟の俺に犯罪の片棒かつげっていうのか?
『....』
「だいたい、日本語も話せないあなたがどうやって仕事見つけるんだよ。ホステスするわけでもないだろうに。」(義姉は、40歳です。見た目的にもホステスやる人たちとかなり程遠いです。)
『.... アナタ ニハ ガッカリネ。』
「俺のせいかい!?」

だいたい、新婚の家庭に3ヶ月半も居候するというあつかましさは日本人的には信じられないし(フィリピン人的には驚きではないのだろうけど)、違法就労の扶助を平気で要求するあたりはあきれ果てる他はない。

多くのフィリピン人がファミリービザで来て違法就労しているのは事実なんだろうが、それを当たり前、合法と思われてはこっちがかなわない。

「ともかく、違法行為は助けられないね。万一発覚したら、あんたも捕まるし、俺もペナルティを
受けるし、あなたの妹も次回ビザの延長は認められないと思うよ。あんたの妹が稼げなくなったら家族全体困るだろう?」
『.....ワカッタ。アコ、刑務所ハイル、ヤダカラ。』
「......他人への迷惑は考えてないんかい!?」

最高学府と言われる大学を卒業した人間ですらこの程度の認識である。もはやこの手の出来事には驚かない私だが、あらためてあきれ返った。
それにしても、フィリピン人とは付き合えば付き合うほど、どんどん嫌いになる。数多くの外国人と付き合ってきてこんなケースは初めてだ。

ともかく、義姉は今週より来日している。1DKの我が家のベッドは彼女と奥さんに占領され、私は台所の床にバスタオルを敷いて寝ている....のは我慢できなくて、連日、カビット宅に宿泊中だ。

離婚届の提出、警察、入管への通報をしなければいけない日も近い気がしている。

by plastictakata | 2006-08-22 21:34 | 日本  

<< 木馬娘たちのアボーション 登場人物紹介シリーズ II -... >>