バンコク滞在記 一日目 II

食事の後、徒歩でソイ・カウボーイに向かいます。予習をしてきた(!!)T矢さんはぜひ○○バーに行きたいそうです。ガラス張りで上が見える店ですね。
今、日本人に大人気とかで、前回私も来たのですが、その時はとりたてて印象はありませんでした。
が、この日は違いました。もうお客さんもイパーイ。女の子もイパーイ。しかもかわいい子ばかり!! それに加えて、みんな色っぽい、色っぽい。もう最高です。

b0098969_5595724.jpg
(写真はT矢さんにご提供いただきました)

T矢さんは満面の笑みを浮かべて『いやあ、アンヘなんか行かんとこっち早めにきとけばよかった』とおっしゃっています。

私たち二人は恥じらいを忘れた中年男のなので、すぐにかぶりつきの席に陣取りさせていただきます。そして、ダンサーのチラチラ見える凹をたんまりと拝見させていただきます。T矢さんの目の前のダンサーはT矢さんのことが気に入ったのか、微妙な長さのパレオをわざわざたくし上げてくれて凹がよく見えるようにしてくれました。そして、ひたすらセクシーに激しく腰をくねらせて踊ってくれます。隣にいる私まで興奮してしまいそうなくらいです。

気持ちが盛り上がったところで、バラまきを開始させていただきました。B20を折りたたんで山積みにしておいてから、ステージ上に投げます。ただ、ここでマナーの悪い子が数人いました。山積みに直接手を出し、くすねたばかりか、勢いあまって私のグラスを倒して割っちゃってました。木馬にもマナー悪い子がいましたが、それはこちらもあまり変わらないかもしれませんね。

さて、T矢さんは、目の前のエロかわいい姉ちゃんをすぐにもペイバーしたい様子でしたが、もう数軒くらいは回ってみることにしました。ばら撒きの聖地○○○○バーなんかも行きましたが、最初の店に比べるとあまり盛り上がってなかったですね。

一時間くらいバーめぐりをした後、最初の店に戻ってきたのですが、T矢さんお気に入りの娘はすでにペイバーされた後でした。残念。切腹。

仕方ないので今度はナナプラザに移動して、端の店から見ていきます。ただ、月曜日ですでに12時をまわったせいか、あまりどこの店も人気がありません。Rainbow系だけは相変わらずの盛り上がりでしたが、T矢さんはさっきのエロかわいい姉ちゃんがよほど心残りなのか、お気に召さない様子。
それでここで解散して、T矢さんはホテルにもどり、私は、オカマ娘との合流までしばらくナナで時間をつぶすことにしました。

某バー二階席では、一人ばら撒きをしようと両替を頼んでみました。だめもとで、B1000全部をお願いしてみます。だいたい、どこのバーでも、両替してほしいという意思を相手に理解させるのに苦労することが多いのです。ばら撒きをする客なんてそうそういないからでしょうね。ところが、この二階席店では、一瞬で「いいですよ。」とウェイトレスが二つ返事。2,3分後には、束にとめた状態で、B20札50枚を持ってきました。
さすが、ナナのばら撒き聖地!! きっとB20の束はデフォルトで用意してあるんでしょうね!!

早速やばい年にみえる娘たちに片っ端からばら撒いた後、全身さわりさわりを堪能させていただきました。ほどなくオカマ娘から電話がありました。周囲がうるさいのと、英語があまり通じないので彼女とは電話では意志の疎通がほとんどできないのですが、なぜか不思議に数分後には落ち合えてしまいました。水心あれば魚心あり、というやつでしょうか。(ちょっと違う)
そうではなく、ナナプラザにいるのは最初からばればれだったようです。

オカマ娘、相変わらずの長身で美人(あえて突っ込まないでください)です。道端の屋台で麺を共にすすった後、ホテルに向かいました。
ちなみに、屋台では、彼女と同じ店の浜崎歩がいましたね。若い日本人のお客さんを連れていました。オカマ娘はその店に長く勤めているせいか、浜崎歩も倉木舞も、みんな友達のようです。

by plastictakata | 2006-08-15 06:01 | タイ  

<< 兄弟姉妹、人類みな兄弟 痛い若い人 >>