バンコク滞在記 一日目 I

T矢さんとはNAIAで合流。速攻でラウンジに入ります。もう二人とも顔がにやけて仕方ありません。だってバンコク行きですよ。そりゃうれしくもなりますよ。周りからみると相当変な日本人オヤジ二人だったと思います。飛行機の中で早速今晩の行動を打ち合わせします。行きたいところがありすぎて話が全然まとまりません。
それにしても、MNL -> BKK の路線はすいていますね。後方の座席はがらがらです。廃線にならなければいいのですが。

BKK には、4時過ぎに到着。私は両替所をまわってB20をこまめに調達。T矢さんはSIMを仕入れに行きます。その後、出発階に上ってタクシーを捕まえます。このあたりはNAIAの経験がそのまま応用できますね。

タクシーの中で、T矢さんはメッセージ(SMS)でメル友に餌をまきはじめます。私は、今晩の予定を前回お世話になったオカマ娘にとりつけます。
今回T矢さんのホテルは、なんとあのテーメーの真上です。やはりLAの帝王は違います。テーメーに一日3回は通いたいとおっしゃってました。(そして実現してました。)私のホテルはそこから歩いて5分ほどのサービスアパートメントです。

さて、チェックイン後、T矢さんのホテルで合流します。テーメーはまだ開いてない時間でしたが、二階の別のカフェはすでにLA状態と化していました。愛嬌のあるウェイトレスがいたので、指差し会話帳片手にかるく口説きの練習をさせていただきます。それにしてもやっぱり鯛は全然英語通じないですね。ちょっと痛い。この手の軽いご挨拶程度なら指差し会話帳で十分なんですが、その後のことは容易ではなさそうです。

さてホテルを出て、まずは健康系マッサージに向かいます。激しい運動の前には準備運動が必要ですからね。前回私が見つけたこのマッサージ屋さん、今、在住日本人ご用達だそうですが、やはり最高です。この日は時間がなくて2時間コースを1時間コースにしてもらいましたが、それがもったいなかったくらいの気持ちよさでした。

b0098969_16451218.jpg


マッサージの後は、近くの食堂で腹を満たします。こういう店では英語が全く通じないですが、そういう店の方が意外に親切にしてくれるんですね。現地の人との触れ合いも楽しいです。
そして、鯛はこういう普通の食堂や屋台が信じられないほどうまい!! 私も好物のナムプラー、唐辛子をたんまりごはんにふりかけ、料理をがつがつ食べます。最高に幸せな気分です。ただ唐辛子は食いすぎてしまったので、塩をなめて緩和します。(鯛では、辛いのを食べ過ぎて逝ってしまった時には塩をなめるといいと言います。)言葉も通じないのにおばちゃんがすぐに塩を持ってきてくれるのも大変好感が持てますね。気が利きます。やっぱり鯛はいいです!!
この時点で私は大満足。なんだか旅の目的は半分くらい達成した気になってしまいました。
...が、今回の旅はまだまだ楽しいことが山ほどあるのでした。

by plastictakata | 2006-08-07 16:44 | タイ  

<< 5時間半待ち アンヘレス滞在記 II >>