アンヘレス滞在記 II

シーザーカット姉ちゃんを帰してから、バーホッピング中のT矢さんに合流。合流後二軒目でT矢さんは好みの子を発見したようです。私もその店のキュートなウェイトレスが気に入ったので
強引に隣に座らせて甘い甘いと堪能させてもらいます。顔もかわいい子ですが、制服のミニスカートから見える脚がまたきれいなので遠慮なくさすりさすりさせていただきます。T矢さんが持ち帰り決定した時点でこの日手持ちのP20を全部ばら撒きました。
このお店はなかなか教育がいいのか、最後に女の子たちが『サンキュー』口々に言っていたのが
印象的でしたね。こういうお店ではまたばら撒きしたくなります。

T矢さんが持ち帰った後、私は数軒まわりましたが、まだまだいい子がいっぱいいます。ウェイトレスC佳よりもよさげな子もちらほら。
気分が乗った店では当然、ばら撒きもしてきました。単にばら撒くだけでは面白くないので、ちょっとやり方を変えてみました。
ばらまく体制を整え、女の子たちがみんな注目してきた段階で、大声で聞きます。
『ビサヤ出身、誰だ~!?』
一瞬きょとんとしてる女の子たちですが、一秒後には我先にと私、私と、手をあげ、叫び
アピールしてきます。これがなかなか盛り上がります。
ビサヤは多いので、ママやウェイトレスも必死でアピールしてきますね。
もちろん、一投ごとに質問を変えます。
『イロンガ』『イロカナ』『パンパンガ』『タガログ』『アメリカ人』『私の彼女』
どの質問をしても、「私」「私」と言ってくる女の子もいますが、それはそれでかわいいものです。
この質問ばら撒き、せっかく現地の言葉を知っているフィリピンですので、今後もう少しブラッシュアップして、手法を確立したいと思っています。

ちなみに、P20の調達がちょっと面倒なのですが、両替店などで、お願いして、10枚でも20枚でも替えてもらうのも大事です。また、お店では、余裕がないと替えてくれないですが、ウェイトレスに頼んで近隣の店に替えてもらいにいくといいです。P500分くらいなら、2,3軒回ればわりとすぐに替えてくれるようです。

土曜日の夜のせいか、深夜になっても盛り上がりが終わらないアンヘレスなかなか楽しいですね。売れ残った子の中には酔っ払いすぎなのか、お薬でいっちゃったのか、すっぽんぽんで狂ったように踊りだす子もいて、なかなか素敵でした。

どの子を持ち帰るか迷いましたが、結局T矢さんと同じ店のウェイトレス、C佳を持ち帰ることにしました。で、普通に持ち帰っても面白くないので、半分冗談で「制服そのまま来てきてよ。」というと、あっさりOK.
超ミニの制服姿の子を連れてフィールズ通りを歩くのもなかなか快感です。周りの視線が気持ちいいです。

部屋の中でも当然、制服のまま凸凹させていただきます。私はその手の趣味はないのですが、いつもと違うシチュエーションに興奮したのか、満足度は高かったです。笑

b0098969_15355123.jpg


一回戦終わった後、彼女の私服をとりに一緒にバーに戻りました。バーはすでに営業終了していたので、踊り台にあがらせてもらって少し躍らせてもらいました。台の上って結構天井が低いんですね。頭が圧迫されそうです。また、客席の様子はとてもよくわかりますね。誰が自分をチェックしてるんだか、あれなら一目瞭然です。

翌朝、T矢さんからの電話で目がさめます。ホテルの近くの食堂で朝食。C佳と最後の甘い甘いを堪能します。ブス好きで有名(?)な私ですが、このC佳は昼間にお天道様の下で見てもかわいい子をしていましたね!! 私にしては珍しい。
T矢さんの方はというと、昨晩、C佳と同じ店の子と凸凹した後、すぐにまた別の女の子を連れ込んでいたようです。私と変わらない年なのに相変わらずの超絶倫ぶりです。

C佳を返した後、T矢さんと通り沿いのバーに入りました。通りを眺めながら一服して、アンヘ旅行を終了。DAOからバスに乗り、マニラに向かいました。途中、C佳と甘いtxt交わしながらいつの間にか眠ってしまっていました。やはりバスは快適です。

by plastictakata | 2006-08-05 15:27 | フィリピン  

<< バンコク滞在記 一日目 I アンヘレス滞在記 I >>