上司の奥さん

昨日、打ち合わせで初対面した同僚、なんとフィリピン人でした。
へー、フィリピン人なんだ。俺、昔何回か逝ったよ。
あ、でも、私、中国系だから!!(きっぱり)」 
(彼女、かなり色は黒くて鼻は低く中国系というよりは典型的フィリピン顔ですが。笑)
そうなんだ
それに、フィリピンは親戚ももういない!! 行った事もない!!(きっぱり)」

いやあ、どうしてなんですかね。
US で会う同僚のフィリピン人って必ずフィリピンとの関わりを否定したがりますよね。

フィリピンでの殉教を夢見る寒汰氏や凹買いオサーンは
フィリピンが世界で一番よい国だと思っているのに
当のフィリピン人たちはなぜかフィリピン人と言われるのを極端に嫌がりますね~。
不思議です。笑

いっそのこと、フィリピン在住のフィリピン人と凹買いオサーンと住む国を交換したらいいんじゃないですかね。
それで双方ハッピーでしょう。笑

だってね、凹買いオサーンは、フィリピンを愛して愛して愛しきってるんですよね。
だったら、凹売り娘がいないフィリピンだって愛せるはずですよね~。笑

ちなみに、この同僚の彼女、話の内容からしてかなり純粋フィリピンです。
他のアメリカナイズされたフィリピン人同僚とは全然違う臭いがします。

で、結局、明日 Daly City (SF Bay Area における暗黒フィリピン人の聖地!!)に
一緒にフィリピン料理食べに行くことにないました。

あ、フィリピン関連ならもう一人誘おうよ。
誰?
あなたの上司(つまり私の上司)。彼の奥さん、フィリピーナだから。

えええええええ????? 
知りませんでした。
今月から私、新しい上司の下についてたんですが、
彼の奥さんがフィリピーナだったとは!

暗黒色の運命の糸をまた感じました。笑
ちなみに、私の上司は白人系のアメリカ人です。

(ここまでが昨日の話です)



先ほど、上司の奥さんを紹介されました。
(うちの会社は、みな家族を会社に頻繁に連れてきます)

上司 「Toru、紹介するよ。これがさっき話した僕の奥さん
私   「おー、イキナガガラック キタン マキララ」(手を差し出す)
上司の奥さん「..................なんかタガログに聞こえるけど... nice to meet you」 (かなりタイミングが遅れて握手)

タガログに聞こえる」って、意味は完全に理解しているくせに白々しいですね。笑

上司の奥さん「私、確かに両親がフィリピン人だけど、
私は US で産まれたし、タガログなんて一言もわからないから。

いやあ、本当にどうして、こうもフィリピン人は皆、出自をはずかしがるんでしょうね~。
凹買いオサーンが毎年何人も殉教するほどの素晴らしい国のはずなのに不思議ですね。笑

ちなみに、上司の奥さん、日本語はそこそこできそうです。
私の「サラマポ」に対して、間髪居れずに「ありがとうございます。」と、とても綺麗な発音で返してきました。
仕事で日本に半年居た(爆)こともあるそうです。
そして、とてもきれいな人でした。

ま、でも、じゃぱゆきではないと思いますがね。笑

ところで、結局、Daly City 行きは中止になりました。
理由は不明です。爆





凹売り姫(獣)たちがエロ高僧たちに粗相を働いてはおらぬかどうか加齢臭オヤヂが自主的に行っている巡回パトロール、通称自主パト[(c) 洗師匠]の記録をチェックされたい方は以下をヌリック

にほんブログ村 タイ情報

全財産を差し出した後は命まで差し出す敬虔な殉教者wたちの涙の記録を読みたい方は以下をヌリック

にほんブログ村 フィリピン情報


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-10-23 15:06 | USA  

<< ブログ引越しを検討中 パッツンクラブ 大阪オフ会 1... >>