現代タイの重要要素 ギック - [10月訪タイ記 V]

パッツンの国微笑みの国タイで
大きな徳を積み続ける高僧たち
(笑)に捧げるオマージュ、
今日は10月訪タイ記の第五回です。




このボーイ君、年齢はまだ20台後半ですが、お父さんが病気で倒れたため、
家業のアルミ工場をついでいます。
経営の手腕があるのか、時流に乗っているのか、彼が継いで以降会社は上向きで
特にここ数年で会社の規模が大きくなってきているようです。

美佳一家との関わりは、元雇用主と従業員ということだそうです。
美佳のお父さんが彼の工場で一時働いていたらしく、
それが縁で家族ぐるみの付き合いをするようになったとか。

特に美佳のお母さんが気に入られているらしく、ボーイ君が家族と喧嘩をした時には
必ず彼は美佳のお母さんの家に来て泊まって行くとか。

よくよく考えれば不思議な点もいくつかあります。
それだけ仲が良いならなぜ今は雇ってもらってないのか、とか
今は金持ちのボーイ君が美佳のお母さんの安アパートに泊まってなぜ平気なのか。
そもそも、階級社会のタイで工場主の一家と位置従業員の一家が仲良くなることがあるのか。

ま、その辺のことはあえて聞きませんが、仲が良いのは確かなようで
お母さんは自宅以上にこの家にいることが多いです。
家の中でもまるで家族のようにふるまっています。

で、このボーイ君、遊び相手の女の子はたくさんいるようで、毎日違った女の子を家に連れてくるそうです。
たくさんの ギック กิ๊ก がいるだけでなく、彼女もちゃんといるそうですが
ボーイ君は誰とも結婚するつもりはさらさらないそうです。

ここで、タイの現代タイの重要ファクター、ギックについて解説しましょう!

ここ10年ほどのタイでは、彼女/彼氏が居ても他の女の子/男の子と
凸凹することが許されるギック(日本語で言うとセフレが適切か)という
素晴らしい制度があるのです!!

あなた、あの女と凸凹したわね!!
 浮気するなんて許せない!凸カットしてやる!!フーーー!!(激怒)
凸凹したけど浮気じゃないよ、あれはギックだから。
なんだ、そうだったの。じゃあ安心した。アイラビュー。

冗談のようですが、これ本当です。
(※ ただし、結婚したらさすがにギックを持つことは許されないそうです)
若者の間ではギックは一般的になってきているようです。

本来は保守的な考え方が主流のタイでは、この新しい文化を嘆く人も多いそうです。

ましてや、モラルと節度の高い我々日本人、
特に、結婚するまで絶対にバージンを守るという純潔なフィリピン文化(笑)に
慣れ親しんだ我々には、全く理解できないですね!! (怒)

ともかく、ボーイ君は当面結婚するつもりはさらさらないのですが、
それは彼女の家がボーイ君の家よりさらに金持ちで、
家族同士の折り合いが悪いと言うこともあるそうですが、それ以上に
ケコーンしたら遊べないじゃん!!」という理由が大きいようです。

さすが金持ち。すぐにケコーンしたがる暗黒階級と違って現実が分かってますね。
毎日楽しく遊べているようでうらやましいです。

この日、ボーイ君が連れていた女の子は超ミニスカートの
セクシーな女の子。
美佳が言います。
どうせ、カラオケの女よ。あんな下品なの。

凹売りやってた美佳が言うのはどうかと思いますが、
こういう風にボーイ君が連れてくる女の子は片っ端から
家族や、出入りしている人たちに辛口評価されているようです。
金持ちの彼女になるのも大変そうです。

家の経済レベルが釣り合ってないと文句を言われるし、釣り合っていても
新興(つまり成金)だと、それはそれで嫌がられるようです。
ボーイ君が本命彼女の家に受けがよくないのも、どうやら新興の金持ちだからのようです。

ところでこの美佳の発言にもありましたが、タイ人の小金持ちも凹を探すときはカラオケで遊びます。
(おじいさんになるとお風呂が好きなようですが)
美佳の高校の同級生も凹売りやっている子が多いですが、
たいがいは外人相手の店ではなく、タイ人相手のカラオケで働いているようです。

そうこうしているうちに、美佳のお父さんもやってきました。
私よりはるかに年下のお父さん、相変わらず若いです。
傍から見ると、彼が私の義理の息子に見えるでしょうね。笑

両親に尼羅を預けて私と美佳はでかけます。
タクシーで再びバンコク市街まで。
このタクシーの運転手、タイ語が変だと思ったら台湾人でした。

なぜか私を中国人だと思ったらしく、私には中国語で話しかけてきます。
運転席に置いてあった中国語の聖書(耶蘇教と書いてありました)まで見せられました。
相変わらず日本人に思われない私ですorz

タクシーがひたすら走ること2時間弱、やっと目的地の Asok に着きました。
同じバンコク市内とは思えないくらい、トンブリ地区(ファントン)のその端は遠いです。
東京で言えば青梅みたいなもんですかね~。バンコクの西の果てです。

簡単なバンコク凹買い地図を Google マイマップで作ったんで、ご興味のある人は
下の地図をクリックしてみてください。



これを見ると、この西の果ては、我々の活動の中心地、スクムビットアソークあたりから見ると
スワンナプーム空港並みに離れているのがわかりますね。

しかも西側は高速道路もBTSもほとんどないので移動に時間がかかりまくりです。

Asok にはお世話になっているOさんの事務所があります。
このOさん、非凸凹系のまじめな関係の知り合いなんですが、
今回話してびっくりしたことがあります。

あのまじめそうなOさんも、私のこのブログを知っていました。
まさか私が書いているとは思っていなかったそうですが。

こういうまじめ系の人にこのブログを読まれていると知るとかなり恥ずかしいです。
赤面してしまいました。

タイ在住でこのブログを読んでくださっている皆さん、
私高田は実物は皆さんの想像以上に加齢臭漂うオサーンなので
直に会う機会があっても失望しないでくださいね! 笑

Asok を後にして向かった先はパンティップ。
タクシーに乗って移動します。
ちょうど5時をすぎたころで、Asok 通りには
パッツンに似た服を着た女の子であふれかえっています。
シャツはパッツンですが、スカートの色がグレーの彼女たちはOLのようですね。
パッツンにかなり似てますが、ベルトがチェーンベルトなど派手なものだったり
パッツン以上にブランド物を身に着けています。
今まで気づかなかったんですが、最近このOLの制服、増えているんでしょうか。

Asok とペッブリの交差点は相変わらずの大渋滞で、このOL観察をしたい私には好都合だったんですが、
途中で美佳がぶちきれたので(笑)、タクシーを降りて歩くことになりました。
しかし今回のバンコクは暑くないので歩いても不快じゃないですね。

パンティップでは、PCの部品、SDカードやオーディオパーツ、おもちゃなどを買い込みました。
USBのカードリーダが数十バーツで売ってて、激安!と思ったのですが
後でホテルで使ってみると、なんとUSB1.1(!)でしたorz
そういう裏がありましたか。ま、USB1.1でも、旅先で使う分には十分ありがたいんですが。

ソフトは、驚きと言うか当たり前と言うか Windows 7 が売ってました。
当然私は買ってないですけどね。笑

また、オーディオパーツが意外と充実しているのもパンティップのいいところですね。
やたらスピーカーのクオリティに拘る美佳のおかげで
配線がややこしくなっている我が家用のケーブルもすぐに見つかりました。

ちなみに、美佳と離れて一人で買い物をしていたら、今度は店員にシンガポール人に間違われました。
今回の訪タイではとことん中華系に間違われるようです。

美佳はiPhone のSIMロック解除をしたかったようですが、それはMBKの方がいいということで
今度はMBKに向かいます。
BTS ラチャテーウィーの駅の周辺は
パッツンがそこら中に居て、私の凸もご機嫌です。笑






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-10-14 10:49 | タイ  

<< 顔写真入り組織図 (Org C... 善行の行方 >>