お手伝いさん

美佳の負担を減らすために、お手伝いさんを考えているのですが、
昨日、試しとしてスポット的に一度きてもらいました。

英会話能力必須ということで候補者選定に少し苦労しましたが、
結局来てくれたのは、都内某所に住む、ごく普通の主婦の方。
年齢は、話を聞く限り私と同じくらいで50歳前後ですが、見た目は40歳台半ばくらいでした。
意外と上品な人でびっくりしました。

タイのメバーンやフィリピンのヤヤとは大分様子が違いますね。
おうちは、都内のアッパーミドルがよく住む地区です。
かつて私もそのあたりに住もうとしたことがありますが、高すぎて住めませんでした。自爆

聞けば、息子さんも成人して手がかからなくなったので、
暇つぶしのために仕事をしているのだそうで、
私より、このお手伝いさんの家の方がお金持ちのようです。爆
こんな現象、日本独特でしょうね。笑

3時間という限られた時間ですが、買い物、料理、洗濯をてきぱきやってくれました。

料理の腕自体は美佳や母親の方がはるかにうまいですが、
(ま、料理にかける時間もエネルギーも全然違いますしね)
ごく普通の和食を作ってもらえるところがありがたいですかね。
美佳も和食を覚えたがっていたので、参考になりました。

やっぱりタイ料理とは味付けが随分違いますね。
和食は塩とお酢の使う量が半端でなく多いのが分かりました。
タイ料理は変わりに香辛料、ソースを使うんですけどね。

掃除の方も、てきぱきやってもらいましたが、
まあ、丁寧さはあまりないですね。
時間も限られてますし。
美佳の掃除の方がよっぽど丁寧です。

ただ、料理もそうですが、美佳が休めるということはいいですね。
育児の経験も豊富ですし、いろいろと日本の普通の家庭の事情が聞けるのもプラスです。
今後、定期的に頼むかどうかはまだ分かりませんが、
お金を払えばこういうサービスが受けられるとわかっただけでもよかったです。

ところで、今回来ていただいたお手伝いさん、英語が話せるんですが、
どうして話せるのか聞いてみたところ、なんと....

友達が魔尼羅(マニラ)に居て、時々遊びに行っているからだそうです。爆
(もしかして、お手伝いさんをやって稼いだお金で凸を買ってるんでしょうか? 笑)

それを聞いて案の定、美佳はぶち切れまくっていました。あははは。

ちなみに、その直後に美佳と買い物に行ったんですが、
近所に住むフィリピン人男性とばったり会いました。
(昔のエントリ でも少し触れた人です。非凸売り系のフィリピン人男性で
 日本人の奥さんと一緒に近所に暮らしています。)
彼と挨拶してたら、さらに美佳は怒り狂ってました。あははは。

やっぱり、私も美佳も、暗黒帝国、フィリピンとの縁は切ってもきれないみたいですね~。

ちなみに、今回のお手伝いさんは業者経由で頼みました。
値段は3時間で1万1千円。
金額はいいんですが、時間が短いのが痛いですね。
美佳が家事から解放されるのが、たかだか3時間ですから。
そこで、他もいろいろ試そうと思っています。

今日面接したのは、近所に住む日本人の女の子23歳

この子は、見た目も言葉使いも上品で、お嬢さんぽい娘さんです。
そんな子に家事をさせるのは申し訳ないんですが、
(出自を考えれば、普通なら美佳が家事をする側で、そのお嬢さんが使用する側ですね)
ものは試しということで、来週一度やってもらうことにしました。

結果はまたブログでレポートしたいと思います。
請うご期待!! 笑

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2009-01-12 21:38 | 日本  

<< 家出少女 東南アジアの子供 >>