タニヤ嬢の意外な実力 - 10月訪タイ記 XVIII

ワインバーに着いた後は、前回と同じようにワインをセレクトします。
ワインを席まで運んで来る順番を指定してから、自分たちの席へと移動します。
今回も奥側の窓際の席で、夜景がじっくり堪能できそうです。

店の中央を堂々と破廉恥な四人組が歩いていきます。
カラオケ店で着ていたまんまのエロ系ワンピースを着たN美とS子の姿は、
ちょっと目立ちますが、まあ、こういう大人のお店では意外とあっているかもしれません。

このワインバーには、肩を出したドレスを着たファラン女性もいますからね。
N美とS子は二人とも、お店の雰囲気に驚いていますが、
前回の3人娘のようにあわてふためいた感じはないです。
年齢が少し上のせいですかね。
まあ、こういう反応も楽しいですね。

彼女らが席に座る際、椅子をひいてあげます。
凹売りへの最大の嫌がらせ敬意ですね。笑

さて、席に座ってようやく落ち着いてN美と話をはじめたのですが、
ここで、びっくりしました。

彼女の英語、ものすごくきれいなのです。
暗黒凹売り英語とは全く違います。
なんだか、同じ会社のシンガポール・オフィスにでもいる同僚と話している気分になります。

そう、N美はビジネスレベルの英語を話すんですよ。
もうこれは楽しいですね。
意思疎通が完全にとれるって、ものすごく快適です。
重力から一気に開放されたような、そんな爽快感があります。

冗談も、凹売り定番の下品で分かりやすいものだけでなく、
複雑で知的な冗談でも、そのまんま通じます。
非常にテンポよく話せます。
これは、うれしいですね。

お店も素敵なお店だし、なんだか本当に同僚の女の子と、仕事あがりに遊びに来た気分です。
もう、ものすごい快適
それだけで気持ちがすごい楽になります。
いやあ、言葉が通じるっていいですよ~。

これまで他の凹売りと、それなりにコミュニケーションをとってきたつもりですが、
彼女らのつたない英語や、私の貧弱なタイ語でコミュニケーションするのは、
相当ストレスがあったんだと、この時になってよく実感できました。

しかし、彼女には、もっともっと驚くべきことがあったのです。

b0098969_0525643.jpg


ねえ、本当のこと言って。あなたたち、何人なの?
んー、俺たちフィリピン人。
嘘ばっかり。フィリピン人に見えない。
じゃあ、中国人だよ。先週は北京に居たし、その前は上海に居た。
(これは本当です。笑)
また嘘ばっかり。
いやいや、今度は本当だよ。あはは。

本当に中国人なの?
本当に本当。あはは。

ここでN美の表情が妙にまじめになりました。
そして彼女は突然言いました。

如此,您能讲中文?

ものすごいきれいな中国語の発音でした。
ほとんど完璧です。
これにはびっくりしました。
中国語が話せるガオさんも呆気にとられています。

実は、このN美、昼間はOLで、シンガポール系の会社で働いているらしく
その関係で英語だけでなく中国語もビジネスレベルで話せるそうです。

いやあ、凹売り娘に語学力で驚かされるとは思いもよりませんでした。
それも、片言どころではなく、これだけのレベルを見せ付けらるとは、たまげました。

もう完敗です。
いやあ、埃だらけのうらぶれたカラオケ店にこんなに面白い子が居たとは意外でした。

君の語学力に完敗乾杯です。笑

ところで、このN美、自称23歳ですが、年齢の割りの落ち着きといい、
何か感じるものがありました。
そこで、ほとんどあてずっぽうですが、『お前、瓜坊だろう。』と
決め付けるように言ってみました。
すると、N美はものすごいびっくりした顔をしました。
え??? どうして分かるの?
と言います。

まあ、適当に言っただけなんですが、ずばり当たったようです。
そして、N美は、自分からぺらぺらと話はじめました。
実は、妊娠7ヶ月まで行ってそこで、彼氏にお腹を蹴られて流産した
どこまで本当の話かわかりませんが、えぐい話ですね。

しかし、瓜坊をあてられたのが、よほどびっくりしたのか、
N美は、「どうして?」「どうして分かったの?」と何度も何度も聞いてきました。

今思うと、ピー(お化け、つまり水子)を怖がってたのかもしれません。 

ともかく、俄然このN美に興味がわいてきました。
顔も、やっぱり最初の印象どおり、きれいな顔立ちをしています。

色白で、茶髪、髪型も適度なカールが入っていてお洒落ですし、
日本でも普通に受付のお姉ちゃんでいそうな感じです。
ゴーゴーの暗黒娘とは歴然とした差があります。
これがカラオケ嬢というものなんですかね。

それになにより、言葉が完全に通じるのは本当に楽しいです。
コミュニケーションのストレスがないので、どんどん話が弾みます。

N美の出身地ですが、私が偶然行ったことがあって、地名も知っているだけに
これまた盛り上がります。

本当にいろんな話をして、最後は構造人類学の話にまで飛びましたが、
N美は、ちゃんと理解してましたね。
本当にびっくりです。
まあ、まがりなりにも大学を卒業しただけのことはあるってことでしょうか。

ガオさんもこのN美にはびっくりしたらしく、彼の会社に引き抜きたいとまで言っていました。笑

さて、3本目のワインがあいたところで、帰ることにします。
私は当初の予定から大幅に変更。
このN美を本当に持ち帰ることにしました。

いやあ、こんな面白い娘の凹がどうなっているか
確かめないと気が済みませんからね。笑

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2008-12-26 22:48 | タイ  

<< 5分毎に自動終了(笑) - 1... 掃き溜めに鶴 - 10月訪タイ... >>