掃き溜めに鶴 - 10月訪タイ記 XVII

私とガオさんが、別のカラオケに行こうとタニヤの路上を歩いている時、それがおこりました。
道端で屯していた、カラオケ嬢軍団の一つが、ガオさんの姿を見て近寄ってきました。
そして数人が何やらガオさんに食って掛かりはじめたのです。

一人の女がすごい形相をして叫びます。
アナタ、モウ愛してナイカ!!??」(日本語)

ガオさんの昔の女かなと思い
「知り合いですか?」と聞きました。
すると、「全然知らない」(爆)とのこと。

ふと見ると、軍団の後ろの方で一人の娘が泣いていました。
そのカラオケ嬢を、昔ガオさんがポイ捨てしたようです。
怒っているのはその友達というところでしょうか。
いやあ、ガオさんもそこら中でトラブルを作ってるみたいですね。

この女、引き続きガオさんに大声で叫んでいます。

いやあ、さすがタニヤ嬢。怒っているいる時も日本語なんですね。
しかし、この変なお水系日本語
日本に大量に棲息するオバピーナを連想させるので何だか怖いです。あはは。

最初は笑いながら、この状況を見ていたのですが、
よく見ると、先頭に立っている女は、完全に目が座ってます。

本当に怖いです。
とりあえず、この軍団から逃れるため、目の前にあったビルに避難しました。

カラオケ嬢軍団は、エレベーター前まで追いかけてきてぐだぐだ言っていましたが、
さすがにエレベーターには乗り込んではきませんでした。

さて、どこの店に入るか考えますが、
ガオさんが言うには最上階から攻めるのがいいそうです。

とりあえず一番上の店から女の子を順繰りに見ていきます。
席に座るつもりもないので、各店の女の子を見るだけです。
これだと早く済むし、金もかからないからいいですね。

ガオさんは、女の子を選ぶ気は、さらさらないので、私一人が各店の中に入ってチェックします。
一軒あたり平均時間、3分。
軽く質問して、一人二人いじって、目に付く子がいないとすぐに店を出ます。
手っ取り早くやります。

2フロアくらい見たところで、ガオさんが言いました。
これ以上、下に行っても意味ないぞ。
どうやら、タニヤのカラオケは、上の階ほどグレードが高いようですね。

確かに、3フロア目くらいになると、店も汚くなってきました。
棚にほこりがたまっていて、女の子もおばさんや太ったのばかりになってきました。

これは、だめだ、と上のフロアに戻ろうとした時、
一人、妙にきれいな顔をした女の子が目に付きました。
こんな、埃のたまる汚らしい店にふさわしくありません。
なんだか、掃き溜めに鶴をみた気分です。

ちょっと気になったので、とりあえず立ち止まって、
他の女の子も見てみることにします。
他の娘はたいしたことはなかったですが、
やっぱり先ほどのきれいな顔の子はなんだか気になります。

このきれいな顔の娘、イサーン某県(美佳の出身県の隣で、私も行った事がある県!!)の出身で、英語も話せるとのことでした。
とりあえず、その美形イサーン娘と、もう一人、色白でスレンダーな娘を指名しました。
その妙にきれいな娘は、こういう感じです。
(この写真は、タイのアイドルだそうです。
 あくまでこういう感じということで。笑)

b0098969_0243646.jpg


一応席に座りましたが、時間がもったいないので、名前も聞かずにそのままお餅にします。
さあ、行こう、というと、彼女たち、着替えにも行かず、そのまま一緒にエレベーターに乗ってこようとします。
違う違う。お見送りじゃなくて、お持ち帰りだよ。
というと、
服はこれだけ。このまま通勤してきたから。かばんも持ってない。
と言っています。

どうやら、この二人、同じアパートに住んでいて財布は一人だけが持ち、
お水服を着たまま一緒にタクシーで出勤しているようでした。

うーん、着替えないってのは、面白いですね。
まあ、上から3階目くらいの安っぽい店ならこんなもんなんでしょうか。

外に出ると先ほどのカラオケ嬢軍団は見当たりませんでした。
急いで車に乗り込み、ワインバーへと向かいました。

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2008-12-25 21:39 | タイ  

<< タニヤ嬢の意外な実力 - 10... 去年と今年のクリスマス >>