胸キュン、凸キュン、心臓ドキュン (笑) - 10月訪タイ記 X


携帯に、美佳から山のように着信が入っているのに気がつきました。
会場の外に出て美佳に電話します。

電話に出た美佳は相当に怒ってます。
私がFホテルでなく、実は、Lホテルに居るのがばれましたから当然ですね。
しかも、信じられないことに、Lホテルの従業員は、私が前夜、前前夜、どんな女を連れて帰ってきたとか、
ぜーんぶ、話してしまったようです。

こういうあたりは、日本と全然違うんですよね。
他の人からも聞いたことがありますが、
タイの場合高級ホテルでも、客のプライバシー情報を平気で他の人に漏らします。

美佳は今すぐタイに来ると言ってききません。
この時、尼羅は目に病気ができてしまってたんですが、それももう放置すると言っています。

私が帰国するまで、病院にも絶対に連れて行かないし治療もしないし、ミルクもやらないと言っています。
育児放棄です。
出ました!! 暗黒人が得意の子供人質作戦。笑

子供の病気より、旦那の浮気の方が重要事項だと考えるのは、
暗黒のスタンダードなんでしょうね。
この時、家に遊びに来ていたヤムさん(超お嬢系タイ人)も、これには呆れています。

二日前には、帰りのバス代も持たずに成田まで来た美佳です。
成田まで来れるなら、タイにも来る可能性は高いです。。
(というか、本当に来ようとしてました。)
私は一応説明します。
美佳は出国できても、尼羅はまだ、パスポートがないから出国すらできないよ、と言っても聞きません。
そんなの私は気にしない!!

美佳が気にしなくても、出国できないものは出来ないんですが..笑
まあ、こういう状況になると、法律どころか、科学法則も通じないから仕方ないですね。

また、美佳の場合、成田に尼羅を置き去りにして、単身タイに来ることもやりかねません。
それを考えると無視できません。

美佳との電話を切った後、ガオさんと電話で作戦会議をします。

ガオさんが言います。

最大の問題は、美佳ちゃんは黒いグループの人間だという点だよ。
黒いグループの人間を送り込んで心臓ドキュン(->即死)もやりかねないよ。

そんな話を聞くと私の凸が縮み上がります。
胸キュンならぬ、凸キュンです。笑

確かに、電話の中で、美佳は誰かを私のホテルに送り込むと言っていました。
とりあえず、ホテルは代わった方がよさそうです。笑

ガオさんと一通りの対策を考えてから、私はイベントに戻りました。

イベントの中で面白かったのは質問タイムです。
中国や、シンガポールでは、セミナーの質問タイムの時、結構手があがり、質問が出ます。

ところが、タイは日本と同じで、ほとんど手があがりません。
(私の印象では、フィリピンは、この中間くらいです。)
でも、セミナーが終わった後、山のように質問者がやってきます。
これも日本と同じです。

参加者の恥じらが強いと言う意味では、日本と近いのかもしれません。

質問が一息ついた後、そのまま会場で、同僚たちと話をします。

美佳のことを聞かれたので、正直に答えます。
タイに今から来ると言っている。私が浮気してると疑っている。(ま、本当にしてるんですが。笑)」
それを聞いて、Jack が言います。
Crazy!! 本当かよ。Hey Pu, こういうのってタイ人の女性によくあるのか?
すると、Pu は、渋そうな顔をして言いました。
絶対に違う。私なら絶対にそんなことしない。

まあ、同じタイ人と言っても、暗黒階級同然の出自で凹売りの美佳と
US の大学まで出ているお嬢系中華系タイ人の Pu では、
育ちどころか、生きてきた文化も常識も全く違うでしょうからね~。苦笑

イベントが終わり、同僚たちと来るまでFホテルに向かいます。
この時、Pu の5人乗りのセダンに9人で乗りました。
車内はすごいことになってます。笑

でも、このままで走るところがタイらしいのかな。
なんか大学生気分に戻ったみたいで楽しいです。
運転している Pu も、Jack も Pauline も私も笑い転げます。

ホテルで荷物を置いた後、さあ打ち上げ会場に向かおうとした時です。
ここで同行の協賛企業のフランス人たちが妙なことを言い出しました。

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ人気ブログランキング

by plastictakata | 2008-12-13 20:52 | タイ  

<< パッツン・クラブ オフ会 @名... パッツン・スカートの素敵な使い方 >>